CD 輸入盤

グレン・グールド・バッハ・エディション(38CD+6DVD)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
88691961142
組み枚数
:
38
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
6DVD付き, 限定盤,輸入盤

商品説明


グレン・グールド・バッハ・エディション(38CD+6DVD)
グールドのバッハを集大成!

グールドにとって、バッハは常に特別な存在で、その独特な解釈が音楽界に与えた影響の大きさにも絶大なものがありました。
 CD38枚、DVD6枚の計44枚から成るこのボックス・セットは、生前にソニー(COLUMBIA〜CBS)からLPで発売されたバッハ作品の全アルバムを、初出時の曲目構成とオリジナル・デザインによって紙ジャケット仕様で再現したCD30枚から成る部分を主軸として、没後に発売されたライヴ録音を含むさまざまな演奏やアウトテイクス、バッハ作品についてのインタビューを完全網羅したものです。
 さらに、ブルーノ・モンサンジョン監督が制作した「ゴールトベルク変奏曲」の演奏映像を含むDVD6枚分の映像作品も収録されており、グールドがバッハに関して残した録音や映像が集大成された内容となっています。初回生産限定盤。(HMV)

【豪華な装丁】
永久保存版としての豪華仕様パッケージとなっており、銀の箔押し・布張りの厚紙製アウター・ボックスに収納されています。ボックスのサイズは、22.5 cm x 15.4 cm x 16.6 cmで、重さは、2.54 kg。

【豪華解説書】
オリジナルLPの全ライナーノーツと、ドイツでのグールド研究の権威ミヒャエル・シュテーゲマンによる書き下ろし解説などを原語で掲載したオール・カラーのハード・カヴァー別冊解説書が付属します。

【未発表インタビュー映像】
DVDには、カーティス・デイヴィスによる約40分間に及ぶ未発表のグールド・インタビュー映像が収録される予定ということです。(HMV)

【グールド・プロフィール】
グレン・グールド(Glenn Herbert Gould)は、1932年9月25日、カナダのトロント生まれ。プロテスタントの家系である両親はゴールド(Gold)という姓でしたが、この苗字がユダヤ人に多く、当時高まっていた反ユダヤ主義に巻き込まれることを恐れ、息子の生後まもなくグールドと改姓しています。
 母親からピアノのレッスンを受けたあと、1942年からトロント音楽院でアルベルト・ゲレーロに10年間師事。1945年にまずオルガン奏者としてデビューします。
 ピアニストとしてのデビューは1946年にトロント交響楽団との共演で実現、9年後の1955年にバッハ:ゴルトベルク変奏曲をレコーディングします。このあまりにも有名なレコードでの斬新な演奏で一躍脚光を浴びたグールドは、以後はニューヨークに拠点を移して、ニューヨーク・フィルとの共演、ザルツブルク音楽祭出演、さらにソヴィエト・ツアーと、世界的なピアニストのとしての地位を確立してゆきます。
 特別注文の異様に低い椅子を常に用い、前のめりの姿勢でピアノに向かって、時に大きな手振りやうなり声まで発する特異な奏法でも世間の注目を集めたグールドは、さらに作曲や著述もおこない独自の芸術論を展開するなど、単なるピアニストにはとどまらない存在でした。解釈を巡ってバーンスタインと意見が合わないまま演奏されたというブラームスの第1協奏曲のライヴなど、その強い主張は時に周囲と衝突することもあったようです。やがてグールドは、聴衆と演奏者の関係性や、演奏の一回性への疑問を主張、1964年3月28日のシカゴでのリサイタルを最後に、コンサート活動からのドロップアウトを宣言してしまいます。
 その後は、中心レパートリーであるバッハ等のレコーディング、さらに故郷トロントへ戻ってラジオ、テレビなどの放送媒体で活動を展開、演奏はもちろんドキュメンタリー番組の制作を含む多彩な活躍が続きます。
 レコーディングでは、なんといってもバッハ録音が質・量とも圧倒的です。それまでフィッシャーやギーゼキング、トゥレック等を別にすれば、ピアノで弾かれる機会が比較的少なかったというバッハの鍵盤楽器のための作品を、教則の域を脱してコンサート・レパートリーとして定着させたのは、グールドのバッハ録音の成功だったとも言われています。『ゴルトベルク変奏曲』『平均律クラヴィーア曲集』『イギリス組曲』『フランス組曲』『インヴェンションとシンフォニア』等々、現在も高い評価を受けている名盤揃いで、自らも『平均律』の名盤を録音しているスヴャトスラフ・リヒテルが「バッハの最も偉大な演奏者」と評したように、同時代のピアニストはもちろん、後進に与えた影響には計り知れないものがあると言えるでしょう。
 もちろん、グールドの才能はバッハにとどまらず、ベートーヴェンモーツァルトブラームス等でも個性的な魅力を発揮、そのユニークな芸術観により厳選されたレパートリーは、いずれも独創性に富むグールドならではの演奏と評されています。
 1981年に『ゴルトベルク変奏曲』を再録音同時に映像も収録されたこのレコーディングで、グールドはデビュー盤とは異なるアプローチを聴かせて世界の音楽ファンをふたたび驚かせ、魅了しますが、1982年10月4日、脳卒中により突然亡くなってしまいます。享年50歳というあまりにも早すぎる死は、そのデビュー同様、世界に衝撃を与えました。

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
10
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
グールド・ファンは迷わず買うべし。 バ...

投稿日:2015/03/16 (月)

グールド・ファンは迷わず買うべし。 バッハだけでなくグールド録音全集は出ないのかなぁ。

ユローヂィヴィ さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
数ある箱物セット企画とは一線を画する、セ...

