CD

Goldberg Variations: A.hewitt(P)(1999)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
MCDA67305
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
オリジナル盤発売年
:
2000
フォーマット
:
CD

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
平均律の演奏(新盤)に較べ、相当に現代ピ...

投稿日:2017/09/29 (金)

平均律の演奏(新盤)に較べ、相当に現代ピアノとしての表現に抑制を加え、己の自我を出さず、極力客観的な再現を心がけている点でかなり好感が持てる演奏です。しかしながらGoldberg変奏曲は、その優れた演奏に接すると必ず、眼前に鳴っている音楽から、その演奏者の有する音楽的背景がさながらパノラマのように実感される点で、J.S.Bachの全作品中はもちろん、西洋音楽史上でも類をみない幅広さを持った傑作と思います。まるで西洋音楽史の一大パノラマを実感させるようなG.Leonhardt、Bachの音楽構造の徹底的な分析に己を完全に無にして捧げたG.Gould、演奏から中世〜近現代から西洋以外のまるで第三世界のリズムまで聞こえてくるようなJ.MacGregor、そして古典派〜ロマン派に至る西洋古典音楽の伝統から離れ、まるでポピュラー音楽の一部を聴くような錯覚に陥るようなA.BacchetiなどのGoldbergは、聴いていてそのスリルに時間を忘れますが、このHewittのGoldberg演奏は非常に美しくまとまって、誰にも文句のつけられないような標準的外形をみせていても、演奏の背後に感じられるものが、意外な程乏しく、そのため、慣れ親しんだ音楽の姿が過ぎていっても、いつの間にか退屈して眠くなっている自分を発見します。ピアノによるGoldbergに、上記の名演・好演群のような驚嘆すべき感動体験を求めず、流しておく美しいBGMで十分な音楽ととらえるなら、これ以上はないお得な演奏かも知れませんし(確かに安いし)、そういうGoldberg演奏を愛聴されるのも全くありでしょうが、少なくともGoldberg演奏史上最高の演奏とはとてもとても言えないのではないでしょうか。

mimi さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
他の評価を見るとかなり意見がわかれていま...

投稿日:2015/11/23 (月)

他の評価を見るとかなり意見がわかれていますが、現代を代表するバッハ弾きのヒューイットとしてはこんなものではないでしょうか? グールドから入ったものには平易に聴こえるものの ピアノで弾くゴルトベルクの標準と言ってよいと思います。バッハ全集を買ったので、そのほかのフランス組曲やイギリス組曲の演奏が好ましいのも事実ですが。

オタケ さん | 大阪府 | 不明

2
★
★
★
★
★
 他のところでも書きましたが、この曲の最...

投稿日:2010/09/29 (水)

 他のところでも書きましたが、この曲の最高の演奏のひとつと思います。見方はいろいろあるでしょうが、正直なところ、低評価のレビューが本当に全曲を聴いているのか、疑わしく思います。この演奏を否とするなら、何を良しとするのでしょう? 迷っている人は、安いから買ってみればいいと思います。きっと多くの方の愛聴盤になると思いますよ。だめな時もあるけど、ステージで本当に良い演奏をする力量のある人です。それが最大限に出た録音。この機会にもう一枚買っておこうかと思います。

おっさん さん | 神奈川県 | 不明

6

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連する商品情報

古楽 に関連する商品情報

  • 【入荷】鈴木雅明&BCJ/バッハ:管弦楽組曲、ブランデンブルク協奏曲(2種)、他 SACDハイブリッド盤、6枚組。鈴木雅明&BCJの、管弦楽組曲全集、ブランデンブルク協奏曲全集(旧盤&新盤)、ヴァイオリン協奏曲全集を収録。日本語解説書つきです。 HMV&BOOKS online|2日前
  • 中村恵美(チェンバロ)/『ウィリアム・バード&ジャパン』 中村恵美によるウィリアム・バードの名曲集。後半は、オリジナルの枠を飛び越え、能管、篠笛、邦楽打楽器との超越したコラボレーションにより新たなバードに発展していきます。 HMV&BOOKS online|4日前
  • ピーター・ヒル/バッハ:ゴルトベルク変奏曲 シリル・スミスとナディア・ブーランジェからピアノを学び、メシアンのピアノ作品、さらにはベルク、シェーンベルク、ヴェーベルンなどのスペシャリストであるイギリスのピアニスト、ピーター・ヒルが、バッハ:ゴルトベルク変奏曲を録音。 HMV&BOOKS online|2018年5月18日(金)
  • ロルフ・リスレヴァン、CSM/『ヌオーヴェ・インヴェンツィオーネ』 ノルウェーの撥弦楽器奏者ロルフ・リスレヴァンが、オーストリアのピリオド・オーケストラ「コンチェルト・ステラ・マトゥティナ(CSM)」と共演したアルバム。ヘンデル、フレスコバルディ、フォスカリーニなどのバロック音楽の名品を新たなアレンジで包み、さらにジャズ・インプロヴァイゼーションの要素を加えることで、全く新しい美の世界が生み出されています。 HMV&BOOKS online|2018年5月18日(金)
  • ディエゴ・アレス/バッハ:ゴルトベルク変奏曲、他(2CD) スペインが生んだチェンバロの名手、ディエゴ・アレスによるバッハ。ゴルトベルク変奏曲の演奏時間は86分ほど、たっぷりとした量感ある音色と豊かな色彩が魅力の演奏となっています。 HMV&BOOKS online|2018年5月16日(水)
  • ブースビー/テレマン:無伴奏ヴィオラ・ダ・ガンバのための12のファンタジア フレットワークの創設メンバーとして英国古楽界を牽引、現在はロンドンの王立音楽カレッジでヴィオラ・ダ・ガンバを教える名手、リチャード・ブースビー。2015年の春に作曲から約280年という歳月を経て発見されたテレマンの『ヴィオラ・ダ・ガンバのためのファンタジア』を録音。 HMV&BOOKS online|2018年5月14日(月)

おすすめの商品