ドヴォルザーク(1841-1904)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

もっと見る +

SACD

ドヴォルザーク:チェロ協奏曲、ボッケリーニ:チェロ協奏曲 平井丈一朗、カザルス&東京交響楽団

ドヴォルザーク(1841-1904)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TYGE60021
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド

商品説明

ドヴォルザーク:チェロ協奏曲、ボッケリーニ:チェロ協奏曲
平井丈一朗、カザルス&東京交響楽団


平井丈一朗とカザルスの師弟愛が響き合う、貴重な日本公演のライヴ録音。カザルスの肉声も収録。(UNIVERSAL MUSIC)

【収録情報】
・ボッケリーニ/グリュツマッハー編: チェロ協奏曲変ロ長調
・ドヴォルザーク:チェロ協奏曲ロ短調 op.104

 平井丈一朗(チェロ)
 東京交響楽団
 パブロ・カザルス(指揮)

 録音時期:1961年4月14日
 録音場所:東京、日比谷公会堂
 録音方式:モノラル(ライヴ)
 SACD Hybrid
 CD MONO/ SACD MONO

・カザルスのあいさつ、平井丈一郎インタビュー付き

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ドヴォルザーク(1841-1904)

Widely regarded as the most distinguished of Czech composers, Antonin Dvorak (1841-1904) produced attractive and vigorous music possessed of clear formal outlines, melodies that are both memorable and spontaneous-sounding, and a colorful, effective instrumental sense. Dvorak is considered one of the major figures of nationalism, both proselytizing for and making actual use of folk influences, whic

プロフィール詳細へ

ドヴォルザーク(1841-1904)に関連する商品・チケット情報

協奏曲 に関連する商品・チケット情報

  • マルチヌー:チェロと管弦楽のための作品全集(2CD) チェコのボフスラフ・マルチヌーのチェロのための協奏作品をまとめた2枚組。チェロは、チェコのチェリストのペトル・ノウゾフスキー。伴奏は、 トマス・ブラウナー指揮、ピルゼン・フィルハーモニー管弦楽団。 ローチケHMV|6日前
  • ドミトリー・マスレエフ/ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第2番、他 1988年生まれのドミトリー・マスレエフ。バイカル湖とモンゴル国境にあるシベリアの町、ウラン・ウデの出身、モハメド音楽院とイタリアのコモ湖ピアノアカデミーで学びました。2015年に開催されたチャイコフスキー国際ピアノ・コンクール優勝など、数多くの国際コンクールに入賞しています。 ローチケHMV|6日前
  • A.M.ワグナー/チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番、他 1995年生まれのアレクサンダー・マリア・ワグナーは、ピアニストでもあり作曲家でもある多才な若き音楽家。このアルバムは、彼の技巧を存分に堪能できるチャイコフスキーのピアノ協奏曲1番と、彼の交響曲第2番を収録。 ローチケHMV|2017年11月13日(月)
  • オリヴァー・シュニーダー/ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集 1973年生まれのスイスのピアニスト、オリヴァー・シュニーダー。これまでハイドン、モーツァルト、メンデルスゾーンの協奏曲など充実した録音を発表してきましたが、ついにベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集の登場となります。 ローチケHMV|2017年11月10日(金)
  • マツーエフ、ゲルギエフ/ラフマニノフ、プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番 SACDハイブリッド盤。マツーエフはこれまで、ゲルギエフ&マリインスキー劇場管とラフマニノフのピアノ協奏曲第1、3番と『パガニーニの主題による狂詩曲』をリリースしましたが、ついに第2番登場となります。しかも、カップリングはプロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番です。 ローチケHMV|2017年11月10日(金)
  • レイチェル・バートン・パイン/エルガー:ヴァイオリン協奏曲、ほか 1995年の列車事故による大怪我から復帰を果たし、バロックからへヴィメタを自らのフィールドとしてジャンルにとらわれない活発な活動を展開していているアメリカの女流ヴァイオリニスト、レイチェル・バートン・パイン。バートン・パインのアヴィー(AVIE)第4弾は、エルガーのヴァイオリン協奏曲とブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番という偉大な名曲コンチェルト。 ローチケHMV|2017年11月8日(水)

おすすめの商品