CD 輸入盤

交響曲第93〜104番 ノリントン&シュトゥットガルト放送交響楽団(4CD)

ハイドン(1732-1809)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
93252
組み枚数
:
4
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ハイドン・イヤー屈指の話題盤!
ノリントン&SWR響による『ロンドン・セット』全曲!


ハイドン没後200年のアニヴァーサリーを締め括るのはこれしかない! ノリントン率いるシュトゥットガルト放送響による『ロンドン・セット』がいきなりBOXセットで登場します。

【最新の成果】
ノリントンはシュトゥットガルト放送響と、首席指揮者に就任した翌年の1999年にも第104番のライヴ録音をおこなっていますが、このたびは第104番を含めたすべてが2009年の最新録音となっています。音源はすべて9月におこなわれたシュトゥットガルト音楽祭での演奏をライヴ収録したもので、すべての曲の終演後に拍手が入ります。

【ピュア・トーン&ピリオド・サウンド】
持ち前の「ピュア・トーン」を武器につぎつぎと作品のイメージを一新し、とりわけベートーヴェンやモーツァルトといった古典派の作品で最高の成果を収めてきた当コンビによるハイドンとくれば、そもそも相性は悪かろうはずがありません。
 フレージングはより徹底され、音を割ったブラスやケトル・ドラムも意表を突くというよりむしろ必然とさえおもえるほど自然で効果満点。
 快速楽章が面白いのはもちろんですが、ここでは緩徐楽章での表情の激変ぶりも心地よい衝撃を与えてくれて実に新鮮。104番など驚きです。

【10年間の集大成】
前作『新世界より』も彼らの深化を続けるアプローチを実感させる内容でしたが、今回の『ロンドン・セット』は、どんなに衝撃的な部分でもエレガントさとぬくもりを失わず、なにより音楽の喜びと楽しさを授けてくれる素晴らしい仕上がりとなっている点がさすがというほかありません。これこそ10年間の集大成と呼ぶにふさわしく、彼らのベートーヴェンやモーツァルトに匹敵する注目盤として大きな話題を提供することはまず間違いのないところだと思われます。約22ミリ厚のクラムシェル・ボックス仕様。

【収録情報】
CD1 [70:37]
ハイドン
・交響曲第93番ニ長調Hob.I-93 [21:51]
・交響曲第97番ハ長調Hob.I-97 [24:15]
・交響曲第101番ニ長調Hob.I-101『時計』 [25:31]
CD2 [73:11]
・交響曲第94番ト長調Hob.I-94『驚愕』 [22:03]
・交響曲第98番変ロ長調Hob.I-98 [27:21]
・交響曲第102番変ロ長調Hob.I-102 [23:47]
CD3 [71:33]
・交響曲第95番ハ短調Hob.I-95 [20:18]
・交響曲第99番変ホ長調Hob.I-99 [21:47]
・交響曲第103番変ホ長調Hob.I-103『太鼓連打』 [29:28]
CD4 [80:01]
・交響曲第96番ニ長調Hob.I-96『奇蹟』 [24:53]
・交響曲第100番ト長調Hob.I-100『軍隊』 [28:08]
・交響曲第104番変ホ長調Hob.I-104『ロンドン』 [27:00]
 SWRシュトゥットガルト放送交響楽団
 サー・ロジャー・ノリントン(指揮)

 録音時期:2009年9月7-12日(シュトゥットガルト音楽祭)
 録音場所:シュトゥットガルト・リーダーハレ、ヘーゲルザール
 録音方式:デジタル(ライヴ)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. I. Adagio - Allegro assai
  • 02. II. Largo cantabile
  • 03. III. Menuet
  • 04. IV. Finale: Presto ma non troppo
  • 05. I. Adagio - Vivace
  • 06. II. Adagio ma non troppo
  • 07. III. Menuet: Allegretto
  • 08. IV. Finale: Presto assai
  • 09. I. Adagio - Presto
  • 10. II. Andante
  • 11. III. Menuet: Allegretto
  • 12. IV. Finale: Vivace

