CD 輸入盤

イーヴ・ナット〜ザ・フレンチ・ピアノ・レジェンド(15CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
600113
組み枚数
:
15
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ザ・フレンチ・ピアノ・レジェンド(15CD)
イーヴ・ナット(1929−1956録音)


ドイツのレーベル、メンブランから、シューマンとベートーヴェンの演奏で名を馳せたフランスの名ピアニスト、イーヴ・ナットの15枚組ボックスが登場。
 音源は1929年から1956年にかけてEMIが録音したもので、ほとんどがモノラル後期ということで聴きやすいクオリティとなっています。ナットのたぐい稀な芸術が丸ごと味わえるよう、ナット作曲によるピアノ協奏曲やピアノ曲、インタビューまで収録されています。

【イヴ・ナット】
1890年12月29日、南フランスのベジエに生まれ、1956年8月31日にパリで没したピアニスト。幼い頃から楽才をあらわしたナットは10歳のときに、自作の『オーケストラのためのファンタジー』を指揮、それを聴いたサン=サーンスとフォーレがパリ音楽院で勉強することを薦め、同音楽院に学んで1907年には首席で卒業、その後、コルトーやカサドシュ、シャンピ、レヴィといった名ピアニストの師としても知られるルイ・ディエメールに師事してさらにピアノの研鑽を積みます。
 1909年にはドビュッシーに連れられてのイギリス楽旅を皮切りに、南北アメリカを含む国際的な活躍を開始するナットですが、最初はソロだけでなく室内楽の世界にも熱中し、ジャック・ティボーやジョルジュ・エネスコ、ウジェーヌ・イザイといった巨匠たちと各地で共演を繰り広げます。
 1934年からはパリ音楽院教授に就任、教育と作曲活動に注力するため、演奏家としての活動をほとんどおこなわなくなりますが、1952年頃にはコンサート・ピアニストとして本格的に復帰、演奏会や録音活動に精力を注ぎ、亡くなるまでの数年間に数々の傑作を残しています。
 作曲家としてのナットは、ピアノ協奏曲やピアノ曲、室内楽、オラトリオ、歌曲などを書いており、中でも1954年に書かれたピアノ協奏曲は高い評価を得ていたようです。
 ピアニストとしては、明晰なタッチと透徹した造形美を誇る名演として世界的に評価の高いベートーヴェン全集や、シューマン作品集が有名ですが、ブラームスやショパンでもそうした持ち味は良く生かされています。(HMV)

【収録情報】


Disc1
シューマン
1.トッカータハ長調op. 7
Paris, Salle Adyar, XII.1952

幻想小曲集(全8曲)op. 12
2. I. Des Abends: Sehr innig zu spielen
3. II. Aufschwung: Sehr rasch
4. III. Warum?: Langsam
5. IV. Grillen: Mit Humor
6. V. In der Nacht: Mit Leidenschaft
7. VI. Fabel: Langsam
8. VII. Traumes Wirren: Äußerst lebhaft
9. VIII. Ende vom Lied: Mit gutem Humor
Paris, Salle Adyar, X.1955

8つのノヴェレッテop.21
10. No. 1 in F major: Markiert und kräftig
11. No. 2 in D major: Äußerst rasch und mit Bravour
12. No. 3 in D major: Leicht und mit Humor
13. No. 4 in D major: Ballmäßig. Sehr munter
14. No. 5 in D major: Rauschend und festlich
15. No. 6 in A major: Sehr lebhaft
16. No. 7 in E major: Äußerst rasch
17. No. 8 in F sharp minor: Sehr lebhaft
Paris, Théâtre Apollo, before 22.XII.1950

Disc2
シューマン
幻想曲ハ長調op. 17
1. I. Durchaus phantastisch und leidenschaftlich vorzutragen
2. II. Mäßig. Durchaus energisch
3. III. Langsam getragen. Durchweg leise zu halten
Paris, Salle Adyar. before6.VI.1952

4.フモレスケ変ロ長調op. 20
Paris, Salle Adyar, X. or XI.1955

交響的練習曲op. 13
5. Tema
6. Variation 1
7. Variation II
8. Variation III
9. Variation IV
10. Variation V
11. Variation VI
12. Variation VII
13. Variation VIII
14. Variation IX
15. Variation X
16. Variation XI
17. Finale: Variation XII
Paris, Salle Adyar, 28.I.1953

