バッハ(1685-1750)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

CD 輸入盤

平均律クラヴィーア曲集第2巻 グルダ(2CD)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4465482
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

J.S.バッハ:
・平均律クラヴィーア曲集 第2巻 BWV870-893(全曲)
 フリードリヒ・グルダ(ピアノ)
 録音:1973年5月 ドイツ

すべての長調と短調で書かれた24の前奏曲とフーガから成る、平均律という調律法のあらゆる面での可能性を追及したバッハ畢生の大作《平均律クラヴィーア曲集》の第2巻は、様々な時期の作品を集大成したものと伝えられています。「偉大な作曲家に対して尊敬と愛情をもってベストを尽くした」と自ら語るグルダが、現代楽器であるピアノを用いて正攻法で取り組んだ演奏です。

収録曲   

クラシック曲目

  • Johann Sebastian Bach (1685 - 1750)
    Well-Tempered Clavier, Book 2, BWV 870-893
    演奏者 :
    Gulda, Friedrich (Piano)
    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : Baroque
    • 形式 : Fugue / Prelude
    • 作曲/編集場所 : 1738-1742, Leipzig, Germany
    • 言語 :
    • 時間 : :
    • 録音場所 : , [Studio]

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
9
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
3
★
★
☆
☆
☆
 
3
★
☆
☆
☆
☆
 
4
★
★
★
★
★
第1巻に記したのと同様に、モダン・ピアノ...

投稿日:2011/06/02 (木)

第1巻に記したのと同様に、モダン・ピアノによる古典派・ロマン派的な平均律全曲として、リヒテルと同等かそれ以上の名盤と言えると思います。平均律第2巻は、バロックから前古典派に向かう近代的色彩を有する音楽と、一方で数百年に及ぶ多声音楽の歴史を体現したような音楽が混在している訳ですが、当然のことながらGuldaの演奏は前者のような曲においては、鮮やかな適合性を示し見事です。複雑な対位法を駆使した曲(第22番を始めとして)においても、さすがにテクニックにおいてこれ以上無い程のレベルだけに、声部の弾き分けは確信的で乱れは全く見られません。ただいくつかの曲において、やや単調な印象に陥ることが多いのは、おそらく複数声部の意味付けが曖昧になってしまうからでしょうが、これが十分で感動的なレベルの第2巻の演奏はわずかしか知りません。平均律第2巻の難曲である所以の一つで、これ以上の演奏が無い訳ではありませんが、Guldaの演奏もモダン・ピアノによる超一流のものであることは間違いないと思います。歴史に残るピアノの巨匠が、全身全霊で真摯に取組んだ平均律として、後世に残るものではないでしょうか。個人的に自分の愛聴盤ではありませんが、第1巻同様古典派以降の音楽を主に鑑賞される方には大いにお薦めできると思います。

mimi さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
★
20以上平均律を所有してますが、間違いなく...

投稿日:2009/02/22 (日)

20以上平均律を所有してますが、間違いなくトップ3に入る演奏。 LP初出時の音質と比べて貧弱なのがちょっと残念。

うなぎ煎餅 さん | 横浜 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
グルダのジャズを好む人は、この演奏も好む...

投稿日:2009/02/14 (土)

グルダのジャズを好む人は、この演奏も好むようだ。グルダのジャズを好まない人は、この演奏も好まないそうだ。そういう傾向があるそうだ。そういう演奏なのだろう。参考にしてくださいな。評価は中立にしておきます。

VD2009 さん | 神奈川県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連する商品・チケット情報

