CD 輸入盤

無伴奏チェロ組曲全曲、ほか シュタルケル(Vc)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
432756
組み枚数
:
2
レーベル
:
フォーマット
:
CD

商品説明

J.S.バッハ:
・無伴奏チェロ組曲全曲(第1〜6番)
・チェロ・ソナタ第1番、第2番(※)

 ヤーノシュ・シュタルケル(チェロ)
 ジェルジ・シェベック(※:ピアノ)

 録音:1963年、1965年(ステレオ)

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Johann Sebastian Bach (1685 - 1750)
    Suite for Cello solo no 1 in G major, BWV 1007
    演奏者 :
    Starker, Janos (Cello)
    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : Baroque
    • 形式 : Suite
    • 作曲/編集場所 : circa 1720, Cothen, Germany
    • 言語 :
    • 時間 : :
    • 録音場所 : , [Live]
  • Johann Sebastian Bach (1685 - 1750)
    Suite for Cello solo no 2 in D minor, BWV 1008
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : Baroque
    • 形式 : Suite
    • 作曲/編集場所 : circa 1720, Cothen, Germany
    • 言語 :
    • 時間 : :
    • 録音場所 : , [Live]

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
シュタルケルはバカテクなので、どんなパッ...

投稿日:2014/04/07 (月)

シュタルケルはバカテクなので、どんなパッセージでも軽々と弾けてしまう。スイスイさらりと弾かれると深みがないというか、有り難みがないように感じるものである。で、若い頃は「テクだけで中味がない」と散々けなされたのであった。ではどうなのか?ここには爽やかなロマンが香る青春のバッハがある。シュタルケルは旋律を粘らせることはないが、しなやかに歌うので独特の爽快さが生まれてくる。晦渋さのない清々しいバッハ、これはこれで十分に魅力的ではないか。

greyfalcon さん | 福岡県 | 不明

0
★
★
★
★
★
素晴らしい演奏です。地味ながらも名盤と言...

投稿日:2010/10/26 (火)

素晴らしい演奏です。地味ながらも名盤と言われ続ける理由がすぐに解ります。特に6番は私の中でベストです。LPで聴いてみたいものです。

NARI さん | 東京都 | 不明

2
★
★
★
★
★
 優れた録音で、いま聴いても音の瑞々しさ...

投稿日:2010/08/16 (月)

 優れた録音で、いま聴いても音の瑞々しさに驚かされる。シュタルケルは少なくとも全曲を2回録音しているが、これはたぶんその初回だろう。若々しく覇気があり、軽々と弾き切る爽快さと小気味よいテンポ、技術的完成度の高さで圧倒される。チェロ本来の重厚さも生きていて、軽薄な印象は微塵もない。おまけのソナタ2曲も秀逸(1曲欠けているのがおしい)。

おっさん さん | 神奈川県 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連する商品情報

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品