この商品に関連するタグ

DVD

ダークナイト

バットマン

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
1000592185
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
DVD

内容詳細

アカデミー助演男優賞を受賞した故ヒース・レジャーにより伝説的作品となったクリストファー・ノーラン監督による傑作!

“覚悟せよ。度肝を抜かれる。”

ゴッサム・シティーに、究極の悪が舞い降りた。ジョーカー(ヒース・レジャー)と名乗り、犯罪こそが最高のジョークだと不敵に笑うその男は、今日も銀行強盗の一味に紛れ込み、彼らを皆殺しにして、大金を奪った。
この街を守るのは、バットマン(クリスチャン・ベール)。彼はジム・ゴードン警部補(ゲイリー・オールドマン)と協力して、マフィアのマネー・ロンダリング銀行の摘発に成功する。
それでも、日に日に悪にまみれていく街に、一人の救世主が現れる。新任の地方検事ハービー・デント(アーロン・エッカート)だ。正義感に溢れるデントはバットマンを支持し、徹底的な犯罪撲滅を誓う。
資金を絶たれて悩むマフィアのボスたちの会合の席に、ジョーカーが現れる。「オレが、バットマンを殺す」。条件は、マフィアの全資産の半分。しかし、ジョーカーの真の目的は、金ではなかった。ムカつく正義とやらを叩き潰し、高潔な人間を堕落させ、世界が破滅していく様を特等席で楽しみたいのだ。
遂に始まった、ジョーカーが仕掛ける生き残りゲーム。開幕の合図は、警視総監の暗殺だ。正体を明かさなければ市民を殺すとバットマンを脅迫し、デントと検事補レイチェル(マギー・ギレンホール)を次のターゲットに選ぶジョーカー。しかし、それは彼が用意した悪のフルコースの、ほんの始まりに過ぎなかった……


新生『バットマン』シリーズ第2作。理由も理屈もなく極悪非道な犯罪をもたらす最凶の敵・ジョーカーとバットマンの対決を描く。ジョーカー役のヒース・レジャーのW怪演”が強烈な印象を残す超大作。(CDジャーナル データベースより)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
16
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
監督クリストファー.ノーラン、バットマン...

投稿日:2012/01/21 (土)

監督クリストファー.ノーラン、バットマン役にクリスチャン.ベール、この黄金コンビによる「BATMAN」3部作の2作目!!前作「バットマン.ビギンズ」同様、原作コミックスが持つ本来のバットマンの「ダークヒーロー」としての要素を完全に引き出している点が素晴らしい!!そして何よりも特筆すべきはバットマンの最高のライバル「ジョーカー」を演じたヒース.レジャーの怪演につきるのではないだろうか!!本作にてジョーカーを演じる為にクランク.イン前にロンドンのホテルに一ヶ月間こもりジョーカーの笑い声や仕草を一人きりで研究した、その「切れた演技」は本作の主人公「バットマン」を完全に喰ってしまった圧倒的な存在感を全編で放っている。あと本シリーズに登場するメカ物にも注目である!!「バットモービル」(車)「バットポッド」(単車)共に重厚かつスタイリッシュなデザインが施されアクション.シーンの重要な部分の鍵を握っているのは間違いない!!昔から日本では「アメコミ」が原作の映画はヒットしないとゆうジンクスが存在するが本作は日本での興行収入17億円と成績も良く、今年、夏に公開予定の3部作の最終章「BATMAN RISES」の公開が待ちどうしくて仕方がない!! (L.I.P.) 本作は完成を待たずして他界した、ヒース.レジャー(ジョーカー役)に捧げられている。 28歳とゆうあまりにも若すぎる訃報に心からご冥福を祈りたい。

蒼詩 さん | 三重県 | 不明

4
★
★
★
★
★
最初から最後まで吸い込まれるような映画で...

投稿日:2011/08/08 (月)

最初から最後まで吸い込まれるような映画でした。いい意味で重いですね。BATMANにとってこのジョーカーは最強。絶対的な悪のジョーカー人間らしい正義のBATMANがどう乗り越えるのかが凄かった!!守るのが多い正義は弱いし強い!!

Double Sheep さん | 愛知県 | 不明

3
★
★
★
★
★
これは本当に凄まじい映画だ。この映画が何...

投稿日:2011/06/24 (金)

これは本当に凄まじい映画だ。この映画が何を描いているかと言えば、世界の中のアメリカそのものだ。テロとの戦いが、逆にテロリストを生み、正義であったはずの戦いが追いつめられ悪の手段を取らざるを得ない。そしてバットマンは自らそれを引き受ける覚悟をする。しかし我々はそれを「かっこいい」と称えることにためらいを持つ。この映画はテロと戦うアメリカ賛歌なのか? しかしバットマンはひたすら苦悩し、ストーリーは混沌として、何一つ明確な答えを示すことが出来ない。純粋悪ジョーカーの凄まじいキャラクターはこの時代の狂気そのものの体現だ。ひたすらヘビーでハードな、我々の時代の刻印。

フィルモ さん | 新潟県 | 不明

3

洋画 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品