Disc3
シューマン
1. 蝶々op.2
Paris, Salle Adyar, 22.IX.1954

2. アラベスク ハ長調op.18
Paris, Salle Adyar, XII.1952

子供の情景(全13曲)op.15
3. I. Von fremden Ländern und Menschen (Foreign Lands and People)
4. II. Kuriose Geschichte (Curious Story)
5. III. Hasche-Mann (Blind-man’s-buff)
6. IV. Bittendes Kind (Entreating Child)
7. V. Glückes genug (Perfect Happiness)
8. VI. Wichtige Begebenheit (An Important Event)
9. VII. Träumerei (Dreaming)
10. VIII. Am Kamin (By the Fireside)
11. IX. Ritter vom Steckenpferd (Knight of the Hobby Horse)
12. X. Fast zu ernst (Almost Too Serious)
13. XI. Fürchtenmachen (The Bogy)
14. XII. Kind im Einschlummern (Child Falling Asleep)
15. XIII. Der Dichter spricht (The Poet Speaks)
Paris, Solle Adyar, XII.1952

ウィーンの謝肉祭の道化 op. 26
16. I. Allegro: Sehr lebhaft
17. II. Romanze
18. III. Scherzino
19. IV. Intermezzo 2.09
20. V. Finale: Höchst lebhaft
Paris, Studio Albert, 10.VI.1938

幻想小曲集op. 12より3曲
21. I. Des Abends: Sehr innig zu spielen
22. II. Aufschwung: Sehr rasch
23. III. Warum?: Langsam
Paris, Studio Albert, 12.III.1937

子供の情景(全13曲)op.15
24. I. Von fremden Ländern und Menschen (Foreign Lands and People)
25. II. Kuriose Geschichte (Curious Story)
26. III. Hasche-Mann (Blind-man’s-buff)
27. IV. Bittendes Kind (Entreating Child)
28. V. Glückes genug (Perfect Happiness)
29. VI. Wichtige Begebenheit (An Important Event)
30. VII. Träumerei (Dreaming)
31. VIII. Am Kamin (By the Fireside)
32. IX. Ritter vom Steckenpferd (Knight of the Hobby Horse)
33. X. Fast zu ernst (Almost Too Serious)
34. XI. Fürchtenmachen (The Bogy)
35. XII. Kind im Einschlummern (Child Falling Asleep)
36. XIII. Der Dichter spricht (The Poet Speaks)
Paris, Studio Albert, 14.V & 17.X.1930

Disc4
シューマン
ピアノ協奏曲イ短調op. 54
1. I. Allegro affetuoso. Andante espressivo
2. II. Intermezzo: Andante grazioso
3. III. Allegro vivace
Paris, Studio Albert, 25-26.IV. 1933

クライスレリアーナop. 16
4. I. Äußerst bewegt
5. II. Sehr innig und nicht zu rasch
6. Intermezzo I: Sehr lebhaft. Erstes Tempo
7. Intermezzo II: Etwas bewegter. Langsamer – Erstes Tempo. Adagio – Erstes Tempo
8 III. Sehr aufgeregt - Etwas langsamer – Erstes Tempo
9. IV. Sehr langsam. Bewegter – Erstes Tempo
10. V. Sehr lebhaft
11.VI. Sehr langsam
12. VII. Sehr lebhaft
13. VIII. Schnell und spielend
Paris, Salle Adyar, before XI. 1951

3つのロマンスop. 28
14. No. 1 in B flat major: Sehr markiert
15. No. 2 in F sharp minor: Einfach
16. No. 3 in B major: Sehr markiert
Paris, Salle Adyar, XII.1952

1-3 交響楽団, ウジェーヌ・ビゴ(指揮)