投稿日:2015/01/11 (日)

数ある箱物セット企画とは一線を画する、セットとしての意義が強く感じられる一品です。キャリアの長いクラシックファンは、グールドについてはアナログ時代も含めて多くの重複盤を抱えているでしょう。それでも、このセットだけは買える時に買っておいた方が良いと思います。ジャケットの作りの丁寧さ、CDではあるもののかつてのアナログ盤を凌ぐ音のバランス、本やDVDの充実したオマケなど、お宝以外の何物でもありません。何よりも、音が全体的に良くなっています。耳にこびりついていたはずのゴールドベルクの音がなんと新鮮に聴こえることか。

orisuke さん | 新潟県 | 不明

1
★
★
★
★
★
決して彼のファンではない。しかし、彼の演...

投稿日:2014/04/29 (火)

決して彼のファンではない。しかし、彼の演奏歴史を理解する機会を、この価格で得られるのはうれしいことである。反面、一人の芸術歴史をこんな価格で得られるということに疑問も感じてしまうジレンマをいまだ払拭できない。

segovia さん | 愛知県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連する商品・チケット情報

  • 【在庫特価】ギル・シャハム/バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ全曲 名手シャハムは30年以上もこの作品を研究し、10年間に渡り演奏会でとりあげたうえで、録音にはセッションで臨みました。 ローチケHMV|5日前
  • 【LP】ジャンドロン バッハ:無伴奏チェロ組曲3LP限定BOX 仏の名チェリスト、モーリス・ジャンドロンによる1964年に録音のバッハ無伴奏チェロ組曲が180グラム重量盤アナログレコードの限定BOXで発売。 ローチケHMV|2017年7月24日(月)
  • 【入荷】加藤訓子 第4弾、マリンバ版バッハ! スコットランドのハイエンド・オーディオ・メーカー、LINNが技術の粋を結集させて作るアルバム第4弾は、バッハのソロ作品のなかから、加藤訓子自身の「この曲を弾きたい、聴きたい」という観点で選択し、マリンバ独奏のために編曲。 ローチケHMV|2017年5月22日(月)
  • シャイーのバッハ録音が7枚組ボックスに 世界最古の歴史を誇るゲヴァントハウス管弦楽団は、バッハと深いつながりを持つオーケストラでもあり、シャイーはその伝統を大切にして、『マタイ受難曲』やブランデンブルク協奏曲、クリスマス・オラトリオなどで高い評価を得ていました。 ローチケHMV|2017年4月28日(金)
  • 加藤訓子 第4弾、マリンバ版バッハ! スコットランドのハイエンド・オーディオ・メーカー、LINNが技術の粋を結集させて作るアルバム第4弾は、バッハのソロ作品のなかから、加藤訓子自身の「この曲を弾きたい、聴きたい」という観点で選択し、マリンバ独奏のために編曲。 ローチケHMV|2017年4月10日(月)
  • 【LP】ヤニグロの無伴奏チェロ組曲全曲 ドイツのエミール・ベルリナー・スタジオで、ウェストミンスターオリジナルのマスターを使用してマスタリング、ドイツのパラス社でプレスした180グラムの重量盤が韓国ユニバーサルから登場。 ローチケHMV|2017年4月8日(土)

古楽 に関連する商品・チケット情報

  • サヴァール&エスペリオンXXI/イザーク:作品集 サヴァールはこのアルバムで、イザークの生涯をたどるかたちで様々な楽曲を配し、イザークの魅力と、当時の時代の空気を私たちに伝えてくれます。 ローチケHMV|2日前
  • ガーディナー/バッハ:マニフィカトBWV243a、他 ガーディナーは1983年にマニフィカトのニ長調の稿BWV243を録音していますが、今回録音されたのは、1723年バッハがライプツィヒで過ごす最初のクリスマスに初演されたと記録されている変ホ長調のBWV243a。BWV243aはクリスマス用であるため、クリスマス賛歌4曲が挿入され、バッハの栄光のライプツィヒ時代の、最初のクリスマスを飾る作品となりました。 ローチケHMV|2日前
  • ミヒャエル・フォッレ/バッハ:バスのためのソロ・カンタータ集 ベルリン古楽アカデミーとミヒャエル・フォッレによるJ.S.バッハの『バスのためのソロ・カンタータ集』。ライプツィヒ時代にバッハが残した独唱カンタータの中でも傑作揃いのバスのためのカンタータ3曲です。 ローチケHMV|5日前
  • クリスティ&レザール・フロリサン/『イタリアの庭で』  バロックから古典にかけての名曲で構成された楽しい音楽劇。2016年10月、来日したクリスティ&レザール・フロリサン。この盤は同様の公演のメルボルンでのライヴを収録したものです。日本公演とほぼ同内容で、公演の感動がみずみずしく蘇ります。 ローチケHMV|2017年8月10日(木)
  • テレマン:トリオ・ソナタ、無伴奏ファンタジア、協奏曲集(3CD) Et'cetera創立35周年とテレマン没後250周年を記念したスペシャルBOX。3つのテレマンの名盤がお得なセットになって登場。 ローチケHMV|2017年8月10日(木)
  • アレクシス・コセンコ/イタリア・バロックのリコーダー協奏曲集 バロック時代のリコーダー作品集。レ・ザンバッサデュールのリーダーでフルート奏者でもあるアレクシス・コセンコが、タルティーニやヴィヴァルディによる、アクロバティックともいえる超絶技巧のリコーダーパートを披露。 ローチケHMV|2017年8月10日(木)

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト