CD 輸入盤

無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲 カーラー(vn)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8570277
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲

ヴァイオリニストなら一度は挑みたい『絶対無比の究極の難曲』。それがバッハ[1685-1750]の無伴奏ソナタとパルティータです。ここで冴えた技巧を披露しているのは名手カーラー。パガニーニ、シベリウス、チャイコフスキーの3つの国際コンクールを制覇した彼は、冷静沈着な解釈と深い音色を持つヴァイオリニストとして知られますが、ここでも文句なしの音楽を聴かせてくれるのが『さすが』です。(ナクソス)

CD1
・ソナタ第1番ト短調 BWV1001
・パルティータ第1番ロ短調 BWV1002
・ソナタ第2番イ短調 BWV1003
CD2
・パルティータ第2番ニ短調 BWV1004
・ソナタ第3番ハ長調 BWV1005
・パルティータ第3番ホ長調 BWV1006

 イリヤ・カーラー(ヴァイオリン)
 
 録音:2006、2007年(デジタル)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲

ディスク   2

  • 01. J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
シゲティが何故、アマチュア程度のテクニッ...

投稿日:2010/11/23 (火)

シゲティが何故、アマチュア程度のテクニックなどと言われながらも巨匠と呼ばれるのか? この演奏に答えが有る気がします。 絶対的な技術力から生まれる抜群の安定感、、、カーラーの弓はヴァイオリンの弦は弾けども、僕の心の琴線は弾いてはくれません。

伊豆の西風 さん | 静岡県 | 不明

3
★
★
★
★
☆
■無伴奏ヴァイオリンソナタ第1番  第1...

投稿日:2010/07/28 (水)

■無伴奏ヴァイオリンソナタ第1番  第1楽章。アダージョ。出だしから空気が一変する。これは名曲だ。ひんやりして夏でもクーラーがいらないくらいだ。この心に切々と迫ってくるのは何だろう。(T_T) カーラーの演奏がすばらしいのはもちろん曲の力が半端ない。カナダの教会での録音も最上の部類だ。 第2楽章。フーガ。カーラーの演奏はG線の切込みが強く、低弦のリズムを明確に刻んでいる。バッハと言えばフーガの印象が強いが、この曲も彼らしく厳格で深刻だ。それにしてもヴァイオリン一丁でこの曲を再現するのは至難の業だ。カーラーもここぞとばかり気合が入りまくりで少々うるさいくらいだ。 第3楽章。安らぎの楽章。舞曲らしいが、そんなイメージはまるでない。どちらかと言えば第2楽章のほうが舞曲らしい。壮絶な第2楽章の後の箸休めといった感じだ。 第4楽章。プレスト。木枯らしのような音楽。音が渦巻くさまは後のショパンにも通じる。第1楽章と第2楽章のインパクトが強すぎてあまり印象に残らないのは第3楽章と同様だ。これといった曲の展開がないのも問題だ。

いわごろう さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
☆
確かに残響はやや多すぎます。ロシア正教の...

投稿日:2009/05/09 (土)

確かに残響はやや多すぎます。ロシア正教の会堂での録音という環境によるためでしょうか? スピーカーのセッティングを変えて少し和らぎました。それより、現代最良の演奏の一つをこのような低価格で聴けることに感謝。それに、カーステレオで聴くならこの盤が最高です。運転中はそぐわないですが休憩の時に。チェロなら Istomin盤。ということは、良環境でのドライヴで不評の残響過多のディスクも poorな環境なら生きて来るという事でしょうか。

四郎右衛門 さん | 大阪府 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連する商品情報

  • 【LP】 チョン・キョンファのバッハ:無伴奏の限定アナログレコード 2016年録音、チョン・キョンファの「バッハ:無伴奏」がアナログLP盤でリリース決定。3枚組、180グラムの重量盤仕様。初回のみの限定生産となっております。 ローチケHMV|2017年12月7日(木)
  • 【LP】 カメラータRCOによるゴルドベルグ変奏曲 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団のメンバーである、Annebeth Webb(ヴァイオリン), Jeroen Woudstra(ビオラ), Honorine Schaeffer(チェロ)からなるカメラータRCO(弦楽三重奏団)によるゴルドベルグが登場。 ローチケHMV|2017年10月21日(土)
  • 【LP】ジャンドロン バッハ:無伴奏チェロ組曲3LP限定BOX 仏の名チェリスト、モーリス・ジャンドロンによる1964年に録音のバッハ無伴奏チェロ組曲が180グラム重量盤アナログレコードの限定BOXで発売。 ローチケHMV|2017年7月24日(月)
  • 【入荷】加藤訓子 第4弾、マリンバ版バッハ! スコットランドのハイエンド・オーディオ・メーカー、LINNが技術の粋を結集させて作るアルバム第4弾は、バッハのソロ作品のなかから、加藤訓子自身の「この曲を弾きたい、聴きたい」という観点で選択し、マリンバ独奏のために編曲。 ローチケHMV|2017年5月22日(月)
  • シャイーのバッハ録音が7枚組ボックスに 世界最古の歴史を誇るゲヴァントハウス管弦楽団は、バッハと深いつながりを持つオーケストラでもあり、シャイーはその伝統を大切にして、『マタイ受難曲』やブランデンブルク協奏曲、クリスマス・オラトリオなどで高い評価を得ていました。 ローチケHMV|2017年4月28日(金)
  • 加藤訓子 第4弾、マリンバ版バッハ! スコットランドのハイエンド・オーディオ・メーカー、LINNが技術の粋を結集させて作るアルバム第4弾は、バッハのソロ作品のなかから、加藤訓子自身の「この曲を弾きたい、聴きたい」という観点で選択し、マリンバ独奏のために編曲。 ローチケHMV|2017年4月10日(月)

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品