DVD

『ドン・キホーテ』 オシポワ演出、サンクトペテルブルク・オシポワ・バレエ、エフセーエワ、シヴァコフ、他(2009)

バレエ&ダンス

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
COBO4974
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
画面サイズ
:
ワイドスクリーン
:
カラー
フォーマット
:
DVD
その他
:
Squeez, 2009

商品説明

サンクトペテルブルク・オシポワ・バレエ
『ドン・キホーテ』


エレーナ・エフセーエワ、ミハイル・シヴァコフ主演による『ドン・キホーテ』。マリインスキー・バレエ、レニングラード国立バレエの人気ダンサーの豪華な競演!
 バレエ『ドン・キホーテ』はセルバンテスの有名な長編小説が原作。ただバレエの物語の中心はドン・キホーテではなく若い恋人たち。舞台はスペイン・バルセロナ。宿屋の娘キトリと床屋のバジルは愛し合っているが、娘を金持ちの息子ガマーシュに嫁がせたがっているキトリの父親はそれを認めない。そこにドン・キホーテが登場して・・・。
 バラエティに富んだダンスが全編に散りばめられている、楽しいことこの上ない作品。特に最終幕で踊られるキトリとバジルのグラン・パ・ド・ドゥ(クライマックスに踊られる主役カップルの踊り)は超絶技巧満載、バレエ・コンサートでは欠かせないレパートリーになっています。
 セルバンテスの有名な長編小説をモチーフにしたバレエ『ドン・キホーテ』は、スペイン・バルセロナを舞台に、ドン・キホーテが出会った若い恋人キトリとバジルが繰り広げる陽気なラブ・ストーリー。エフセーエワのキトリは、ダイナミックなジャンプにスピード感溢れる回転、華やかなオーラで、見ていて気持ちの良い踊りっぷり。シヴァコフのバジルは、端正な踊りでキトリを爽やかにサポート。また、注目の若手、イリーナ・コシェレワが森の女王を踊っています。ダンサーたちの魅力あふれるスタイリッシュな舞台をお楽しみください!(日本コロムビア)

【収録情報】
・『ドン・キホーテ』全3幕
 キトリ:エレーナ・エフセーエワ(マリインスキー・バレエ)
 バジル:ミハイル・シヴァコフ(レニングラード国立バレエ)
 森の女王:イリーナ・コシェレワ(レニングラード国立バレエ)
 キトリの友人:エルビラ・ハビブリナ(レニングラード国立バレエ)
 オルガ・アクマトーワ(マリインスキー・バレエ)
 ドン・キホーテ:アナトーリ・カトゥルスキ
 サンチョ・パンサ:ラシッド・マーミン、他
 サンクトペテルブルク・オシポワ・バレエ

 原振付:マリウス・プティパ
 振付・演出:ナタリア・オシポワ
 音楽:レオン・ミンクス

 収録時期:2009年7月
 収録場所:ブリュッセル、シルク・ロイヤル劇場(ライヴ)

 収録分数:110分
 画面サイズ:カラー、16:9
 NTSC

【エレーナ・エフセーエワ】
2001年ワガノワ・バレエ学校卒業。同年レニングラード国立バレエ入団。レニングラード国立バレエの看板バレリーナとして日本でも高い人気を誇る。2008年マリインスキー・バレエに移籍。

【ミハイル・シヴァコフ】
1998年ワガノワ・バレエ学校卒業。同年レニングラード国立バレエ入団。現在のレニングラード国立バレエを代表する男性ダンサー。日本のTVCMへの出演も多い。草刈民代の引退公演でもパートナーを務める。

【サンクトペテルブルク・オシポワ・バレエ】
2009年1月、元レニングラード国立バレエのナタリア・オシポワがフランスの映像監督アラン・エベールと共に立ち上げたカンパニー。レニングラード国立バレエ、マリインスキー・バレエ、ボリショイ・バレエというロシアの名門バレエ団からダンサーを招き、フランスを中心に公演を行っている。(以上、日本コロムビア)

内容詳細

2009年ブリュッセルのシルク・ロイヤル劇場での公演を収録。キトリがマリインスキーのエフセーエフ、バジルはレニングラードのシヴァコフと、両バレエ団の人気ダンサーの競演が楽しめる豪華な舞台になっている。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

関連するチケット

おすすめの商品