CD 輸入盤

ブランデンブルク協奏曲第1番〜第3番 シェルヘン&セント・ソリ管弦楽団

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
EZCD003
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

アインザッツ・レーベル
シェルヘン/ブランデンブルク協奏曲全集第1巻

WESTMINSTER盤以前のシェルヘン最初のブランデンブルク協奏曲全集で、LPでは全6曲を3枚組のバインダー・アルバムとして発売。フランスの名手たちとの共演は優雅で心地よく、全体的にゆったりとしたテンポをとり、各ソロ・パートが実に見事。仏Le Club Francois du Disque CFD034からの復刻。1954年録音。(アインザッツ)

【収録情報】
J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲
・第1番ヘ長調 BWV.1046
・第2番ヘ短調 BWV.1047
・第3番ト長調 BWV.1048
 セント・ソリ管弦楽団
 ヘルマン・シェルヘン(指揮)
 録音:1954年(モノラル)

アインザッツ・レーベル
『EINSATZ』は、LP時代に我々の耳を潤してくれたにもかかわらずCD時代に入り全く陽の目を見る機会を失った貴重音源を発掘し最良の音質で復刻を行なうレーベルです。 CD復刻の技術面は「ザンデンオーディオシステム」の山田和利氏が担当しております。特に海外で評価の高い山田氏の活動は、オーディオ誌『オーディオ・アミーゴ』で度々紹介されており、氏はイコライザー・カーブに着目し、独自の製品を開発をしていますが、当レーベルでもそれが駆使されております。(アインザッツ)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連する商品情報

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品