CD 輸入盤

ヨハネ受難曲 マルク・ミンコフスキ&ルーヴル宮音楽隊(2CD)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
9029585405
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明



バッハ:ヨハネ受難曲
ミンコフスキ&ルーヴル宮音楽隊、オディニウス、イムラー、他


マルク・ミンコフスキのキャリアの基盤はバロック音楽にあり、ワーナー・クラシックス(エラート)とも長い関係を築いてきました。このヨハネ受難曲は、エラートへの最初のバッハ録音となります。ミンコフスキは、この録音にあたって8人の合唱と福音史家の合計9人の声楽によって、この作品のドラマ性を緻密に練り上げ、理想的な音楽に仕上げています。
 このバッハの偉大な傑作について「私は、1987年にヘレヴェッヘ指揮のヨハネ受難曲で、ファゴット奏者として参加しています。将来的に私はこの作品を指揮したいと思っていました。しかし、この作品は準備に細心の注意を払わなければならず、その旅は非常に長いものでした。それはエベレストや月から探検家が戻ってきたようなものでした」とミンコフスキは語っています。
 このアルバムでは、1724年の初演時の稿に準拠していますが、ミンコフスキはこのアリアがあまりに素晴しいため、1725年版にある2つのアリア(コラール・アリア「Himmel reisse, Welterbebe」、1725年版では第11曲のコラール「Wer hat dich so geschlagen(たれぞ汝をばかく打ちたるか)」の後に挿入された/テノールのアリア「Zerschmettert mich」、1725年版では第1部最後のコラールの前「Ach, mein Sinn」の代わりに置かれた)を補遺として、ディスク1の最後に収録いたしました。(輸入元情報)

【収録情報】
● J.S.バッハ:ヨハネ受難曲 BWV.245(1724年版)


 ローター・オディニウス(テノール/福音史家)
 クリスティアン・イムラー(バス/イエス)
 ディッテ・アンデルセン(ソプラノ)
 レネケ・ルイテン(ソプラノ)
 デルフィーヌ・ガルー(コントラルト)
 デイヴィッド・ハンセン(カウンターテナー)
 コリン・バルツァー(テノール)
 ヴァレリオ・コンタルド(テノール)
 フェリクス・シュペーア(バス)
 レ・ミュジシャン・デュ・ルーヴル=グルノーブル(ルーヴル宮音楽隊)
 マルク・ミンコフスキ(指揮)

 録音時期:2014年4月14-19日
 録音場所:リヨン、三位一体教会
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション&ライヴ)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. St John Passion, BWV 245, Part 1: No. 1 "Herr, Unser Herrscher" (Chorus)
  • 02. St John Passion, BWV 245, Part 1: No 2 "Jesus Ging Mit Seinen Jungern Jesus Antwortete" (Evangelist, Jesus, Chorus)
  • 03. St John Passion, BWV 245, Part 1: No. 3 "O Grosse Lieb" (Chorus)
  • 04. St John Passion, BWV 245, Part 1: No 4 "Auf Dass Das Wort Erfullet Wurde" (Evangelist, Jesus)
  • 05. St John Passion, BWV 245, Part 1: No. 5 "Dein Will Gescheh, Herr Gott, Zugleich" (Chorus)
  • 06. St John Passion, BWV 245, Part 1: No. 6 "Die Schar Aber Und Der Oberhauptmann" (Evangelist)
  • 07. St John Passion, BWV 245, Part 1: No 7 "Von Den Stricken Meiner Sunden" (Alto)
  • 08. St John Passion, BWV 245, Part 1: No. 8 "Simon Petrus Aber Folgete Jesu Nach" (Evangelist)
  • 09. St John Passion, BWV 245, Part 1: No. 9 "Ich Folge Dir Gleichfalls" (Soprano)
  • 10. St John Passion, BWV 245, Part 1: No 10 "Derselbige Junger War Dem Hohenpriester Bekannt" (Evangelist, Ancilla, Petrus, Jesus, Servus)
  • 11. St John Passion, BWV 245, Part 1: No. 11 "Wer Hat Dich So Geschlagen" (Chorus)
  • 12. St John Passion, BWV 245, Part 1: No. 12 "Und Hannas Sandte Ihn Gebunden... Er Leugnete Aber Und Sprach" (Evangelist, Petrus, Servus, Chorus)
  • 13. St John Passion, BWV 245, Part 1: No. 13 "Ach, Mein Sinn" (Tenor)
  • 14. St John Passion, BWV 245, Part 1: No 14 "Petrus, Der Nicht Denkt Zuruck" (Chorus)
  • 15. St John Passion, BWV 245, Part 1: No. 11 Bis "Himmel Reisse, Welt Erbebe" (Bass, Chorus)
  • 16. St John Passion, BWV 245, Part 1: No 13 Bis: "Zerschmettert Mich, Ihr Felsen Und Ihr Hugel" (Tenor)

