CD 輸入盤

マタイ受難曲 マクリーシュ指揮ガブリエリ・コンソート&プレイヤーズ

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
474200
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

商品説明


デンマークのロスキレ大聖堂に響き渡る少数精鋭でのマタイ受難曲
マクリーシュ&ガブリエリ・コンソート&プレイヤーズ


世界遺産としても知られるデンマークのロスキレ大聖堂でセッション録音された合唱団を用いないユニークなスタイルによる「マタイ受難曲」。かつて同様のスタイルを採用した『ロ短調ミサ』で世を驚かせた音楽学者、ジョシュア・リフキンのアイデアによるコーラスレスの演奏スタイルは、8人の独唱者が2組の合唱を1声部1名で担当するというものでしたが、ここでもその方法に準拠、オーケストラの人数も最小限にとどめ、贅肉を削ぎ落としたスリムな編成と淀みのない流麗なテンポ設定でCD2枚に全曲が収録されています。
 エヴァンゲリストのスペシャリスト、マーク・パドモアをはじめとする少数精鋭による緊密なアンサンブルが大聖堂の美しい響きを得て織りなす清浄かつ透明な世界は、大人数の合唱団を用いた通常の『マタイ受難曲』とはまるで雰囲気が異なります。録音もたいへんに優れており、単にユニークな試みというだけにとどまらない優れた内容が印象的です。

【マクリーシュ&ガブリエリ・コンソート】
イギリスの古楽指揮者ポール・マクリーシュは、1960年ロンドンの生まれ。最初、チェロを学びますが、マンチェスター大学在学中に古楽に覚醒、1982年にガブリエリ・コンソート&プレイヤーズを結成します。
 「ガブリエリ・コンソート」は室内合唱団、「ガブリエリ・プレイヤーズ」は古楽器アンサンブルで、ガブリエリやモンテヴェルディなど、ルネッサンスとバロックの演奏活動で声望を高め、1989年にはカリッシミの作品集により、イギリスのメリディアン・レーベルよりCDデビューしています。
 そして翌1990年、ヴァージン・クラシックスからリリースされた「ヴェネツィアの戴冠」では、荘厳な美しさに満たされた独特の空間構築が各国で話題となりました。
 その後、1993年には、モンテヴェルディやカヴァッリ、マリーニなどの作品を集めたアルバム「ヴェネツィアの晩課」が英グラモフォン賞を受賞して大きな注目を集め、2002年には、この『マタイ受難曲』での各パート1人に切りつめた合唱でさらに知名度が高まることとなります。(HMV)

【収録情報】
● バッハ:『マタイ受難曲』BWV.244

 マーク・パドモア(福音史家)
 ピーター・ハーヴェイ(イエス)
 デボラ・ヨーク(S)
 ジュリア・グッディング(S)
 マグダレーナ・コジェナー(M)
 スーザン・ビックリー(M)
 ジェイムズ・ギルクリスト(T)
 シュテファン・ローゲス(B)

 ガブリエリ・コンソート
 ガブリエリ・プレイヤーズ
 ポール・マクリーシュ(指揮)

 録音時期:2002年4月
 録音場所:デンマーク、ロスキレ大聖堂
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Part 1. 1. Chorus. Kommt, ihr Tテカchter, helft mir klagen / Choral. O Lamm Gottes, unschuldig
  • 02. Part 1. 2. Evangelista. Da Jesus diese Rede vollendet hatte
  • 03. Part 1. 3. Choral. Herzliebster Jesu, was hast du verbrochen
  • 04. Part 1. 4. Evangelista. Da versammleten sich die Hohenpriester
  • 05. Part 1. 5. Recitativo. Du lieber Heiland du
  • 06. Part 1. 6. Aria. Buテ・und Reu
  • 07. Part 1. 7. Evangelista. Da ging hin der Zwテカlfen einer
  • 08. Part 1. 8. Aria. Blute nur, du liebes Herz!
  • 09. Part 1. 9. Evangelista. Aber am ersten Tage der sテシテ歹n Brot
  • 10. Part 1. 10. Choral. Ich bin's, ich sollte bテシテ歹n
  • 11. Part 1. 11. Evangelista. Er antwortete und sprach
  • 12. Part 1. 12. Recitativo. Wiewohl mein Herz in Trテ、nen schwimmt
  • 13. Part 1. 13. Aria. Ich will dir mein Herze schenken
  • 14. Part 1. 14. Evangelista. Und da sie den Lobgesang gesprochen hatten
  • 15. Part 1. 15. Choral. Erkenne mich, mein Hテシter
  • 16. Part 1. 16. Evangelista. Petrus aber antwortete und sprach zu ihm
  • 17. Part 1. 17. Choral. Ich will hier bei dir stehen
  • 18. Part 1. 18. Evangelista. Da kam Jesus mit ihnen zu einem Hofe
  • 19. Part 1. 19. Recitativo. O Schmerz! Hier zittert das gequテ、lte Herz
  • 20. Part 1. 20. Aria. Ich will bei meinem Jesu wachen
  • 21. Part 1. 21. Evangelista. Und ging hin ein wenig
  • 22. Part 1. 22. Recitativo. Der Heiland fテ、llt vor seinem Vater nieder
  • 23. Part 1. 23. Aria. Gerne will ich mich bequemen
  • 24. Part 1. 24. Evangelista. Und er kam zu seinen Jテシngern
  • 25. Part 1. 25. Choral. Was mein Gott will, das g'scheh allzeit
  • 26. Part 1. 26. Evangelista. Und er kam und fand sie aber schlafend
  • 27. Part 1. 27a. Aria. So ist mein Jesus nun gefangen / 27b. Chorus. Sind Blitze, sind Donner in Wolken
  • 28. Part 1. 28. Evangelista. Und siehe, einer aus denen, die mit Jesu waren
  • 29. Part 1. 29. Choral. O Mensch, bewein dein Sテシnde groテ・
  • 30. Part 2. 30. Aria. Ach, nun ist mein Jesus hin!
  • 31. Part 2. 31. Evangelista. Die aber Jesum gegriffen hatten
  • 32. Part 2. 32. Choral. Mir hat die Welt trテシglich gericht'
  • 33. Part 2. 33. Evangelista. Und wiewohl viel falsche Zeugen herzutraten
  • 34. Part 2. 34. Recitativo. Mein Jesus schweigt zu falschen Lテシgen stille
  • 35. Part 2. 35. Aria. Geduld! Wenn mich falsche Zungen stechen

ディスク   2

  • 01. Part 2. 36. Evangelista. Und der Hohepriester antwortete
  • 02. Part 2. 37. Choral. Wer hat dich so geschlagen
  • 03. Part 2. 38. Evangelista. Petrus aber saテ・drauテ歹n im Palast
  • 04. Part 2. 39. Aria. Erbarme dich, mein Gott
  • 05. Part 2. 40. Choral. Bin ich gleich von dir gewichen
  • 06. Part 2. 41. Evangelista. Des Morgens aber hielten alle Hohepriester
  • 07. Part 2. 42. Aria. Gebt mir meinen Jesum wieder!
  • 08. Part 2. 43. Evangelista. Sie hielten aber einen Rat
  • 09. Part 2. 44. Choral. Befiehl du deine Wege
  • 10. Part 2. 45. Evangelista. Auf das Fest aber hatte der Landpfleger Gewohnheit
  • 11. Part 2. 46. Choral. Wie wunderbarlich ist doch diese Strafe!
  • 12. Part 2. 47. Evangelista. Der Landpfleger sagte
  • 13. Part 2. 48. Recitativo. Er hat uns allen wohlgetan
  • 14. Part 2. 50. Evangelista. Sie schrieen aber noch mehr
  • 15. Part 2. 51. Recitativo. Erbarm es Gott!
  • 16. Part 2. 52. Aria. Kテカnnen Trテ、nen meiner Wangen
  • 17. Part 2. 53. Evangelista. Da nahmen die Kriegsknechte
  • 18. Part 2. 54. Choral. O Haupt voll Blut und Wunden
  • 19. Part 2. 55. Evangelista. Und da sie ihn verspottet hatten
  • 20. Part 2. 56. Recitativo. Ja freilich will in uns das Fleisch und Blut
  • 21. Part 2. 57. Aria. Komm, sテシテ歹s Kreuz
  • 22. Part 2. 58. Evangelista. Und da sie an die Stテ、tte kamen
  • 23. Part 2. 60. Aria. Sehet, Jesus hat die Hand
  • 24. Part 2. 61. Evangelista. Und von der sechsten Stunde an
  • 25. Part 2. 62. Choral. Wenn ich einmal soll scheiden
  • 26. Part 2. 63. Evangelista. Und siene da, der Vorhang im Tempel zerriテ・
  • 27. Part 2. 64. Recitativo. Am Abend, da es kテシhle war
  • 28. Part 2. 65. Aria. Mache dich, mein Herze, rein
  • 29. Part 2. 66. Evangelista. Und Joseph nahm den leib
  • 30. Part 2. 67. Recitativo. Nun ist der Herr zur Ruh gebracht
  • 31. Part 2. 68. Chorus. Wir setzen uns mit Trテ、nen nieder

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
聞きはじまえるとテンポの速さに驚きます!...

投稿日:2011/07/19 (火)

聞きはじまえるとテンポの速さに驚きます!昔のレコードプレヤーだったら思わず回転の調整をしてしまうでしょう!しかしそのテンポの速さが、いかにも暗く重々しいこの曲にずんずん引き込んで行く力を生んでいるのです。 最小限に飾りをなくした清楚でスピーデイーな演奏はこの明らかに従来演奏されていたこの曲の別の良さを引き出して、構造的にも見晴らしの良い音楽を出現させています。僕のようにあまりにもこの曲の暗さに疲れてしまうような聴衆には実にぴったりの演奏です。いいんじゃないですかねこういう演奏も!初めてマタイを聞く方にはむしろぴったりかもしれません。もともと美しい曲ばかり集めた素晴らしい音楽なのですから、何も眉間にしわを寄せて思いっきり涙しながら聞かなくてもいいのじゃない?といわれているような気がします。

uso-800 さん | 神奈川県 | 不明

3
★
★
★
★
★
合唱部分も全て独唱者が歌う??きっと、力...

投稿日:2006/10/02 (月)

合唱部分も全て独唱者が歌う??きっと、力不足で小さくまとまった演奏なんだろうな、と聴き始めたら・・・。 最初の“Kommt,ihr Toechter”が歌われ始めた瞬間にノックアウトされた。 力不足どころか、その生々しくもクリアーに響く声の力に最後まで完全に心を奪われる。 それにしても、この8人の歌手陣の何とレヴェルの高いことか!!アンサンブル能力も抜群。 長大かつ「神聖な」マタイではないが、そういった外装材を全て剥ぎ取った構造体の本質が味わえる。

Deer さん | 埼玉県 | 不明

2
★
★
★
★
☆
さくさく進むテンポには、疑問を覚えてしま...

投稿日:2004/06/10 (木)

さくさく進むテンポには、疑問を覚えてしまうのだが、合唱、コラールのテキストがストレートに伝わってくるこの編成での演奏の意義は十分了解できる。しかし、快速で音楽の表情までを淡白にしてしまう、ロマン性の排除が、古楽のあるべき姿なのか、考えてしまう。ソプラノリピエーノだけを少年に歌わせる従来の編成よりずっと良いことは間違いないが。

林檎太郎 さん | 長野 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連する商品情報

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト