CD 輸入盤

Late Piano Sonatas: Gould

ハイドン(1732-1809)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SM2K52623
組み枚数
:
2
レーベル
:
フォーマット
:
CD

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ジャズ? クラシック?  ・・・。 一番...

投稿日:2011/02/22 (火)

ジャズ? クラシック?  ・・・。 一番楽しんでいるのはスピーカーの前の我々ではなく演奏者ご本人では。

ど素人 さん | 愛知県 | 不明

3
★
★
★
★
★
才能とはやはり恐ろしいもので、彼の弾くバ...

投稿日:2010/07/20 (火)

才能とはやはり恐ろしいもので、彼の弾くバッハの”Preludes,Fughettas and Fugues” 同様の、抜群の面白さ溢れる演奏です。音やリズムが水を得た魚の様に飛び跳ねてキラキラと空中に舞っています。どうも他の人の名演も私の中では色褪せてしまいました。まさにグールド恐るべしです。

ゆ さん | 東京都 | 不明

5
★
★
★
★
★
いかにもグールドらしい超個性的な名演だ。...

投稿日:2009/10/03 (土)

いかにもグールドらしい超個性的な名演だ。第56番や第58番の第1楽章の極端なスローテンポと、それに続く終楽章の快速テンポの見事な対比。偉大な傑作である第59番の水を得た魚のような生命力溢れる打鍵の嵐。3大ピアノソナタの緩急自在のテンポを駆使した自由闊達な表現の巧みさ。モーツァルトのピアノソナタでは、ごつごつしたいささか不自然な表現も見られたが、本盤におさめられたハイドンのピアノソナタでは、そうした不自然さを感じさせるような表現はほとんど見られない。グールドの死は、本盤の収録後まもなく訪れることになるが、正に、グールド畢生の名演と言っても過言ではないと思われる。Blu-spec-CDの音質は、いつもながら鮮明で素晴らしい。

つよしくん さん | 東京都 | 不明

5

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ハイドン(1732-1809)

ハイドンは1732年に生まれ、1809年に亡くなっています。その77年の生涯は、29歳から58歳までを過ごした30年に及ぶエステルハージ時代を中心に、それ以前とそれ以降の3つの時期に分けて考えることができます。「エステルハージ以前」の28年間は、幼少期の声楽やさまざまな楽器演奏の修行、青年期に入ってからの作曲の勉強に

プロフィール詳細へ

ハイドン(1732-1809)に関連する商品情報

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品