SACD

ゴルトベルク変奏曲 小山実稚恵(ピアノ)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SICC19032
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド

商品説明

アルバム・デビュー30周年にして30枚目の新作は、魂のバッハ!

1987年2月「ショパン:ピアノ・ソナタ第3番、アンダンテ・スピアナートと華麗なるポロネーズ」でアルバム・デビューしてから2017年でちょうど30年。充実の時を迎えたピアニスト=小山実稚恵が満を持して奏でる魂のバッハ・アルバムが完成。
 これまでショパン、ラフマニノフ、リストからスクリャービンまで、その驚異的ともいえる幅広いレパートリーでヴァラエティ豊かなアルバムを発表してきましたが、オリジナル・アルバムとして通算30枚目となる本作では、バッハ『ゴルトベルク変奏曲』に挑戦しています。30の変奏がちょうど30年の歳月と重なるかのよう。バッハを心から愛する小山実稚恵にとって本作が初の全曲バッハ・アルバムとなります。
 2017年2月7-10日軽井沢大賀ホールでの録音。また。2006年から12年間連続して全国で展開してきた24回連続リサイタル・シリーズもいよいよ10-11月シーズンで最終回を迎えます。(メーカー資料より)

【収録情報】
● J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲 BWV.988


 小山実稚恵(ピアノ)

 録音時期:2017年2月7-10日
 録音場所:長野県、軽井沢大賀ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 SACD Hybrid

【アーティストプロフィール】
日本を代表する実力派・人気ピアニスト。チャイコフスキー・コンクール、ショパン・コンクールの両方に入賞した唯一の日本人ピアニストとして活躍。ショパン・コンクール、ミュンヘン・コンクールはじめ国際コンクールで日本を代表する審査員もつとめている。(メーカー資料より)

収録曲   

  • 01. ゴルトベルク変奏曲

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連する商品・チケット情報

  • 【映像】バッハDVD12枚組ボックス ガーディナー、アバド、ブロムシュテット、鈴木雅明、コープマンなど、EURO ARTSレーベルで発売されたJ.S.バッハとC.P.E.バッハ作品映像からの12枚組DVDボックス。 ローチケHMV|2日前
  • 武久源造の弾くバッハ「適正律」クラヴィーア曲集 「平均律」の名で呼ばれるこの作品を「適正律」と訳しての全曲録音を始動。ペダル付チェンバロとジルバーマン・ピアノを自在に奏しバッハの真意に迫ります。 ローチケHMV|5日前
  • ディナースタイン/モーツァルト・イン・ハバナ シモーネ・ディナースタインとキューバとの直接的な関係は、彼女の師でありハバナ出身のピアニスト、ソロモン・ミコウスキーが、2014年ハバナでの音楽フェスティバルを発足させ、彼女を演奏に招待したことでした。 ローチケHMV|7日前
  • シャイーのバッハ録音が7枚組ボックスに 世界最古の歴史を誇るゲヴァントハウス管弦楽団は、バッハと深いつながりを持つオーケストラでもあり、シャイーはその伝統を大切にして、『マタイ受難曲』やブランデンブルク協奏曲、クリスマス・オラトリオなどで高い評価を得ていました。 ローチケHMV|2017年2月26日(日)
  • リチャード・エガーによるバッハ:パルティータ全曲 バッハの作品を論じるときにしばしば用いられる「数字」。このディスクでも、エガーは自身でライナーノートを書いていますが、この数字をベースに興味深い文章を寄せています。 ローチケHMV|2017年2月20日(月)
  • トン・コープマンのバッハ・ボックス(9CD) 指揮者、オルガン奏者、チェンバロ奏者として活躍するトン・コープマンが、アルヒーフ・レーベルとフィリップス・クラシックで制作したバッハ・アルバムを集めたセットの登場。 ローチケHMV|2017年2月20日(月)

古楽 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品