ドレーゼケ、フェリクス(1835-1913)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

Symphonia Tragica、Gudrun、Penthesilea G.hanson / Wuppertal.so

ドレーゼケ、フェリクス(1835-1913)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
33510412
組み枚数
:
1
レーベル
:
Mdg
:
Germany
フォーマット
:
CD

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Felix Draeseke (1835 - 1913)
    Symphony no 3 in C major, Op. 40 "Symphonia tragica"
    演奏者 :

    指揮者 :
    Hansen, George
    楽団  :
    Wuppertal Symphony Orchestra
    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Symphony
    • 作曲/編集場所 : 1885-1886, Germany
    • 言語 :
    • 時間 : 46:15
    • 録音場所 : 06/2000, Stadthalle, Wuppertal, Germany [Studio]
  • Felix Draeseke (1835 - 1913)
    Penthesilea, Op. 50
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Tone Poem
    • 作曲/編集場所 : 1888, Germany
    • 言語 :
    • 時間 : 15:25
    • 録音場所 : 06/2000, Stadthalle, Wuppertal, Germany [Studio]

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ドレーゼケ、フェリクス(1835-1913)

In his youth, Felix Draeseke was an enthusiastic follower of the New German School, whose music drew the attention of Liszt. In his old age, however, deaf and perhaps disillusioned by too many years spent teaching and too few years gaining accolades as a composer, Draeseke had become conservative, attacking the excesses of the Strauss generation even while maintaining an idiosyncratic style of his

プロフィール詳細へ

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品