SACD 輸入盤

ヴァイオリン協奏曲集 ヒラリー・ハーン、カハーン&ロサンジェルス室内管弦楽団

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4746392
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明

ヒラリー・ハーンバッハ:ヴァイオリン協奏曲集

 このアルバムを聴きながら、
 みなさんもゆっくりした楽章では旋律を口ずさみ、
 速い楽章では爪先で床を鳴らし、
 曲にあわせて踊っていただけたら幸いです。
 どうぞ、私たちとご一緒に!
 きっとバッハも喜ぶと思います。
  ヒラリー・ハーン(ライナ・ノーツより)

バッハは彼女にとってもっとも共感を持つ作曲家のひとりで、ソニーでのデビュー・アルバムもバッハのソロ作品を集めたものでした。彼女自身「バッハは私にとって特別なもので、ちゃんとした演奏を続けていくための試金石のような存在です」と語っており、ドイツ・グラモフォン・レーベルでのデビュー盤となるこのアルバムでもバッハを取り上げることとなりました。
 共演の指揮者、ジェフリー・カハーンは1956年にロサンジェルスに生まれた人物で、ピアニストとして1983年のルービンシュタイン・コンクールで優勝しますが、1988年からは指揮者としても活躍、ロサンジェルス室内管弦楽団とは1997年から共演し、2001年に音楽監督のポストに着任しています。
 2台のヴァイオリンのための協奏曲で共演しているヴァイオリニスト、マーガレット・バトヤーはロサンジェルス室内管弦楽団のコンサート・ミストレスで、ヴァイオリンとオーボエのための協奏曲で共演しているアラン・フォーゲルはロサンジェルス室内管弦楽団の首席オーボエ奏者。
 ロサンジェルス室内管弦楽団(LACO)は、1968年に創設された約40名から成る二管編成のオーケストラで、ネヴィル・マリナーやアイオナ・ブラウン、ジェラード・シュウォーツ、クリストフ・ペリックといった指揮者に鍛えられ、非常に水準の高い演奏をおこなうことでも知られています。レパートリーはバロック音楽から現代音楽まで幅広く、専属作曲家にユリ・ケインを置くあたりに好奇心旺盛な楽団の運営方針があらわれているようにも思えます。

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ [1685-1750]
・ヴァイオリン協奏曲第1番 イ短調 BWV1041
・ヴァイオリン協奏曲第2番 ホ長調 BWV1042
・2台のヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV1043(*)
・ヴァイオリンとオーボエのための協奏曲 ハ短調 BWV1060(+)

 ヒラリー・ハーン(ヴァイオリン)
 マーガレット・バトヤー(ヴァイオリン(*))
 アラン・フォーゲル(オーボエ(+))
 ロサンジェルス室内管弦楽団
 ジェフリー・カハーン(指揮)

 収録時期:2002年10月(BWV1042,1043)、2003年1月(BWV1041,1060)
 収録場所:ロサンジェルス、ハーバート・ジッパー・コンサート・ホール
 収録方式:4Dオーディオ・レコーディング
 プロデューサー:マーティン・エングシュトローム
 プロデューサー:トマス・フロスト
 エンジニア:トム・ラザルス

【ヒラリー・ハーン・プロフィール】
1979年、ヴァージニア州レキシントンの生まれ。3歳でボルティモアに転居してヴァイオリンを習い始めたヒラリーは、6才の時に初めて公開で演奏し、10歳でフィラデルフィアのカーティス音楽院に入学。その1年半後にはボルティモア交響楽団との共演でオーケストラ・デビューを果たし、その後フィラデルフィア管弦楽団、クリーヴランド管弦楽団、ニューヨーク・フィルハーモニック、ピッツバーグ交響楽団と共演。マゼール指揮バイエルン放送交響楽団との演奏はラジオ、テレビでヨーロッパ中に放送・放映。ヒラリー・ハーンのレコードは数々の国際的な賞を受賞。今回のバッハのディスクは、2002年に専属契約を結んだドイツ・グラモフォンでの初の録音。