ディスク   2

  • 01. St John Passion, BWV 245, Part 2: No. 15 "Christus, Der Uns Selig Macht" (Chorus)
  • 02. St John Passion, BWV 245, Part 2: No 16 "Da Fuhreten Sie Jesum Auf Dass Erfullet Wurde Das Wort" (Evangelist, Pilatus, Jesus, Chorus)
  • 03. St John Passion, BWV 245, Part 2: No 17 "Ach Grosser Konig" (Chorus)
  • 04. St John Passion, BWV 245, Part 2: No 18 "Da Sprach Pilatus Zu Ihm Barrabas Aber War Ein Morder" (Evangelist, Pilatus, Jesus, Chorus)
  • 05. St John Passion, BWV 245, Part 2: No. 19 "Betrachte, Meine Seel" (Bass)
  • 06. St John Passion, BWV 245, Part 2: No 20 "Erwage, Wie Sein Blutgefarbter Rucken" (Tenor)
  • 07. St John Passion, BWV 245, Part 2: No 21 "Und Die Kriegsknechte Flochten Eine Krone Da Pilatus Das Wort Horete" (Evangelist, Pilatus, Jesus, Chorus)
  • 08. St John Passion, BWV 245, Part 2: No 22 "Durch Dein Gefangnis, Gottes Sohn" (Chorus)
  • 09. St John Passion, BWV 245, Part 2: No 23 "Die Juden Aber Schrieen Und Sprachen Da Uberantwortete Er Ihn" (Evangelist, Pilatus, Chorus)
  • 10. St John Passion, BWV 245, Part 2: No. 24 "Eilt, Ihr Angefochtnen Seelen" (Bass)
  • 11. St John Passion, BWV 245, Part 2: No. 25 "Allda Kreuzigten Sie Ihn... Pilatus Antwortet" (Evangelist, Pilatus, Chorus)
  • 12. St John Passion, BWV 245, Part 2: No. 26 "In Meines Herzens Grunde" (Chorus)
  • 13. St John Passion, BWV 245, Part 2: No 27 "Die Kriegsknechte Aber Auf Dass Erfullet Wurde Die Schrift" (Evangelist, Jesus, Chorus)
  • 14. St John Passion, BWV 245, Part 2: No. 28 "Er Nahm Alles Wohl in Acht" (Chorus)
  • 15. St John Passion, BWV 245, Part 2: No 29 "Und Von Stund An Nahm Sie Der Junger Zu Sich" (Evangelist, Jesus)
  • 16. St John Passion, BWV 245, Part 2: No. 30 "Es Ist Vollbracht" (Alto)
  • 17. St John Passion, BWV 245, Part 2: No. 31 "Und Neiget Das Haupt" (Evangelist)
  • 18. St John Passion, BWV 245, Part 2: No. 32 "Mein Teurer Heiland, Lass Dich Fragen" (Bass, Chorus)
  • 19. St John Passion, BWV 245, Part 2: No. 33 "Und Siehe Da, Der Vorhang Im Tempel Zerriss" (Evangelist)
  • 20. St John Passion, BWV 245, Part 2: No. 34 "Mein Herz, in Dem Die Ganze Welt" (Tenor)
  • 21. St John Passion, BWV 245, Part 2: No. 35 "Zerfliesse, Mein Herze" (Soprano)
  • 22. St John Passion, BWV 245, Part 2: No 36 "Die Juden Aber, Dieweil Es Der Rusttag War" (Evangelist)
  • 23. St John Passion, BWV 245, Part 2: No. 37 "O Hilf, Christe, Gottes Sohn" (Chorus)
  • 24. St John Passion, BWV 245, Part 2: No. 38 "Darnach Bat Pilatum Joseph Von Arimathia" (Evangelist)
  • 25. St John Passion, BWV 245, Part 2: No. 39 "Ruht Wohl, Ihr Heiligen Gebeine" (Chorus)
  • 26. St John Passion, BWV 245, Part 2: No. 40 "Ach Herr, Lass Dein Lieb Engelein" (Chorus)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
2014年秋(でしたか)に発売予告され、すぐ...

投稿日:2017/10/13 (金)

2014年秋(でしたか)に発売予告され、すぐ予約したものの、繰り返す発売日延期の末に、いったん発売中止の告知までされてたMinkowskiのヨハネ受難曲が、3年経ってようやく陽の目をみました。すったもんだの事情がなんだったのか、一切説明が無いので判りませんが、ミサ曲ロ短調で、粗削りながら非常に新鮮な演奏であっただけに、聴けるようになったのは喜ばしい限りです。演奏は基本的に全集版に依拠しており、ロ短調ミサの時もそうであったように(あの時は歌手10人でした)、OVPPに準じながら、各パート二人まで許容して、コラールや群衆合唱などはかなり声部に厚みを持たせており、数年前に出たHaller/La Chapelle Rhenane、Pierlot/Richercar Consortなどとほぼ、同じ方式です。Minkowskiは特にHallerと同様、かなり群衆合唱の効果を重んじているようで、正直、OVPPとはほぼ言えない位の補強をしているようにも感じられます(同じフランスだからでしょうか?)。実は演奏の方向性もHaller盤と同一のようで、徹底的に劇性を第一にして、特にヨハネで特徴的な群衆合唱の連続を山として、非常に激しいテンポ変動、強弱、リズムの煽りを持って、ヨハネに多く含まれる狂奔とも言える場面を強調していきます。当然の事ながら、EvangelistやJesusの言葉の静的な部分は影を潜め、群衆の狂奔に対抗するかのような感情的な語りが前面です。こうしたヨハネは、もちろんOVPP以前からも多くあったし、それを好まれる聴者も多いようですが、一方であくまで聖句の性格と内容を伝えることに専心した静的なヨハネ受難曲(それはとりもなおさずヨハネ福音書の本質でもある)の美しさと感動は、到底望むべくもありません。音楽的にみても、群衆合唱で多用されるフーガ形式を中心とした、多声的構築が全く表出されず、すべてがまるで一部のハードロックのような勢いだけの音楽になってしまっており、同じOVPP(各パート一人だった!)によるKuijken盤の、全く外見上の激しさはなくとも、まるでまるでルネサンス時代のマドリガーレのように精緻で美しい群衆合唱(そこにあるのはただただ聖句のテキストに内在する秘められた激しさのみ!)とはあまりにレベルが違いすぎます。もちろん他の部分においても、独唱、合唱、器楽演奏すべて、部分的に美しさはあっても、全く縦の線の揃わない、Bach音楽構造の再現が二の次の粗い演奏です。マタイと並ぶBachの西洋音楽史上の遺産としてのヨハネ受難曲の真価には、少なくともまだ遠く及ばないのではないのでしょうか。「ヨハネ受難曲」にあくまで劇性のみを求める方向きの演奏かと思われます。

mimi さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
期待して聴いてみたいと思います。ヨハネ受...

投稿日:2014/08/15 (金)

期待して聴いてみたいと思います。ヨハネ受難曲の終曲の美しさはいかばかりかしら?

clara さん | 愛知県 | 不明

6

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連する商品情報

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品