Disc5
ブラームス
1.間奏曲変ロ長調 op. 117, No. 2
Paris. Studio Albert, 10.VI.1938

ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ変ロ長調op. 24
2. Aria
3. Variation I: Più vivo
4. Variation II
5. Variation III
6. Variation IV
7. Variation V
8. Variation VI
9. Variation VII
10. Variation VIII
11. Variation IX
12. Variation X: Allegro
13. Variation XI: Moderato
14. Variation XII: L'istesso tempo
15. Variation XIII: Largamente, ma non troppo
16. Variation XIV
17. Variation XV
18. Variation XVI
19. Variation XVII
20. Variation XVIII
21. Variation XIX
22. Variation XX: Andante
23. Variation XXI: Vivace
24. Variation XXII: Alla Musette
25. Variation XXIII: Vivace
26. Variation XXIV
27. Variation XXV
28. Fuga: Moderato
Paris, Salle Adyar, X. or XI.1955

3つの間奏曲 op. 117
29. No. 1 in E flat major: Andante moderato
30. No. 2 in B flat major: Andante non troppo e con molto espressione
31. No. 3 in C sharp minor: Andante con moto
Paris, Salle Adyar, 5.XII.1955

2つのラプソディ op. 79
32. No. 1 in B minor: Agitato
33. No. 2 in G minor: Molto passionate, ma non troppo allegro
Paris, Salle Adyar, 1956

フランク
34.交響的変奏曲嬰へ短調
Paris, Studio Albert, 17.IV.1942

34 Orchestre des Concerts Pierné, Gaston Poulet

Disc6
シューベルト
楽興の時D 780
1. No. 1 in C major: Moderato
2. No. 2 in A flat major : Andantino
3. No. 3 in F major: Allegro moderato
4. No. 4 in C sharp minor: Moderato
5. No. 5 in F minor: Allegro vivace
6. No. 6 in A flat major: Allegretto
Paris, Théâtre Apollo, before 6.V. 1952

ショパン
ピアノ・ソナタ第2番変ロ短調op. 35『葬送』
7. I. Grave. Doppio movimento
8. II. Scherzo
9. III. Marche funèbre
10. IV. Finale: Presto

11.幻想曲へ短調 op. 49
12.舟歌嬰へ長調 op.60

Paris. Salle Adyar, 6.III.1953

13. ワルツ第14番ホ短調(遺作), BI 56
Paris, 1930

リスト
14. ハンガリア狂詩曲第2番嬰ハ短調S. 244, 2

ストラヴィンスキー
15. 「ペトルーシュカ」〜ロシアの踊り

Paris, Studio Albert, 12.11.1929

Disc7
ベートーヴェン
1.創作主題による32の変奏曲ハ短調WoO 80
Paris, Salle Adyar, 11.1955

ピアノ・ソナタ第1番
2. I. Allegro
3. II. Adagio
4. III. Menuetto: Allegretto
5. IV. Prestissimo
Paris, Salle Adyar, before 20.IX.1955

ピアノ・ソナタ第2番
6. I. Allegro vivace
7. II. Largo appassionato
8. III. Scherzo: Allegretto
9. IV. Rondo: Grazioso
Paris, Salle Adyar, before 20.IX.1955

ピアノ・ソナタ第3番
10. I. Allegro con brio
11. II. Adagio
12. III. Scherzo: Allegro
13. IV. Allegro assai
Paris, Salle Adyar, 01.IX.1955

Disc8
ベートーヴェン
ピアノ・ソナタ第4番
1. I. Allegro molto con brio
2. II. Largo con grande espressione
3. III. Allegro
4. IV. Rondo
Paris, Salle Adyar, before 20.IX.1955

ピアノ・ソナタ第5番
5. I. Allegro molto e con brio
6. II. Adagio molto
7. III. Finale: Prestissimo
Paris, Salle Adyar, 09.II.1955

ピアノ・ソナタ第6番
8. I. Allegro
9. II. Allegretto
10. III. Presto
Paris, Salle Adyar, 09.II.1955

ピアノ・ソナタ第7番
11. I. Presto
12. II. Largo e mesto
13. III. Minuetto: Allegro
14. IV. Rondo: Allegretto
Paris, Salle Adyar, 23.II.1955

Disc9
ベートーヴェン
ピアノ・ソナタ第8番『悲愴』
1. I. Grave. Allegro molto e con brio
2. II. Adagio cantabile
3. III. Rondo: Allegro
Paris, Salle Adyar, 1951

