バッハ(1685-1750)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

CD 輸入盤

『フーガの技法』 バーリント・カロシ(オルガン、チェンバロ、クラヴィコード)(2CD)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
HCD32784
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

バッハ国際コンクールの覇者カロシが
満を持して『フーガの技法』に挑む!


2008年のバッハ国際コンクールのオルガン部門の覇者、バーリント・カロシが満を持して『フーガの技法』を録音しました。バッハの最高傑作にして謎の多いこの作品は楽器指定がなく、演奏・解釈ともに難曲として知られます。今回カロシはオルガン、チェンバロ、クラヴィコードを弾き分け、多彩な音色でこの大作に挑みました。
 バーリント・カロシは1979年ブタペスト生まれ。6歳でピアノとクラリネットを学び、オルガンは17歳よりはじめました。リスト音楽院で学んだ後、リオネル・ロッグに師事、その後バッハ国際コンクールにて優勝、さらに2012年ミシガン大学における即興コンクールで優勝するなど、その才能は瞬く間に開花しました。現在は欧米諸国を中心に演奏活動をする一方で作曲家としても才能を発揮しております。HUNGAROTONレーベルからJ.S.バッハのクラヴィーア練習曲集第3部をリリースしており、硬派な解釈が光る秀演を披露しております。(輸入元情報)

【収録情報】
● J.S.バッハ:フーガの技法 BWV.1080


 バーリント・カロシ(オルガン、チェンバロ、クラヴィコード)

 録音方式:ステレオ(デジタル)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連する商品・チケット情報

  • 【入荷】加藤訓子 第4弾、マリンバ版バッハ! スコットランドのハイエンド・オーディオ・メーカー、LINNが技術の粋を結集させて作るアルバム第4弾は、バッハのソロ作品のなかから、加藤訓子自身の「この曲を弾きたい、聴きたい」という観点で選択し、マリンバ独奏のために編曲。 ローチケHMV|2017年5月22日(月)
  • シャイーのバッハ録音が7枚組ボックスに 世界最古の歴史を誇るゲヴァントハウス管弦楽団は、バッハと深いつながりを持つオーケストラでもあり、シャイーはその伝統を大切にして、『マタイ受難曲』やブランデンブルク協奏曲、クリスマス・オラトリオなどで高い評価を得ていました。 ローチケHMV|2017年4月28日(金)
  • 加藤訓子 第4弾、マリンバ版バッハ! スコットランドのハイエンド・オーディオ・メーカー、LINNが技術の粋を結集させて作るアルバム第4弾は、バッハのソロ作品のなかから、加藤訓子自身の「この曲を弾きたい、聴きたい」という観点で選択し、マリンバ独奏のために編曲。 ローチケHMV|2017年4月10日(月)
  • 【LP】ヤニグロの無伴奏チェロ組曲全曲 ドイツのエミール・ベルリナー・スタジオで、ウェストミンスターオリジナルのマスターを使用してマスタリング、ドイツのパラス社でプレスした180グラムの重量盤が韓国ユニバーサルから登場。 ローチケHMV|2017年4月8日(土)
  • 【超特価】コープマン/バッハ:宗教大作 7枚組ボックス オリジナル楽器オケによるやわらく透明度の高い響きから生み出される繊細な音色、高度な合唱のコントロールや表情豊かな通奏低音も含めて非常に見事なサウンドを聴かせてくれるセットです。 ローチケHMV|2017年4月3日(月)
  • ザゴリンスキーのバッハ無伴奏チェロ組曲、チェロ・ソナタ 1962年生まれのチェリスト、アレクサンドル・ザゴリンスキーは、モスクワ・フィルの首席奏者として活躍「ロシア名誉芸術家」の称号を授与されています。 ローチケHMV|2017年4月2日(日)

古楽 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品