ドヴォルザーク(1841-1904)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

交響曲第9番 アバド&ベルリン・フィル +『オテロ』

ドヴォルザーク(1841-1904)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4576512
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

収録曲   

  • 01. Whispers
  • 02. Love Is War
  • 03. Bravo
  • 04. Outside Your Window
  • 05. Tear Me Down
  • 06. Perfect
  • 07. Where Are You
  • 08. Runaway
  • 09. Dallas
  • 10. Liberty
  • 11. Missing, The
  • 12. Get It Away

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
美しい響きがします。演奏の精緻さという点...

投稿日:2013/10/05 (土)

美しい響きがします。演奏の精緻さという点ではセルさんの名盤を超える事は出来なかったですね。でも良い演奏です。

カズニン さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
アバドのCDは60枚程度持っているが、 ...

投稿日:2013/02/03 (日)

アバドのCDは60枚程度持っているが、 これはいただけない。 ベルリンフィルの豊麗な響きが贅肉に感じる。 粗暴な演奏。 ファンであるがゆえに残念。 ソニークラシカルに録音した8番とは雲泥の差。 8番は名盤だ。

abbadondon さん | 栃木県 | 不明

0
★
★
★
★
★
この9番の数年前にアバドは、ソニークラシ...

投稿日:2010/08/04 (水)

この9番の数年前にアバドは、ソニークラシカルにBPOとライブで8番を録音しています。その録音と比べると当盤はアバドの円熟ぶりを感じてしまいます。スケルツォ以外はゆっくりとしたテンポで演奏され、そこには余裕のようなものさえ感じます。第1楽章の出だしの音量の低さはマルケヴィッチやマゼール/VPOばり。そしてスケルツォでは、アバドらしく、曲に正面から取組み、少しでも良い演奏を実現しよとする往年の姿さえ感じ取れるように思います。個人的にはアバドのベスト演奏の一つに数えても良いと思います。とにかく、それまでのアバドのイメージを大きく変えた演奏だと思います。DGの録音も力強く、かつてのソフトな音場感の録音イメージとは一線をなすように思います。

kura-ota さん | 不明 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ドヴォルザーク(1841-1904)

Widely regarded as the most distinguished of Czech composers, Antonin Dvorak (1841-1904) produced attractive and vigorous music possessed of clear formal outlines, melodies that are both memorable and spontaneous-sounding, and a colorful, effective instrumental sense. Dvorak is considered one of the major figures of nationalism, both proselytizing for and making actual use of folk influences, whic

プロフィール詳細へ

ドヴォルザーク(1841-1904)に関連する商品情報

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品