ピアノ・ソナタ第9番
4. I. Allegro
5. II. Allegretto
6. III. Rondo: Allegro comodo
Paris, Salle Adyar, VI. 1953

ピアノ・ソナタ第10番
7. I. Allegro
8. II. Andante
9. III. Scherzo: Allegro assai
Paris, Salle Adyar, VI.1953

ピアノ・ソナタ第11番
10. I. Allegro con brio
11. II. Adagio con molto espressione
12. III. Menuetto
13. IV. Rondo: Allegretto
Paris, Salle Adyar, before 20.IX.1955

Disc10
ベートーヴェン
ピアノ・ソナタ第12番
1. I. Andante con variazioni
2. II. Scherzo: Molto allegro
3. III. Marcia funèbre sulla morte d‘un Eroe
4. IV. Allegro
Paris, Salle Adyar, before 20.IX.1955

ピアノ・ソナタ第13番
5. I. Andante. Allegro. Tempo I
6. II. Allegro molto e vivace
7. III. Adagio con espressione
8. IV. Allegro vivace. Presto
Paris, Salle Adyar, before 20.IX.1955

ピアノ・ソナタ第14番『月光』
9. I. Adagio sostenuto
10. II. Allegretto
11. III. Presto agitato
Paris, Salle Adyar, 24.VI.1955

ピアノ・ソナタ第15番『田園』
12. I. Allegro
13. II. Andante
14. III. Scherzo: Allegro vivace
15. IV. Rondo: Allegro ma non troppo
Paris, Salle Adyar, before 20.IX.1955

Disc11
ベートーヴェン
ピアノ・ソナタ第16番
1. I. Allegro vivace
2. II. Adagio grazioso
3. III. Rondo: Allegretto
Paris, Salle Adyar, 17.XI.1955

ピアノ・ソナタ第17番『テンペスト』
4. I. Largo. Allegro
5. II. Adagio
6. III. Allegretto
Paris, Salle Adyar, before 21.IX.1954

ピアノ・ソナタ第18番
7. I. Allegro
8. II. Scherzo
9. III. Menuetto
10. IV. Presto con fuoco
Paris, Salle Adyar, before X.1955

ピアノ・ソナタ第19番
11. I. Andante
12. II. Rondo : Allegro
Paris, Salle Adyar, before 21.IX.1954

Disc12
ベートーヴェン
ピアノ・ソナタ第20番
1. I. Allegro ma non troppo
2. II. Tempo di minuetto
Paris, Salle Adyar, before21.IX.1954

ピアノ・ソナタ第21番『ワルトシュタイン』
3. I. Allegro con brio
4. II. Introduzione : Adagio molto
5. III. Rondo: Allegro moderato
Paris, Salle Adyar, 4.V.1954

ピアノ・ソナタ第22番
6. I. In tempo d‘un menuetto
7. II. Allegretto
Paris, Salle Adyar, 18.XI.1954

ピアノ・ソナタ第23番『熱情』
8. I. Allegro assai
9. II. Andante con moto
10. III. Allegro ma non troppo. Presto
Paris, Salle Adyar, 22.IX.1954

ピアノ・ソナタ第24番『テレーゼ』
11. I. Adagio cantabile. Allegro ma non troppo
12. II. Allegro vivace
Paris, Salle Adyar, 23.II.1954

ピアノ・ソナタ第25番
13. I. Presto alla tedesca
14. II. Andante
15. III. Vivace
Paris, Salle Adyar, V.-V.1954

Disc13
ベートーヴェン
ピアノ・ソナタ第26番『告別』
1. I. Lebewohl - Les adieux: Adagio
2. II. Abwesemheit - L‘absence: Andante espressivo
3. III. Wiedersehen – Le retour: Vivacissimamente
Paris, Salle Adyar, 03.V.1954

ピアノ・ソナタ第27番
4. I. Mit Lebhaftigkeit und durchaus mit Empfindung und Ausdruck
5. II. Nicht zu geschwind und sehr singbar vorzutragen
Paris, Salle Adyar, VI.1954

