CD 輸入盤

『アムステルダムX東京』 向井山朋子

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TOMOKO2
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

向井山朋子/Amsterdam X Tokyo

2000年にオランダの4都市と東京で行われたピアノ・コンサート『Amsterdam x Tokyo』。タイトルは演奏される楽曲がアムステルダム、東京を拠点に活動をする作曲家による書き下ろし作品であることに由来しています。真白い空間に天井から金魚が1匹ずつ泳ぐ透明の袋がマトリックス状に無数に吊りさげられた会場デザインは、建築家グループ「デジタルPBX」とのコラボレーョンも話題に。幻想的な空間で向井山が演奏する電子音楽、テクノのリズム、環境音、自らの声を使った表現は、従来のクラシック・コンサートからまったく違った次元へ観客を誘いました。(Tomoko Mukaiyama Foundation)

【収録情報】
● 田中カレン[1961-]:Techno Etudes
● ミシェル・ファン・デル・アー[1970-]:Just Before
● テーク・ニューマン:Fluweel
● 野村 誠[1968-]:たまごをもって家出する
● Merzbow/権代敦彦[1965-]:ブラック・ミサ

 向井山朋子(ピアノ)

 録音時期:2000年8月22,23日
 録音場所:オランダ、ハールレム、Studio Graslands
 録音方式:ステレオ(デジタル)
 旧品番:BVH1000

【向井山朋子(ピアニスト/美術家)】
オランダ、アムステルダム在住のピアニスト、美術家。1991年国際ガウデアムス演奏家コンクールに日本人として初めて優勝、村松賞受賞。アンサンブル・モデルン、アンサンブル・アンテルコンタンポラン、ロンドン・シンフォニッタ、ロイヤル・コンサルトヘボウなどに毎年ソリストとして招聘され、新曲の初演に携わる。
 また、近年は従来の形式にとらわれない舞台芸術やインスタレーション作品を発表。オランダでの初演後、世界各国で再演された、たった一人のためのピアノ・リサイタル「for you」(2005年横浜トリエンナーレ参加作品)は、観客とコンサートの定義を巡り論議を呼ぶ。2006年シドニー・ビエンナーレで、ガラス、光、ピアノとノイズを使った「you and bach」を発表。 2007年に「向井山朋子財団」を設立し、自らアーティステック・ディレクターとしてプロデュースの分野でも活躍。デザイナー、クラヴァース・ファン・エンゲレンとの共同制作「show me your second face」(2007年)は「ファッションと音楽の融合」と高い評価を受ける。日本で初演した観客参加型の企画「夏の旅−シューベルトとまちの音」(2007年)を欧州と米国で展開。また、振付家イリ・キリアン/ネザーランド・ダンス・シアターとの共同作品「Tar and Feathers」(2006年初演)は好評を博し、ノルウェー国立バレエ、ボストン・バレエ等と共演。越後妻有アートトリエンナーレで発表した、12000着の絹のドレスと経血とピアノ作品が織りなす壮大なプロジェクト「wasted」は世界から1000人の女性たちが参加し、その過程はドキュメンタリー映画「白い迷路」として記録され、今再び世界を巡回している。2011年、東北芸術工科大学の招きで津波で損なわれた2台のピアノによるインスタレーション「夜想曲」を発表。翌年ダンストリエンナーレトーキョーとの共同制作でダンス作品「シロクロ」を制作し、ヨーロッパ・ツアーが進行中。2013年は瀬戸内芸術祭で「夜想曲」が再演されたほか、愛知トリエンナーレでイリ・キリアンの新作「EAST SHADOW」の音楽を担当、ジャン・カルマンと協同したインスタレーション・パフォーマンス「FALLING」が好評を得る。来年はオーケストラとの米ツアーと並行し、子供の為のミュージック・シアター、イスラエル人振付家Guy&Roniとの新作が発表される予定。(Tomoko Mukaiyama Foundation)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ピアノ作品集に関連する商品情報

おすすめの商品