  • 【LP】 カメラータRCOによるゴルドベルグ変奏曲 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団のメンバーである、Annebeth Webb(ヴァイオリン), Jeroen Woudstra(ビオラ), Honorine Schaeffer(チェロ)からなるカメラータRCO(弦楽三重奏団)によるゴルドベルグが登場。 ローチケHMV|2017年10月21日(土)
  • 【LP】ジャンドロン バッハ:無伴奏チェロ組曲3LP限定BOX 仏の名チェリスト、モーリス・ジャンドロンによる1964年に録音のバッハ無伴奏チェロ組曲が180グラム重量盤アナログレコードの限定BOXで発売。 ローチケHMV|2017年7月24日(月)
  • 【入荷】加藤訓子 第4弾、マリンバ版バッハ! スコットランドのハイエンド・オーディオ・メーカー、LINNが技術の粋を結集させて作るアルバム第4弾は、バッハのソロ作品のなかから、加藤訓子自身の「この曲を弾きたい、聴きたい」という観点で選択し、マリンバ独奏のために編曲。 ローチケHMV|2017年5月22日(月)
  • シャイーのバッハ録音が7枚組ボックスに 世界最古の歴史を誇るゲヴァントハウス管弦楽団は、バッハと深いつながりを持つオーケストラでもあり、シャイーはその伝統を大切にして、『マタイ受難曲』やブランデンブルク協奏曲、クリスマス・オラトリオなどで高い評価を得ていました。 ローチケHMV|2017年4月28日(金)
  • 加藤訓子 第4弾、マリンバ版バッハ! スコットランドのハイエンド・オーディオ・メーカー、LINNが技術の粋を結集させて作るアルバム第4弾は、バッハのソロ作品のなかから、加藤訓子自身の「この曲を弾きたい、聴きたい」という観点で選択し、マリンバ独奏のために編曲。 ローチケHMV|2017年4月10日(月)
  • 【LP】ヤニグロの無伴奏チェロ組曲全曲 ドイツのエミール・ベルリナー・スタジオで、ウェストミンスターオリジナルのマスターを使用してマスタリング、ドイツのパラス社でプレスした180グラムの重量盤が韓国ユニバーサルから登場。 ローチケHMV|2017年4月8日(土)

古楽 に関連する商品・チケット情報

  • DHM 100グレート・レコーディングス(100CD) 収録内容は、コレギウム・アウレウムの『フーガの技法』から、ラ・フロリディアーナのマルティネスのチェンバロ協奏曲&カンタータまで幅広く、ひとくちに古楽といってもその音楽は実際には非常に多種多様であることを痛感させてくれる内容となっています。 ローチケHMV|20時間前
  • テンペスタ・ディ・マーレ/ヤニチュ:室内ソナタ集 フィラデルフィアを拠点とするバロック・オーケストラ&チェンバー・プレイヤーズ「テンペスタ・ディ・マーレ」。サラ・レヴィ・コレクションからテンペスタ・ディ・マーレによって再発見される音楽は、18世紀ドイツ・バロックの音楽家、ヨハン・ゴットリープ・ヤニチュの室内ソナタ(ソナタ・ダ・カメラ/四重奏曲)集。 ローチケHMV|2日前
  • オーステン/バッハ:オルガン作品集 フランス・ロマン派オルガン音楽の録音で数々の賞を受賞したベン・ヴァン・オーステンが、28歳の時に録音したバッハ:オルガン作品集がCD化。 ローチケHMV|5日前
  • 【入荷】リヒター/バッハ:4大宗教曲集、他(11CD+BDオーディオ+4DVD) カール・リヒターによるバッハ:マタイ受難曲(1958)、ヨハネ受難曲、クリスマス・オラトリオ、ミサ曲ロ短調(1961)を新規リマスタリングし、CD11枚、BDオーディオ1枚に収録。また、マタイ受難曲、ヨハネ受難曲、ミサ曲ロ短調のDVDも収録した豪華セットです。 ローチケHMV|7日前
  • ドロテー・ミールズ/モンテヴェルディ:アリア、マドリガル集 その類稀な美声と明解なディクションで、ドイツ・ハルモニア・ムンディにはなくてはならないソプラノ歌手ドロテー・ミールズの新録音は、今年(2017年)生誕450年をむかえたモンテヴェルディによる名アリア集! ローチケHMV|7日前
  • ザンクト・ペルテン大聖堂聖歌隊/バッハ:カンタータ第4番、ミサ曲ト短調、他 オーストリアの都市ザンクト・ペルテンの観光名所ともなっている大聖堂の聖歌隊、ザンクト・ペルテン大聖堂聖歌隊(聖ペルテン・ドムカントライ)によるバッハのライヴ録音。 ローチケHMV|2017年11月13日(月)

おすすめの商品