ピアノ・ソナタ第29番『ハンマークラヴィーア』
6. I. Allegro
7. II. Scherzo: Assai vivace
8. III. Adagio sostenuto
9. IV. Introduzione: Largo . Fuga: Allegro risoluto
Paris, Salle Adyar, 4.,22.,25 & 26.X.1954

Disc14
ベートーヴェン
ピアノ・ソナタ第28番
1. I. Allegretto ma non troppo
2. II. Vivace alla marcia
3. III. Adagio ma non troppo
4. IV. Allegro
Paris, Salle Adyar, 14.VI.1954

ピアノ・ソナタ第30番
5. I. Vivace ma non troppo - Adagio espressivo
6. II. Prestissimo
7. III. Andante molto cantabile ed espressivo (tema con variazioni)
Paris, Salle Adyar, 17.11.1954

ピアノ・ソナタ第31番
8. I. Moderato cantabile
9. II. Allegro molto 2.05
10. III. Arioso: Adagio ma non troppo. Fuga: Allegro ma non troppo. Tempo del‘arioso. Tempo della fuga. Coda
Paris, Salle Adyar, 17.11.1954

ピアノ・ソナタ第32番
11. I. Maestoso. Allegro con brio ed appassionato
12. II. Arietta: Adagio molto simplice e cantabile
Paris, Salle Adyar, 17.II.1954

Disc15
インタビュー(語り:イーヴ・ナット)
1. Presentation of “Nouvelles musicales” through Daniel-Lesur
2. Yves Nat speaks about his piano concerto

イーヴ・ナット
ピアノ協奏曲
3. I. Allegro molto quasi presto
4. II. Andante
5. III. Intermezzo
6. IV. Vivo
Paris, Théâtre des Champs-Elysées, 04.11.1954

7. 小さな音楽のために
Paris, Studio Albert. 12.11.1929

5つのメロディ
8. I. Dans vos viviers, dans vos étangs (Guillaume Apollinaire)
9. II. Chanson pour un officier de marine (Théophile Briant)
10. III. Chanson de la nageuse nue (Théophile Briant)
11. IV. Que lentement passent les heures (Guillaume Apollinaire)
12. V. L‘enfant à la poule aux œufs d‘or (Yves Nat)
Paris, Studio Albert, 01.VI.1943

8-12 I.ヨアヒム(ソプラノ)
3-6 Orchestre National de la Radio-diffusion Française, Pierre Dervaux
11-12 Orchestre de la Société des Concerts du Conservatoire, Charles Munch

 イーヴ・ナット(ピアノ)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
7
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
演奏というのは果たして進化しているのか退...

投稿日:2016/07/17 (日)

演奏というのは果たして進化しているのか退化しているのか?大いに考えさせられる盤で、大変すばらしいものです。

segovia さん | 愛知県 | 不明

1
★
★
☆
☆
☆
私にはいまいち楽しめませんでした。確かに...

投稿日:2015/06/01 (月)

私にはいまいち楽しめませんでした。確かに、現代人の自意識過剰的な思い入れたっぷりな表情付けや恣意的にそっけなく弾くこともなく、整然とした造型と淡々とした弾きぶりで、合唱指揮者の福島章恭氏がナットのベートーヴェン全集を「全集ひとつで32の峰を持った美しい山脈」評したことも頷けます。しかし、技巧的な部分で和音がにごったり、音が外れたりで、32曲を通して聴き続けることがだんだん苦痛になってきました。シューマンも同様、幻想曲や交響的練習曲などで破綻が目立ちます。残念でした。

憲一郎 さん | Saitama | 不明

3
★
★
★
★
★
5〜6年ほど前に、某国の若手ピアニスト(...

投稿日:2014/12/21 (日)

5〜6年ほど前に、某国の若手ピアニスト(十代前半)によるリストなどの演奏を聴いたが、ものすごい速さと正確さで弾き切って、「すごいな〜」とは、思ったが、何にも残らず、「いいな〜」とは、全く思えなかった。今は、ナットのようなピアニストは出てこられない環境になっているのだろう…。円安で、メンブランも少し高くなってきたが、これは、15枚でこの値段なので、お買い得である。

蜻蛉子 さん | 大阪府 | 不明

2

ピアノ作品集に関連する商品情報

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト