LPレコード 輸入盤

無伴奏チェロ組曲全曲:モーリス・ジャンドロン(チェロ) (BOX仕様/3枚組/180グラム重量盤レコード)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
LP43070
組み枚数
:
3
レーベル
:
:
Korea
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明

・180 gram audiophile vinyl pressed by Pallas GmbH in Germany.
・Analogue mastering from the original master tapes of Universal Music
・Vinyl cutting & analogue mastering at Emil Berliner Studio.
・Original liner note by Derek Jole (English / French / German / Korean)
録音:1964年

収録曲   

ディスク   1

Side 1: 組曲第1番 ト長調, BWV 1007

  • 01. Prélude
  • 02. Allemande
  • 03. Courante
  • 04. Sarabande
  • 05. Menuets I-II
  • 06. Gigue

Side 2: 組曲第2番 ニ短調, BWV 1008

  • 07. Prélude
  • 08. Allemande
  • 09. Courante
  • 10. Sarabande
  • 11. Menuets I-II
  • 12. Gigue

ディスク   2

Side 1: 組曲第3番 ハ長調, BWV 1009

  • 01. Prélude
  • 02. Allemande
  • 03. Courante
  • 04. Sarabande
  • 05. Bourrees I-II
  • 06. Gigue

Side 2: 組曲第4番 変ホ長調, BWV 1010

  • 07. Prélude
  • 08. Allemande
  • 09. Courante
  • 10. Sarabande
  • 11. Bourrees I-II
  • 12. Gigue

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
10
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
何とも流麗で艶やかなバッハである。粋で華...

投稿日:2014/04/07 (月)

何とも流麗で艶やかなバッハである。粋で華やか、パッと花が咲いたかのような艶やかさにあふれている。チェロの音色から色気を感じるというのは凄いことだ。バッハが辛気臭い、無伴奏チェロなどまっぴらだと思っている人に是非聴いてもらいたい。きっと「目から鱗」になること請け合いだ。こんなに耳に愉悦を与えてくれる無伴奏チェロはそうそうないですよ。

greyfalcon さん | 福岡県 | 不明

1
★
★
★
★
★
視界がひらけたような演奏。さっきから香の...

投稿日:2012/03/09 (金)

視界がひらけたような演奏。さっきから香のたつ紅茶をいれて聴き出していると、鬱もはれて、不思議に雨さえもが風情かと感じられてしまっています。艶のあるオトには、時に眠くなりがちなバッハさえも愉悦な爽快感があふれてすばらしい。やや変でしょうが、バッハは最初から難しいなぁと、如実に感じられるところです。皆様のおかげでマイ特選盤がまたひとつ増えました。

レオブルー さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
★
みなさんお書きになっている通り、これはこ...

投稿日:2012/01/26 (木)

みなさんお書きになっている通り、これはこの曲の最も美しい演奏です。演奏技術というものは時代と共に進化するもので、この曲も今では若手の奏者が軽々と演奏しても不思議でないのかも知れません。しかしこれ程香り高く高貴な演奏というものは技術だけで成し遂げられるものではない事を、まざまざと提示している録音です。かつてチェロを弾いていた友人が、おそらく彼の宝物のひとつであったはずのこのLPを、私の誕生日にプレゼントしてくれたのでしたが、それは未だに素晴らしい思い出になっております。この曲を初めて聴く方への、あるいは大切な日のプレゼントとしても、ぜひお勧めしたいと思います。

Nokton さん | 埼玉県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連する商品情報

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品