CD 輸入盤

パルティータ全曲 アシュケナージ(2CD)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4782163
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

アシュケナージ待望のバッハ第2弾!
6つのパルティータ全曲
2枚組・特別価格!


2005年録音の『平均律クラヴィーア曲集』から5年を経て、アシュケナージが遂にパルティータ全曲を録音しました。昨今指揮活動の比重が多いアシュケナージ。録音面でも指揮者としてのものが数多くリリースされていますが、ピアニストとしての人気はやはり不動のものがあり、バッハ録音第1弾となった前作『平均律』でも非常に高い評価を得ています。今回のパルティータ集には、多種多様な音楽活動の後に築き上げられた円熟の音楽性が息づいています。(ユニバーサルIMS)

【収録情報】
ヨハン・セバスティアン・バッハ:
CD1
・パルティータ第1番変ロ長調 BWV825
・パルティータ第2番ハ短調 BWV826
・パルティータ第3番イ短調 BWV827
CD2
・パルティータ第4番ニ長調 BWV828
・パルティータ第5番ト長調 BWV829
・パルティータ第6番ホ短調 BWV830

 ヴラディーミル・アシュケナージ(ピアノ)

 録音時期:2009年2月16〜18日、8月14〜16日、12月11日〜12日
 録音場所:サフォーク、ポットン・ホール
 録音方式:デジタル(セッション)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Bach Partita Nr. 1 B-dur BWV 825 1. Praeludium 01:56
  • 02. 2. Allemande 02:40
  • 03. 3. Corrente 02:30
  • 04. 4. Sarabande 05:40
  • 05. 5. Menuet I 01:14
  • 06. 6. Menuet II 01:17
  • 07. 7. Giga 02:05
  • 08. Partita Nr. 2 c-moll BWV 826 1. Sinfonia (Grave adagio - Andante) 04:40
  • 09. 2. Allemande 03:43
  • 10. 3. Courante 02:37
  • 11. 4. Sarabande 03:36
  • 12. 5. Rondeaux 01:31
  • 13. 6. Capriccio 03:29
  • 14. Partita Nr. 3 a-moll BWV 827 1. Fantasia 01:41
  • 15. 2. Allemande 03:00
  • 16. 3. Corrente 02:44
  • 17. 4. Sarabande 03:12
  • 18. 5. Burlesca 02:02
  • 19. 6. Scherzo 01:05
  • 20. 7. Gigue 02:50

ディスク   2

  • 01. Bach Partita Nr. 4 D-dur BWV 828 1. Overture 05:49
  • 02. 2. Allemande 07:27
  • 03. 3. Courante 03:22
  • 04. 4. Aria 01:48
  • 05. 5. Sarabande 05:35
  • 06. 6. Menuet 01:27
  • 07. Gigue 03:23
  • 08. Partita Nr. 5 in G-dur BWV 829 1. Praeambulum 02:06
  • 09. 2. Allemande 04:01
  • 10. 3. Corrente 01:32
  • 11. 4. Sarabande 04:08
  • 12. 5. Tempo di minuetto 01:52
  • 13. 6. Passepied 02:03
  • 14. 7. Gigue 03:20
  • 15. Partita Nr. 6 in e-moll BWV 830 1. Toccata 07:05
  • 16. 2. Allemande 03:30
  • 17. 3. Corrente 04:52
  • 18. 4. Air 01:26
  • 19. 5. Sarabande 06:34
  • 20. 6. Tempo di gavotta 02:06
  • 21. 7. Gigue 05:33

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
レビューアー諸兄の評は実に的確で購入の参...

投稿日:2013/03/15 (金)

レビューアー諸兄の評は実に的確で購入の参考になる。新録のパルティータ全集を欲していたのだが、今回満足できる盤を手に入れることが出来た。グールド一色の私の耳には新鮮で極めて美しい演奏だ。すでに諸兄が指摘されているように、バッハの多様性を示す好例であると思う。実に良い。

爺さん さん | 千葉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
おたふくかぜさん、同感です。アシュケナー...

投稿日:2010/12/31 (金)

おたふくかぜさん、同感です。アシュケナージの音色に魅了されてベートーベンのピアノソナタ全集、モーツァルトやラフマニノフのピアノ協奏曲全集を中心に多様なものを聴きあさって来た。バッハはGグレングールドに尽きると思っていたのだが、ここに来て改めて聴いてみた。おっしゃる通り、「きれいです」の一言。見事である。アシュケナージの素晴らしさを痛感した次第である。今、バッハの作曲年代順にグレン・グールド、アシュケナージ、リヒテルと純に聴いている。バッハがこんなにも美しいものだったのか、と実感しながら至福の時間に浸っている。

moritan さん | 愛知県 | 不明

3
★
★
★
★
☆
アシュケナージの録音に説得力の浅薄な難癖...

投稿日:2010/08/09 (月)

アシュケナージの録音に説得力の浅薄な難癖をつけたがるチープなインテリにほとほと嫌気が差して、逆に購買意欲をそそられて聴きました。この歳までバッハを弾かなかっただけあって、ポリフォニックな音楽を「構築」するタイプでは、確かにない。例えばグールドのように対位法の効果を突き詰めるストイックな姿勢でもない。ごく乱暴に極言してしまえば「音色」という曖昧な感覚的なもので勝負する人だ。で、この演奏だが、ごくシンプルに「きれいでしょ?」と言われて「はい、きれいです」と言うしかない(苦笑)。それでも非難したい人はすればいいが、それは逆説的にバッハの多様性を否定することであり、とても虚しいだけです。

おたふくかぜ さん | 熊本県 | 不明

13

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連する商品情報

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド