CD 輸入盤

Die Kunst Der Fuge: Lauriala(P)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ABCD151
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

商品説明

J.S.バッハ:フーガの技法
リスト・ラウリアラ(Pf)

1949年生まれのフィンランドの中堅ラウリアラがピアノで挑んだ「フーガの技法」。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
この演奏は総天然色の綺麗な演奏ではありま...

投稿日:2011/01/19 (水)

この演奏は総天然色の綺麗な演奏ではありません。 演奏者は演奏に「これを伝えたい」という明確なメッセージ性を持たせてしまうと、この曲の本質が失われると考えているのではないでしょうか。 短期間で廃盤になりましたが、A.バタゴフの演奏も同様です。 A.バタゴフの演奏は、残響の長い会場でオンマイクで録られていたため、電子楽器ではないかとの推測もありましたが、これも忘れられない名演でした。 Laurialaの演奏も、コンピュータで演奏させたような、一聴すると非常に単調なモノクロームの演奏に聴こえますが、コンピュータで演奏させてみるとこれほど静かな音楽にはなりません。 この静謐な演奏はとても分かりにくいですが、誤解を恐れずに言えば、この曲はバッハが音楽の奥の奥を示したものであり、誰もが愛し親しむ曲ではないのではないかと思います。 その意味では、聴く者に単一のイメージを押し付けないこの演奏は、とても意味があると思います。

EL91 さん | 奈良県 | 不明

0
★
★
☆
☆
☆
いい演奏かどうかどうも良く解らない。十二...

投稿日:2005/06/27 (月)

いい演奏かどうかどうも良く解らない。十二音技法の応用なのか、すべての音を平等に扱って、同じ比重で打鍵している様で、音の響きは豊かであるが、表現の意図が伝わってこない。主観を排してあえて音のみに表現内容を託した、いわば現代音楽としてのバッハの発見を試ろざしたものなのか。ニコラーエワとは真反対の演奏みたい。心ある人のご意見を拝したい。

ゆがみごん さん | 東京 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連する商品情報

古楽 に関連する商品情報

  • アルテマンドリン/マンドリンのためのナポリの協奏曲集 古典マンドリン・アンサンブルである「アルテマンドリン」。3人の古典マンドリン、バロック・ギター、ヴィオローネ、鍵盤楽器の計6人のアンサンブルは、バロック〜古典派時代のマンドリンの演奏スタイルなどを研究し、当時のマンドリンの「栄光の時代」を現代によみがえらせます。 HMV&BOOKS online|2日前
  • ボーアゴー/アコーディオンによるバッハ:ゴルトベルク変奏曲 SACDハイブリッド盤。1981年デンマークのエラルド生まれのアコーディオン奏者、アンドレーアス・ボーアゴーがゴルトベルク変奏曲を録音しました。当録音では一音一音を大事にして楷書的ながらたっぷりと90分かけて歌い上げる雄大な演奏を聴かせてくれます。 HMV&BOOKS online|2日前
  • 西山まりえ/バッハ:イギリス組曲全曲 西山まりえの最新盤、バッハ:イギリス組曲全曲が登場。使用楽器はBruce Kennedy 1997 (model Taskin, France 1769)。 HMV&BOOKS online|2日前
  • 藤澤玲子/バッハ:ゴルトベルク変奏曲、他 武蔵野音楽大学で研鑽を積んだ後、サンフランシスコ経由でロンドンへと渡り、マルティーノ・ティリモ、ベンジャミン・キャプラン、ヨンティ・ソロモンといった名教師たちに師事した日本人ピアニスト、藤澤玲子によるバッハ:ゴルトベルク変奏曲。 HMV&BOOKS online|3日前
  • ダニール・シャフラン/バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲(2CD) ソヴィエトを代表するチェリストの一人、ダニール・シャフラン[1923-1997]によるバッハの無伴奏チェロ組曲全曲がメロディアから登場。 HMV&BOOKS online|3日前
  • イェール・スコラ・カントルム/ブラームス:ドイツ・レクィエム(室内楽版) サイモン・キャリントンによって2003年に創設され、2009年から2013年には鈴木雅明が指揮を務めた(現在は首席客演指揮者)、イェール・スコラ・カントルム(イェール大学スコラ・カントールム合唱団)。最新盤は、室内アンサンブル版によるブラームス:ドイツ・レクィエムです。 HMV&BOOKS online|4日前

おすすめの商品