CD 輸入盤

『ロザリオのソナタ』 クリスティーナ・デイ・マーティンソン、マーティン・パールマン&ボストン・バロック(2CD)

ビーバー(1644-1704)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CKD501
組み枚数
:
2
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ボストン・バロックのコンサートマスター!
クリスティーナ・デイ・マーティンソンが弾くビーバー!


1973年の創設から現在までマーティン・パールマンが音楽監督を務め、アメリカにおける古楽復興をリードしてきたボストン・バロック。2012年にスタートしたリン・レコーズ(Linn Records)とのコラボレーションの第4弾は、ボストン・バロックのコンサート・マスターを務めるカナダの女流バロック・ヴァイオリニスト、クリスティーナ・デイ・マーティンソンが弾くビーバー『ロザリオのソナタ』!
 マーティンソンは、ボストン・バロックの他、ヘンデル&ハイドン・ソサエティのアソシエイト・コンサート・マスターも務め、テンペスタ・ディ・マーレやザ・バッハ・アンサンブルなど、アメリカの一流古楽アンサンブルのソリストを務めるなど、アメリカ古楽界で大きな存在感を放つバロック・ヴァイオリンの名手。スコルダトゥーラ(特殊調弦)が駆使される屈指の難曲として知られるビーバーの傑作『ロザリオのソナタ』を、マーティンソンの感情深く神秘的なヴァイオリンでどうぞ。(写真c Julian Bullitt)(輸入元情報)

【収録情報】
ビーバー:ロザリオのソナタ


● ソナタ第1番ニ短調『受胎告知』
● ソナタ第2番イ長調『訪問』
● ソナタ第3番ロ短調『降誕』
● ソナタ第4番ニ短調『神殿での奉献』
● ソナタ第5番イ長調『神殿での発見』
● ソナタ第6番ハ短調『ゲッセマネの園での苦しみ』
● ソナタ第7番ヘ長調『むち打たれ』
● ソナタ第8番変ロ長調『いばらの冠』
● ソナタ第9番イ短調『十字架を担う』
● ソナタ第10番ト短調『磔刑』
● ソナタ第11番ト長調『復活』
● ソナタ第12番ハ長調『昇天』
● ソナタ第13番ニ短調『聖霊降臨』
● ソナタ第14番ニ長調『聖母被昇天』
● ソナタ第15番ハ長調『聖母の戴冠』
● 無伴奏ヴァイオリンのためのパッサカリア ト短調

 クリスティーナ・デイ・マーティンソン(ヴァイオリン)
 ボストン・バロック
 マーティン・パールマン(指揮)

 録音時期:2017年3月12-17日
 録音場所:アメリカ、ロズリンデール、Futura Productions
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ビーバー(1644-1704)に関連する商品情報

  • ロザリオ・ソナタほかビーバーのヴァイオリン・ソナタ全集(5CD) オランダの古楽器グループ「アンサンブル・ヴィオリーニ・カプリチオージ」による注目盤。ブリリアントからリリースされたロカテッリ・エディションでその名を広く知られるようになった彼らの演奏水準の高さはそこでもすでに明らかでした。 HMV&BOOKS online|2017年2月10日(金)
  • レツボールのビーバー『ミサ・アレルヤ』 独唱も各パートを巧みに組み合わせ多様な響きを作り上げ、弦楽部もさすがビーバーといったヴァイオリンの見事な手法、さらにビーバーの特徴でもある多数のトランペットを強調し、華やかな楽曲に仕上げています。 HMV&BOOKS online|2016年11月29日(火)
  • エレーヌ・シュミットの弾くロザリオ・ソナタ SACDハイブリッド。フランスのバロック・ヴァイオリニスト、シュミットが、18世紀カミッロ・カミッリと、18世紀初期に南チロルで製作された作者不詳の楽器を使用して演奏。 HMV&BOOKS online|2016年8月2日(火)
  • アンドルー・マンゼのロザリオ・ソナタ復活 レコード・アカデミー賞受賞盤が復活。故服部幸三氏は「深い感動を覚えた。...これが最高の演奏だ。ありあまる技術力を駆使しながらも、美しく昇華された祈りの時が流れる」と絶賛しました。 HMV&BOOKS online|2016年7月25日(月)
  • レイチェル・ポッジャーがロザリオ・ソナタを録音! SACDハイブリッド盤。変則調弦などの特殊技法も要求され、通奏低音との絡みも面白いビーバーの人気作をポッジャーが録音。使用楽器はペザリニウス1739年製のバロック・ヴァイオリン。 HMV&BOOKS online|2015年8月24日(月)
  • ビーバー:ロザリオ・ソナタの注目盤 SACDハイブリッド盤。ケルンを拠点に活動するギリシャ系米国人ヴァイオリニスト、アリアドネ・ダスカラキスが、変則調弦などの特殊技法も要求され、通奏低音との絡みも重要な作品に挑戦。 HMV&BOOKS online|2015年6月18日(木)

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品