ディスク   2

  • 01. I. Adagio cantabile - Vivace assai
  • 02. II. Andante
  • 03. III. Menuetto
  • 04. IV. Finale: Allegro di molto
  • 05. I. Adagio - Allegro
  • 06. II. Adagio
  • 07. III. Menuet: Allegro
  • 08. IV. Finale: Presto
  • 09. I. Largo - Vivace
  • 10. II. Adagio
  • 11. III. Menuet - Trio: Allegro
  • 12. IV. Finale: Presto

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
聞く前からだいたい予想ができていたのです...

投稿日:2010/10/09 (土)

聞く前からだいたい予想ができていたのですけれど、ハイドンのエスプリを充分に表現で着ていたと思います。こう言ってはなんですが、眠くならない(藁)。ほとんど一気に聞いてしまいました。なので★5つを進呈。

小田春永 さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
☆
ある種の自虐的行動は、芸術的な創造活動に...

投稿日:2010/09/04 (土)

ある種の自虐的行動は、芸術的な創造活動に転化しうるかも知れない。ここでのノリトンは、ある種の兆しを内包しているようで、それがそのまま演奏につながりつつもある。また近年のノリトンと云えばこの自己との痕跡の闘いの様にも思える。それは自己の状のなモノから次第に造形のようなモノが現れ初めようとしている事で、この頃のノリトンのあり方と今の表現方法は全く違い、見方によってはノリトンそのモノの肖像のようにも思える。やはりノリトンには失礼だが〜BMW-6を運転しながら聴ける『ハイドン』はNORRINGTON だけ(^_^)v

レエル さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
★
ノリントンならではの個性的な名演だ。手兵...

投稿日:2010/07/02 (金)

ノリントンならではの個性的な名演だ。手兵のシュトゥットガルト放送交響楽団を指揮しているが、ハイドンが作曲時に想定した40名程度という、かなり人数を絞った編成で演奏しており、いわゆる古楽器奏法を旨としている。しかしながら、そこはさすがはノリントン。四角四面の学術的な演奏には陥らず、緩急自在のテンポを駆使して、奔放とも言うべき変幻自在の演奏を行っている。そこには、いささかのあざとさは感じられず、高踏的な芸術性を失うことがない点を高く評価したい。いずれも名演であるが、印象的な楽曲をいくつか掲げると、先ずは第94番の第2楽章の超快速テンポ。本来は打楽器による最強奏が驚愕であるが、ノリントンの演奏ではこの超快速テンポが驚愕だ。第101番の第2楽章のいわゆる時計の超快速テンポ。これは、クラシカルなぼんぼん時計ではなく、現代のアラーム時計とも言える面白さ。第103番の冒頭のいわゆる太鼓連打のド迫力は、我々の度肝を抜くのに十分だ。そして、何よりも名演は第104番。特に、第1楽章の威風堂々たる楽曲の進め方は、ハイドンの最高傑作にふさわしい威容を兼ね備えていると言える。第2楽章の快速テンポや思い切ったゲネラルパウゼの活用は、第1楽章との見事な対比もあって最高の面白さであるし、終楽章の中庸のテンポによる確かな歩みも、全曲を締めくくるのに相応しい素晴らしさだ。

つよしくん さん | 東京都 | 不明

5

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ハイドン(1732-1809)

ハイドンは1732年に生まれ、1809年に亡くなっています。その77年の生涯は、29歳から58歳までを過ごした30年に及ぶエステルハージ時代を中心に、それ以前とそれ以降の3つの時期に分けて考えることができます。「エステルハージ以前」の28年間は、幼少期の声楽やさまざまな楽器演奏の修行、青年期に入ってからの作曲の勉強に

プロフィール詳細へ

ハイドン(1732-1809)に関連する商品情報

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品