CD 輸入盤

ヴァイオリン協奏曲第1番/第2番 パウク(v)/ヴィト/ポーランド国立放送

バルトーク (1881-1945)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8554321
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD

商品説明

バルトーク自身は優れたピアノの腕前を持つ一方、ヴァイオリンを弾くことはしませんでしたが、どうも彼が圧倒的人気を誇るのはピアノ奏者よりも弦楽器奏者の間でのようです。といったことが象徴的なように、この2曲におけるヴァイオリン書法はまさに完璧、至難な技巧とそれに見合うだけ演奏効果と音楽的内容に満ちており、「見事!」の一言に尽きます。そして彼の作品の殆どについていえることですが、民俗音楽的要素から溢れる生命力はそのままに、安直な異国趣味のみを排してクラシック音楽という枠組に取り込み、全く新鮮でかつ王道を行くよう音楽を作り上げてしまう手練には、本当に舌を巻いてしまいます。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
   Bartok 自身は piano に練達で在った...

投稿日:2013/06/25 (火)

   Bartok 自身は piano に練達で在った様です。然し遺された曲は弦楽器のみの者が断然好いです。六つの四重奏曲は Bach の十二の無伴奏曲と双璧です。この二つの協奏曲もそれらに次ぐ者として聴いております。未完の concerto for viola も二つの補筆とも好い者です。piano が入ると些か煩く感じます。私個人の偏向した嗜好です。    演奏は violin の Pauk. Wit の指揮によるNational Polish RSO. ともに最好。録音も例によって素晴しい。Wit & Katowice は演奏録音ともに外れが有りません。 

四郎右衛門 さん | 大阪府 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バルトーク (1881-1945)

【新編名曲名盤300】 管弦楽のための協奏曲 | 弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽 | 弦楽四重奏曲(全曲)

プロフィール詳細へ

バルトーク (1881-1945)に関連する商品情報

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品