収録曲   

  • 01. Concerto for Violin no 2 in E major, BWV 1042
  • 02. Concerto for Violin no 2 in E major, BWV 1042
  • 03. Concerto for Violin no 2 in E major, BWV 1042
  • 04. Concerto for 2 Violins in D minor, BWV 1043
  • 05. Concerto for 2 Violins in D minor, BWV 1043
  • 06. Concerto for 2 Violins in D minor, BWV 1043
  • 07. Concerto for Violin no 1 in A minor, BWV 1041
  • 08. Concerto for Violin no 1 in A minor, BWV 1041
  • 09. Concerto for Violin no 1 in A minor, BWV 1041
  • 10. Concerto for Oboe and Violin in C minor, BWV 1060
  • 11. Concerto for Oboe and Violin in C minor, BWV 1060
  • 12. Concerto for Oboe and Violin in C minor, BWV 1060

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
「若さ+自信=爽快」 バッハ演奏に新たな...

投稿日:2012/02/23 (木)

「若さ+自信=爽快」 バッハ演奏に新たな魅力を付け加えてくれた。歴代の名盤たちの「経験+自信=品格」も,勿論素晴らしいが,それらに勝るとも劣らない魅力を湛えている。バッハの音楽は懐深い…。その中で気持ちよく楽しみながら自身を発散する奏者の姿が目に浮かび(ほんと,まるで目の前で弾いてくれているよう…!),とにかく心地よいアルバム。

masato さん | 新潟県 | 不明

1
★
★
★
★
☆
ヴァイオリン協奏曲2つと2つのヴァイオリ...

投稿日:2008/09/02 (火)

ヴァイオリン協奏曲2つと2つのヴァイオリンのための協奏曲は、スタンデイジ、ピノック、イングリッシュ・コンサート( 古楽器)のものと比較すると、予想通り、ハーンの方はヴァイオリンの響きが大きく、中低音の響きも大きい。オーボエとヴァイオリンの二重協奏曲はウェステルマン、ウティガー、カメラータ・ケルンのものと比較すると主役がオーボエとオーボエとヴァイオリンの互角(ハーンの方)の違いがあるが、両者とも聴ける。現代楽器ならハーンのものもなかなか良い。

Johannes さん | 埼玉県 | 不明

1
★
★
★
★
☆
わが娘と同年のヒラリー・ハーンのバッハ/...

投稿日:2008/08/10 (日)

わが娘と同年のヒラリー・ハーンのバッハ/ヴァイオリン協奏曲は冷徹なリズム感に支えられ思わず調子をとりたくなるようなテンポの速い両端楽章に挟まれた緩徐章の詠わせぶりが面白いです(意図的な対照は方向性としては容認します)。バックのLCOも北米系ながら彼女の透明感を上手くサポートしていますが、元々そんなに深く意味付けすることも要らないバッハ・コンチェルトでこのハーンのような演奏が現代の演奏なのかと悟る次第。一方D.オイストラフのかってのこれもDGG盤第2番中間楽章の濃いロマンス性が忘れられない私であります。

一人のクラシックオールドファン さん | 芦屋 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連する商品・チケット情報

