CD 輸入盤

Carmen(Hlts): Karajan / Vpo

ビゼー(1838-1875)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
68021
組み枚数
:
1
レーベル
:
Rca
フォーマット
:
CD

収録曲   

  • 01. Carmen: Act 1 Prelude "Les toreadors"
  • 02. Carmen: Dans l'air nous suivons "Cigarette Girls' Chorus"
  • 03. Carmen: La voila!
  • 04. Carmen: L'amour est un oiseau rebelle "Habanera"
  • 05. Carmen: Pres des ramparts de Seville "Seguidilla"
  • 06. Carmen: Act 2 Prelude "Les dragons d'Alcala"
  • 07. Carmen: Les tringles des sistres tintaient "Gypsy Song"
  • 08. Carmen: Messieurs, Pastia me dit
  • 09. Carmen: Vivat! vivat le torero!
  • 10. Carmen: Votre toast je peu vous le rendre "Toreador Song"
  • 11. Carmen: Nous avons en tete une affaire
  • 12. Carmen: Tra-la-la...Attends un peu, Carmen
  • 13. Carmen: La fleur que tu m'avais jetee "Flower song"
  • 14. Carmen: Act 3 Prelude "Intermezzo"
  • 15. Carmen: Melons! Coupons! [Card Scene]
  • 16. Carmen: Je dis que rien ne m'epouvante "Micaela's Aria"
  • 17. Carmen: Act 4 Prelude "Aragonaise"
  • 18. Carmen: C'est toi! C'est moi!...Carmen, il est temps encore
  • 19. Carmen: Ou vas-tu? - Laisse-moi!

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
歌劇「カルメン」はオペラ入門者にとっては...

投稿日:2011/06/24 (金)

歌劇「カルメン」はオペラ入門者にとっては格好の作品で親しみ易い前奏曲、間奏曲だけでももうポピュラーなものですね。日本でも昔から藤原歌劇団とか二期会などでとり上げられていましたね。私などは宇崎竜童/阿木耀子作で山口百恵が「ジプシー・・・」と挑発しながら歌った歌謡曲「謝肉祭」も懐かしく連想してしまいます。さて、その「カルメン」・・・P.メリメの同名小説を別の台本家がスペインやジプシーの風俗を研究脚色したものをビゼーが作曲したものですが第1幕前半カルメンが初めて出て来る場面の有名な「ハバネラ」についてはその旋律はイラディエルという人の作からの借用ということらしいです。煙草工場で喧嘩騒ぎをした女工カルメンを牢へ護送しようとしたドン・ホセは(母親公認の婚約者ミカエラがいるにも拘わらず)カルメンの女色誘惑に負けて彼女を逃がし後日ある酒場で落ち合うことになります。そこでミカエラがあれこれ止めるのですが意志薄弱のドン・ホセは結局カルメンが関係する密輸グループに身を落としてしまいますが、カルメンは既に知り合った闘牛士エスカミーリョに心が移ってしまい元々ドン・ホセの片思いだけに場面が替わった闘牛場にいるカルメン(エスカミーリョも当然います)に復縁を断られたドン・ホセは逆上してカルメンを刺し殺してしまうというお馴染のストーリーです。以上の内本盤(1963年録音)全曲の約160分は重いなぁと思われる人には格好の盤ですが私は原則全曲盤をお奨めします。本盤先ず歌手陣の主な配役はL..プライス(カルメン、MS,当時36歳)、F.コレルリ(ドン・ホセ、T,42歳)、R.メリル(エスカミーリョ、B,44歳)、M.フレーニ(ミカエラ、S,28歳)で年回り的にはマァ何となく相応関係になっている様です(大体そういうものらしいですよ)。ただフランス語歌詞という切り口から幕は主なこれらの歌手陣は米伊系・・・そんな事言い出したらキリがありません。そして本盤演奏何よりもL..プライス(カルメン、MS)のあばずれた色気溢れるリアルな(底力ある)声色がVPOのファッとした音質感触に包まれた処が実に聴き応えありました・・・まさしく音色を楽しめる盤でその録音の良さはRCAとDECCAとの相互乗り入れでの名プロデューサーのカルショー次第だった事を伝えていますね。F.コレルリ(ドン・ホセ、T)は、その実直な歌が悲劇をもり立てカルメンに骨抜きにされたダメ男を見事に演じていますがやや端正過ぎる点が私には気にはなった場面はありました。M.フレーニ(ミカエラ、S)は純な女性ながらややこしい婚約者ドン・ホセに疲れきっている様子を上手く伝えています。これら歌手陣をサポートするカラヤン(当時55歳)の指揮はフランス・オペラの小粋な処のポイントを押えながら作品の持つスペイン情緒を豊かに表出しながら口当たりのよい歌劇に仕上げています。LP時代の以前から有名な名演奏盤でまだそんなに(後年の様な)カラヤン臭は薄く彼の若さから来る素直な溌剌さがこの演奏盤の特徴かと思います(VPOの長所に拠る部分も大なのでは・・・?)。なお、本盤は台詞部分をビゼーの友人のギローがレチタティーヴォに編曲した「グランド・オペラ版」というバージョンで私は台詞部分をフランス語の専門家に任せてのオペラ・コミーク版でより音楽の繋がりの点では気に入っております。カラヤンには他に1954年オーケストラVSO、シミオナート(カルメン、MS)、ゲッダ(ドン・ホセ、T)等のCD盤、1955年オーケストラOCTSM、シミオナート(カルメン、MS)、スティファーノ(ドン・ホセ、T)等のライブCD盤、1982年オーケストラBPO、A.バルツァ(カルメン、MS)、J.カレーラス(ドン・ホセ)等のCD盤、1967年オーケストラVPO、バンブリー(カルメン、MS)、ヴィッカース(ドン・ホセ、T)等のDVD盤などがあります。(タイムについては盤により多少異なる場合があります)

0

ビゼー(1838-1875)に関連する商品情報

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品