CD 輸入盤

フーガの技法 イゾワール(オルガン)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
LDV200
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


フランス・オルガン界の至宝、 アンドレ・イゾワールの名盤『フーガの技法』

イゾワールの名盤『バッハ:フーガの技法】がカタログつき特価CDで復活します。発売当時「真に音楽的で美しいフレージング、精確なアーティキュレーション」と絶賛された名盤。イゾワールは曲順にもこだわりを見せ、フーガの構造などを考慮しながら曲順を再構築。大きな流れが生まれ、一つのまとまりのある傑作として『フーガの技法』を再提示しています。
 アンドレ・イゾワールはフランス生まれ。セザール・フランク音楽学校にてオルガンをエドゥアール・スーベルビエルに、ピアノをジェルメーヌ・ムニエに師事しました。1965年にセント・アルバンス国際オルガン・コンクール(イギリス)で第1位、1966、67、68年には3年連続でハーレム国際オルガン・コンクール(オランダ)で優勝。録音は約60にのぼり、フランス共和国大統領賞も獲得しています。パリのサン=ジェルマン・デ・プレ教会の名誉オルガニストであります。イゾワールの素晴らしい演奏は、オルガン・ビルディングに対する深い知識にも支えられており、演奏技術のみならずストップ操作も常に抜群のセンスが光っています。
 なお、付属のレーベル・カタログには日本語の表記も記載されています。(キングインターナショナル)

【収録情報】
● J.S.バッハ:フーガの技法 BWV.1080


 アンドレ・イゾワール(オルガン/ゲルハルト・グレンツィング製)

 録音時期:1999年
 録音場所:フランス、ペリゴール、サン=シプリアン教会
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連する商品情報

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品