バッハ(1685-1750)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

SACD 輸入盤

無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ全曲 J.フィッシャー(vn)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PTC5186072
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Holland
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明

ユリア・フィッシャー / バッハ:無伴奏全曲

前作「ロシアのヴァイオリン協奏曲集」での才能溢れる見事な演奏で評価急上昇のヴァイオリン奏者、ユリア・フィッシャーの、Pentatone専属録音第2弾が登場。
 前作の協奏曲集から一転、今回取り上げるのは名盤が連なるバッハの名作『無伴奏ソナタ&パルティータ集』です。
 バーンスタイン&グレン・グールドの演奏によるピアノ協奏曲ニ短調、そしてキーシンが弾いたブゾーニ編曲の『シャコンヌ』に魅了されたというユリア・フィシャーは、今回の録音でも、バッハ作品への愛着と、並々ならぬ意欲を見せてくれています。
 21歳という若さでの『無伴奏ソナタ&パルティータ』全曲録音(録音は2004年の12月)。話題必至の注目盤登場と言えそうです。
 SACD Hybridのみのリリースです。

J.S.バッハ
無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ全曲
 ソナタ第1番ト短調 BWV1001
 パルティータ第1番ロ短調 BWV1002
 ソナタ第2番イ短調 BWV1003
 パルティータ第2番ニ短調 BWV1004
 ソナタ第3番ハ長調 BWV1005
 パルティータ第3番ホ長調 BWV1006

ユリア・フィッシャー(vn)
録音:2004年12月
DSD Recording
SACD Hybrid
CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Sonata for Violin solo no 1 in G minor, BWV 1001
  • 02. Sonata for Violin solo no 1 in G minor, BWV 1001
  • 03. Sonata for Violin solo no 1 in G minor, BWV 1001
  • 04. Sonata for Violin solo no 1 in G minor, BWV 1001
  • 05. Partita for Violin solo no 1 in B minor, BWV 1002
  • 06. Partita for Violin solo no 1 in B minor, BWV 1002
  • 07. Partita for Violin solo no 1 in B minor, BWV 1002
  • 08. Partita for Violin solo no 1 in B minor, BWV 1002
  • 09. Partita for Violin solo no 1 in B minor, BWV 1002
  • 10. Partita for Violin solo no 1 in B minor, BWV 1002
  • 11. Partita for Violin solo no 1 in B minor, BWV 1002
  • 12. Partita for Violin solo no 1 in B minor, BWV 1002
  • 13. Sonata for Violin solo no 2 in A minor, BWV 1003
  • 14. Sonata for Violin solo no 2 in A minor, BWV 1003
  • 15. Sonata for Violin solo no 2 in A minor, BWV 1003
  • 16. Sonata for Violin solo no 2 in A minor, BWV 1003

ディスク   2

  • 01. Partita for Violin solo no 2 in D minor, BWV 1004
  • 02. Partita for Violin solo no 2 in D minor, BWV 1004
  • 03. Partita for Violin solo no 2 in D minor, BWV 1004
  • 04. Partita for Violin solo no 2 in D minor, BWV 1004
  • 05. Partita for Violin solo no 2 in D minor, BWV 1004
  • 06. Sonata for Violin solo no 3 in C major, BWV 1005
  • 07. Sonata for Violin solo no 3 in C major, BWV 1005
  • 08. Sonata for Violin solo no 3 in C major, BWV 1005
  • 09. Sonata for Violin solo no 3 in C major, BWV 1005
  • 10. Partita for Violin solo no 3 in E major, BWV 1006
  • 11. Partita for Violin solo no 3 in E major, BWV 1006
  • 12. Partita for Violin solo no 3 in E major, BWV 1006
  • 13. Partita for Violin solo no 3 in E major, BWV 1006
  • 14. Partita for Violin solo no 3 in E major, BWV 1006
  • 15. Partita for Violin solo no 3 in E major, BWV 1006

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
12
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
パッハの無伴奏は15種程度聴いている。シゲ...

投稿日:2016/10/30 (日)

パッハの無伴奏は15種程度聴いている。シゲティ、シュムスキーの様な渋い演奏が好み。 この演奏は、信じられないほど音色が美しい。ちょうど彼女の容姿のように完全無欠な美しさだ。 私の場合、その音色の美しさが「あだ」となって、曲の中に入れない。 そうは言っても音楽性は豊かだし、彼女のプロフィルをみると知性も万全のようだ。 やがて、ハーンなどと並んでヴァイオリン界のスターになるのかもしれない。

ばんどうくじら さん | 福岡県 | 不明

3
★
★
★
★
★
当然、将来同じ演奏家の再録音、再々録音が...

投稿日:2013/05/07 (火)

当然、将来同じ演奏家の再録音、再々録音がリリースされるだろう。しかし、この初回録音にして、すでにシェリングの名盤にとって代わる演奏を聴かせているのは驚異である。シェリングを思わせる、ややくすんでいるが輪郭のはっきりした音で、シェリングよりも遅めのテンポ、ゆったりとした間合いをとって悠然と音楽は進む。テクニックをひけらかさず、ひたすらバッハの音楽に迫って行く。シェリング演奏の「崇高さ」に対し、作曲者が少人数の聴き手の前で自ら弾いているような「親密さ」を感じさせる演奏である。とはいえ、そこに鳴っている「楽曲自体の崇高さ」に何ら違いはない。パルティータ、ソナタの各1番がキンキンした音と激しい楽想でで耳と心に突き刺さってくる通常の演奏に疑問を抱いておいでの方、だからといってピリオド楽器の響きでは小じんまりとしすぎているとお感じの方に対しては、シェリング盤の2倍の金額を払ってでもこの2枚組を手にされる価値があると保証したい。

ニャンコ先生 さん | Tochigi | 不明

2
★
★
★
★
★
J.S.Bachの音楽に権威とか肩書きが意味を持...

投稿日:2012/03/27 (火)

J.S.Bachの音楽に権威とか肩書きが意味を持たないことを、嫌と言うほど実感させる演奏ではないでしょうか。録音時わずか21歳のこの無伴奏Vnは、確実にモダン・ヴァイオリンによるあらゆる全集の中でトップクラスの名演奏であり、技術・表現力そして何よりもこの記念碑的傑作の、複雑極まりない音楽構造を全く正統的に見通し、その再現をただひたすらBachの音楽に奉仕することによって成し遂げる、驚異的な音楽性は、あらゆるモダン・ヴァイオリン奏者の中でも稀有なものです。J.Fischerその人については、恥ずかしながらこれまでほとんど知識がないのですが、確かに鍵盤奏者として平均律を熟知していなければ、ここまでBachの音楽構造を正統的に見通すことはできないのかも知れません。どちらかと言えば、各Partitaにおいては、表現に若い部分はみられるのかも知れませんが、Sonataの厳格で恣意性を排した、しかも情熱にも溢れた演奏は他では得難いものと想いました。もちろんPartita Nr.2/Chaconneは、この盤においても演奏のピークであり、演奏者と聴者が等しくシュピッタの「西洋がこれ以上に輝かしい音楽を産みだしたことはなかった」の言を、実感させる素晴らしい演奏で、Sonata Nr.3/Fugaの輝かしく壮大な演奏と共に、紛う事無き名演です。おそらくこれから長く続くであろう、J.Fischerのキャリアの中でも記念碑となる盤ではないかと思います。

mimi さん | 兵庫県 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連する商品情報

  • 【LP】 チョン・キョンファのバッハ:無伴奏の限定アナログレコード 2016年録音、チョン・キョンファの「バッハ:無伴奏」がアナログLP盤でリリース決定。3枚組、180グラムの重量盤仕様。初回のみの限定生産となっております。 ローチケHMV|2017年12月7日(木)
  • 【LP】 カメラータRCOによるゴルドベルグ変奏曲 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団のメンバーである、Annebeth Webb(ヴァイオリン), Jeroen Woudstra(ビオラ), Honorine Schaeffer(チェロ)からなるカメラータRCO(弦楽三重奏団)によるゴルドベルグが登場。 ローチケHMV|2017年10月21日(土)
  • 【LP】ジャンドロン バッハ:無伴奏チェロ組曲3LP限定BOX 仏の名チェリスト、モーリス・ジャンドロンによる1964年に録音のバッハ無伴奏チェロ組曲が180グラム重量盤アナログレコードの限定BOXで発売。 ローチケHMV|2017年7月24日(月)
  • 【入荷】加藤訓子 第4弾、マリンバ版バッハ! スコットランドのハイエンド・オーディオ・メーカー、LINNが技術の粋を結集させて作るアルバム第4弾は、バッハのソロ作品のなかから、加藤訓子自身の「この曲を弾きたい、聴きたい」という観点で選択し、マリンバ独奏のために編曲。 ローチケHMV|2017年5月22日(月)
  • シャイーのバッハ録音が7枚組ボックスに 世界最古の歴史を誇るゲヴァントハウス管弦楽団は、バッハと深いつながりを持つオーケストラでもあり、シャイーはその伝統を大切にして、『マタイ受難曲』やブランデンブルク協奏曲、クリスマス・オラトリオなどで高い評価を得ていました。 ローチケHMV|2017年4月28日(金)
  • 加藤訓子 第4弾、マリンバ版バッハ! スコットランドのハイエンド・オーディオ・メーカー、LINNが技術の粋を結集させて作るアルバム第4弾は、バッハのソロ作品のなかから、加藤訓子自身の「この曲を弾きたい、聴きたい」という観点で選択し、マリンバ独奏のために編曲。 ローチケHMV|2017年4月10日(月)

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品