CD 輸入盤

ゴルトベルク変奏曲 ペライア

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SK89243
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD

商品説明

バッハ:ゴルトベルク変奏曲
マレイ・ペライア(P)

近年、バッハ弾きとしての声望が高まるペライアによる見事な演奏。旋律的要素とリズム的な要素、および声部間のバランスが素晴らしく、全編にわたって、陰影濃やかで立体感に満ちた演奏が展開されています。録音も優秀です。なお、解説書にはペライア自身の考えも述べられています。

収録曲   

クラシック曲目

  • Johann Sebastian Bach (1685 - 1750)
    Goldberg Variations, BWV 988
    演奏者 :
    Perahia, Murray (Piano)
    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : Baroque
    • 形式 : Aria / Variations
    • 作曲/編集場所 : , Nuremberg, Germany
    • 言語 :
    • 時間 : 73:28
    • 録音場所 : 07/2000, La Chaux-de-Fonds, Switzerland [Studio]

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
9
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
宇宙的大きさを感じます。あれこれ考えず、...

投稿日:2017/06/10 (土)

宇宙的大きさを感じます。あれこれ考えず、現代ピアノでしかできない表現しています。現代の演奏では最高のものといってよいと思います。

1
★
★
★
★
★
変奏曲の一つ一つを良く研究して、木も見る...

投稿日:2017/04/28 (金)

変奏曲の一つ一つを良く研究して、木も見るし森も見る誠実な演奏です。音も美しい。ペライアのバッハと聞いて、?・?・?と思う方、是非聴いてください。流行に乗ったような安っぽいバッハではありません。 心が洗われます。

ばんどうくじら さん | 福岡県 | 不明

1
★
★
★
★
★
 この年の瀬にふと、久しぶりに、この盤を...

投稿日:2013/12/31 (火)

 この年の瀬にふと、久しぶりに、この盤を聴きたくなり引っ張り出してみた。美音で綴られたバッハの鍵盤楽器による歌の連なりが心に染みいる。グールドのものは刺激的で思索的だが、ほっと息をつけたい時に聴きやすい演奏とは言いづらい。そんな気持ちになりたい時はシフの新盤(ECM)かこのペライア盤につきるだろう。シフの盤も大好きでよく聴いている。ペライアの当盤はシフ盤と敢えて比較するなら歌心溢れた演奏と響き、装飾音が美しい。シフ盤と合わせて持って聴かれることを薦めてみたい。

うーつん さん | 東京都 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連する商品情報

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品