CD 輸入盤

交響詩『海』、牧神の午後への前奏曲、管弦楽のための映像 ガッティ&フランス国立管弦楽団

ドビュッシー(1862-1918)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
88697974002
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ドビュッシー:海、牧神、映像
ダニエーレ・ガッティ&フランス国立管


ドビュッシー生誕150周年を記念してソニー・クラシカルからリリースされるのは、イタリアの巨匠指揮者ダニエーレ・ガッティ指揮するフランス国立管弦楽団による、ドビュッシーの代表的なオーケストラ曲を集めた1枚です。
 現在51歳、フランス国立管音楽監督とチューリッヒ歌劇場首席指揮者を兼任し、ウィーン・フィルをはじめとするメジャー・オケやバイロイト、ザルツブルクなど著名な音楽祭の常連であるにもかかわらず、その活躍ぶりに比べて録音は多いとは言えず、セッションによるオーケストラ録音は久々となります。
 交響詩『海』、『牧神の午後への前奏曲』、管弦楽のための『映像』という20世紀音楽語法に革新をもたらした傑作において、ガッティは名門フランス国立管の明晰な響きを生かし、緻密でありながらも、躍動感あふれるダイナミックな演奏を繰り広げています。このコンビによる初録音です。(SONY)

【収録情報】
ドビュッシー:
・交響詩『海』
 I. 海の夜明けから真昼まで (De l'aube a midi sur la mer)
 II. 波の戯れ (Jeux de vagues)
 III. 風と海の対話 (Dialogue du vent et de la mer)

・牧神の午後への前奏曲

・管弦楽のための映像
 ジーグ
 イベリア:I. 街の道と田舎の道(Par les rues et par les chemins)
 イベリア:II. 夜の薫り(Les parfums de la nuit)
 イベリア:III. 祭りの日の朝(Le matin d'un jour de fete)
 春のロンド

 フランス国立管弦楽団
 ダニエーレ・ガッティ(指揮)

 録音方式:デジタル(セッション)

【ダニエーレ・ガッティ】
1961年ミラノ生まれ。14歳でマーラーの交響曲第6番を聴いて指揮者になることを決意。名門ミラノ音楽院で学び、サンタ・チェチーリア音楽院管、英国ロイヤル・フィル、伊ボローニャ市立歌劇場の音楽監督を歴任。現在はフランス国立管音楽監督、チューリッヒ歌劇場首席指揮者を兼任し、ウィーン・フィルなど名門オケ・歌劇場の常連となっています。(SONY)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ヤンソンスの後を継いで、ロイヤル・コンセ...

投稿日:2015/08/09 (日)

ヤンソンスの後を継いで、ロイヤル・コンセルトヘボウの首席指揮者に就任するガッティ。ベルリンフィルのペトレンコもそうですが、ガッティも、レコーディングは多くありません。時代の趨勢なのでしょうが、本来指揮者とは、そういう方が健全なのかもしれません。セッションで、オケと、良き関係が出来るというのは、カラヤン、ベルリンフィルなど、恵まれたごく一部。ガッティは、レコーディングは少ないですが、出たものは、総じて、レヴェルが高いです。フランス国立管にとっても、厳しいマルティノン以来の40年近くを経ての名演、より精妙、時代は変わった。そして、グザビエル・ロト、古楽器オケ、シエクルと並んで。21世紀初頭を代表する妙演。響きは、大きく違うが、同じ、’12年の録音されたライヴとセッション、驚きと遊びが。ともにある。これからを期待させてくれる1枚。余裕のジャケット。

sunny さん | 兵庫県 | 不明

1
★
★
★
★
★
このCDは良い! すごく良い!!  レビュ...

投稿日:2013/05/09 (木)

このCDは良い! すごく良い!!  レビューがこんなに少ないということは、皆さんあまり聞いていないのか? とにかく、ホントに良い演奏!!!   と言う私も、実は「ガッティ?知らんなー。フランス国立? 一人一人自分勝手な演奏で、アンサンブルが雑いことが多いしなー…」と、最初は買う気がなかった。 しかし、レコードアカデミー賞受賞ということで、「値段も安いし、買ってみようか…」とミーハー的動機で購入。    そして聴いてみたら感激!! 繰り返し何度も聴いたが、やっぱり良い!!   何が良いかって?  奏者の皆さんはそれぞれニュアンスたっぷりに演奏しながら、全体のアンサンブルもバッチリ! 丁寧で色彩豊かな演奏に加えて「うねり」や「揺らぎ」、“ツボ”の部分の「タメ」も心地よい。『海』や『映像』では、場面が目に見えるような演奏で、音楽が昂揚していく部分では、めくるめく音響の中で思いのこもったメロディがカンタービレで歌われ、思わず涙が出た…。ドビュッシーでこんな経験は初めてだった。「これは、スゴイ音楽だ!!」  フランス料理を食べたこともなく、もちろんフランスに行ったこともない私。「フランス音楽のエスプリ」とか言われても???だが、ドビュッシーの音楽は大好きで、これまでいろんな演奏を聴いてきたが、これは最高!!! 私の中で、デュトワもマルティノンもブーレーズも超えて、ベストCDです。ホント、皆さん聴いてみて下さい。

たけっちゃん さん | 兵庫県 | 不明

4
★
★
★
★
★
昨夏プロムスでG・マーラー・ユーゲント管...

投稿日:2013/02/21 (木)

昨夏プロムスでG・マーラー・ユーゲント管弦楽団を振ったコンサート(パルシファルより、ベルクVn協奏曲、ラ・ヴァルスなど)でガッティにいたく感心しました。欧米での活躍ぶりと我が国での人気にギャップのある人だなあ、と思いました。ここで聴かれるドビュッシーはある意味明晰な演奏なのではないでしょうか。オケをまとめる力に秀でているガッティなればこそ、という感じです。音楽は実に雄弁で躍動し生きている。

淳メーカー さん | 愛知県 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ドビュッシー(1862-1918)

The principal figurehead of French Impressionism -- a term he disliked -- Claude Debussy (1862-1918) changed the language of European music through works such as his symphonic poems Prelude a l'apres-midi d'un faune (1894), La mer (1905), the opera Pelleas et Melisande (1903) and piano sets such as Images (1907). Clair de lune from Suite bergamasque (1890) remains his most famous work, yet his sen

プロフィール詳細へ

ドビュッシー(1862-1918)に関連する商品情報

  • 【LP】ドビュッシーの印象主義音楽名作品をアナログで ジャポニスムを採り入れた最初の西洋音楽家、ドビュッシーの作品集。ドビュッシー自身によるピアノ・ロールによる演奏も収録。ジャケは交響詩『海』の表紙にも使われた葛飾北斎の神奈川沖波裏。 ローチケHMV|2017年12月8日(金)
  • ファーガス=トンプソンのドビュッシー:ピアノ独奏曲全集(4CD) ASVで制作した有名な録音。同レーベルの音源は、現在ユニバーサルの保有となっているため今回デッカからのリリースとなりましたが、以前はBrilliant Classicsからライセンス発売されており、人気商品ともなっていました。 ローチケHMV|2016年3月16日(水)
  • ミシェル・ベロフのドビュッシーとリスト ドビュッシーの前奏曲集はベロフ3度目の録音。今回の録音は陰影と奥行きが一気に深まり、さらには沈黙、間の感覚に豊かなニュアンスが含まれています。同時発売のリストは、有名曲を2台ピアノで演奏した注目盤。 ローチケHMV|2016年1月5日(火)
  • ピエモンテージのドビュッシー前奏曲集 スイス出身のフランチェスコ・ピエモンテージは1983年生まれ。大きな影響を受けた師の一人がブレンデル。ピエモンテージはブレンデルから「物事の細部に至るまでを愛すること」の大切さを学んだと言います。 ローチケHMV|2015年11月8日(日)
  • バレンボイムのドビュッシー前奏曲集(映像) 作曲者本人や友人らが残した言葉をもとにドビュッシーが表そうとした自然と静寂と孤独を解き明かしています。ボーナス映像は記念コンサート抜粋収録。 ローチケHMV|2015年5月22日(金)
  • ミキエロンのドビュッシー&ラヴェル、映像付き イタリアのレティツィア・ミキエロンによるドビュッシー。「影の神秘」というアルバム・タイトルが付けられています。 ローチケHMV|2015年2月8日(日)

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品