  • 【在庫特価】ギル・シャハム/バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ全曲 名手シャハムは30年以上もこの作品を研究し、10年間に渡り演奏会でとりあげたうえで、録音にはセッションで臨みました。 ローチケHMV|6日前
  • 【LP】ジャンドロン バッハ:無伴奏チェロ組曲3LP限定BOX 仏の名チェリスト、モーリス・ジャンドロンによる1964年に録音のバッハ無伴奏チェロ組曲が180グラム重量盤アナログレコードの限定BOXで発売。 ローチケHMV|2017年7月24日(月)
  • 【入荷】加藤訓子 第4弾、マリンバ版バッハ! スコットランドのハイエンド・オーディオ・メーカー、LINNが技術の粋を結集させて作るアルバム第4弾は、バッハのソロ作品のなかから、加藤訓子自身の「この曲を弾きたい、聴きたい」という観点で選択し、マリンバ独奏のために編曲。 ローチケHMV|2017年5月22日(月)
  • シャイーのバッハ録音が7枚組ボックスに 世界最古の歴史を誇るゲヴァントハウス管弦楽団は、バッハと深いつながりを持つオーケストラでもあり、シャイーはその伝統を大切にして、『マタイ受難曲』やブランデンブルク協奏曲、クリスマス・オラトリオなどで高い評価を得ていました。 ローチケHMV|2017年4月28日(金)
  • 加藤訓子 第4弾、マリンバ版バッハ! スコットランドのハイエンド・オーディオ・メーカー、LINNが技術の粋を結集させて作るアルバム第4弾は、バッハのソロ作品のなかから、加藤訓子自身の「この曲を弾きたい、聴きたい」という観点で選択し、マリンバ独奏のために編曲。 ローチケHMV|2017年4月10日(月)
  • 【LP】ヤニグロの無伴奏チェロ組曲全曲 ドイツのエミール・ベルリナー・スタジオで、ウェストミンスターオリジナルのマスターを使用してマスタリング、ドイツのパラス社でプレスした180グラムの重量盤が韓国ユニバーサルから登場。 ローチケHMV|2017年4月8日(土)

古楽 に関連する商品・チケット情報

  • ザ・シティ・ミュージック/ロンドンのウェイツの音楽 16〜17世紀頃のヨーロッパの都市楽師職「ウェイツ」のレパートリーを探求するために作られた管楽器アンサンブルで、ドゥルシアン、コルネット、サックバット、ショーム、バグパイプなどの楽器を用い、活気あふれる17世紀ロンドンの町並みを再現。 ローチケHMV|3時間前
  • サヴァール&エスペリオンXXI/イザーク:作品集 サヴァールはこのアルバムで、イザークの生涯をたどるかたちで様々な楽曲を配し、イザークの魅力と、当時の時代の空気を私たちに伝えてくれます。 ローチケHMV|3日前
  • ガーディナー/バッハ:マニフィカトBWV243a、他 ガーディナーは1983年にマニフィカトのニ長調の稿BWV243を録音していますが、今回録音されたのは、1723年バッハがライプツィヒで過ごす最初のクリスマスに初演されたと記録されている変ホ長調のBWV243a。BWV243aはクリスマス用であるため、クリスマス賛歌4曲が挿入され、バッハの栄光のライプツィヒ時代の、最初のクリスマスを飾る作品となりました。 ローチケHMV|4日前
  • ミヒャエル・フォッレ/バッハ:バスのためのソロ・カンタータ集 ベルリン古楽アカデミーとミヒャエル・フォッレによるJ.S.バッハの『バスのためのソロ・カンタータ集』。ライプツィヒ時代にバッハが残した独唱カンタータの中でも傑作揃いのバスのためのカンタータ3曲です。 ローチケHMV|7日前
  • クリスティ&レザール・フロリサン/『イタリアの庭で』  バロックから古典にかけての名曲で構成された楽しい音楽劇。2016年10月、来日したクリスティ&レザール・フロリサン。この盤は同様の公演のメルボルンでのライヴを収録したものです。日本公演とほぼ同内容で、公演の感動がみずみずしく蘇ります。 ローチケHMV|2017年8月10日(木)
  • テレマン:トリオ・ソナタ、無伴奏ファンタジア、協奏曲集(3CD) Et'cetera創立35周年とテレマン没後250周年を記念したスペシャルBOX。3つのテレマンの名盤がお得なセットになって登場。 ローチケHMV|2017年8月10日(木)

おすすめの商品