福島第一原発収束作業日記 3・11からの700日間 河出文庫

ハッピー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309413464
ISBN 10 : 4309413463
フォーマット
出版社
発行年月
2015年02月
日本
追加情報
:
365p;15

内容詳細

事故後の福島第一原発の中では一体何が起きていたのか?政府の隠蔽と怠慢、東電の事故収束作業工程表の欺瞞、劣悪な労働環境…東日本大震災が起きた二〇一一年三月十一日からほぼ毎日ツイッター上で発信された、事故収束作業にあたった現場作業員による貴重な「生」の手記。

目次 : プロローグ 爆発―死を覚悟した4日間 2011年3月11日〜15日/ 第1章 待機―がんばろう日本! 2011年3月/ 第2章 死闘―汚染水がピンチ 2011年4月〜7月/ 第3章 乖離―現実より「工程表」 2011年8月〜11月/ 第4章 神話―「収束」なんてしていない 2011年12月〜2012年3月/ 第5章 限界―仮設システムが悲鳴 2012年4月〜9月/ 第6章 危機―再び汚染水がっ! 2012年10月〜2013年3月/ エピローグ 希望―オイラの願い

【著者紹介】
ハッピー : 1990年代より原子力発電に関わる仕事を始める。2011年、福島第一原発で作業中に東日本大震災に遭遇し、事故発生当初から現場の原発作業員として、断続的に収束作業に従事する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ハッピー

1990年代より原子力発電に関わる仕事を始める。2011年、福島第一原発で作業中に東日本大震災に遭遇し、事故発生当初から現場の原発作業員として、断続的に収束作業に従事する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品