CD 輸入盤

ピアノ作品集 フィリップ・カサール(4CD)

ドビュッシー(1862-1918)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4764770
組み枚数
:
4
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ドビュッシー:ピアノ作品集(4CD)
フィリップ・カサール


アニヴァーサリー・イヤーを記念してかつてドビュッシー・ファンのあいだで話題になったピアノ作品シリーズがセットになって復活します。

【ドビュッシーの好んだピアノを使用】
このシリーズは、ドビュッシーが賛辞を惜しまなかったという19世紀末のベヒシュタイン製ピアノを使用して演奏されており、ドビュッシーがこだわったピアノの音色を実際に耳で聴くことができるのが最大の特徴。抑えられた色彩と奥行きのある響きを生かした、淡泊にして繊細で、しかも美しい流れをもった演奏を楽しむことができます。

【ADDAからUNIVERSALへ】
もともとはフランスのADDAレーベルでスタートした企画でしたが、レーベル運営上の紆余曲折を経て、ASTREE、ACCORDからもリリースされ、今回、フランス・ユニバーサルがセット化する運びとなりました。セット化にあたって、2011年に録音された『燃える炭火に照らされた夕べ』と『負傷者の服のための小品』が追加収録されています。前者は2001年に発見されたドビュッシー最後の作品となります(この2曲は通常のピアノで演奏)。

【フィリップ・カサール】
1962年ブザンソン生まれのフランスのピアニスト、フィリップ・カサール(カッサール)は、パリ音楽院でピアノ科と室内楽科で高い評価を受け、その後、ニキタ・マガロフらに師事、クララ・ハスキル・ピアノコンクールに入選し、1988年にはダブリン国際コンクールで優勝しています。
 カサールの演奏の特徴は、楽器の響きの特性を研究し尽くした上で、自在な解釈をみせる点にあり、これまでドビュッシーやシューベルト、シューマンなどの作品で高い評価を受けてきました。(HMV)

【収録情報】
Disc 1
・前奏曲集第1巻
・『版画』
・『忘れられていた映像』
・『スケッチ帳より』
・『仮面』

Disc 2
・前奏曲集第2巻
・『映像』第1集
・『映像』第2集』
・『喜びの島』

Disc 3
・『夢』
・練習曲集第1巻
・練習曲集第2巻
・『エレジー』
・『コンクールの小品』
・『英雄的な子守歌』
・『2つのアラベスク』
・『バラード』
・『夜想曲』
・『ハイドンを讃えて』

Disc 4
・『ピアノのために』
・『レントより遅く』
・『ロマンティックなワルツ』
・『ベルガマスク組曲』
・『ボヘミア風舞曲』
・『マズルカ』
・『スティリー風タランテラ』
・『小さな黒人』
・『子供の領分』
・『燃える炭火に照らされた夕べ』*
・『負傷者の服のための小品』*

 フィリップ・カサール(ピアノ)

 録音時期:1990〜1993年、2011年*
 録音方式:デジタル(セッッション)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. preludes, livre 1
  • 02. Estampe
  • 03. Images oubliees
  • 04. Dun cahier desquisses (1904)
  • 05. Masques (1904)

ディスク   2

  • 01. 12 Preludes, livre 2
  • 02. Images, livre 1
  • 03. Images, livre 2
  • 04. LIsle joyeuse (1904)

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
第一印象はやけに古臭い音色だなというもの...

投稿日:2012/12/10 (月)

第一印象はやけに古臭い音色だなというもの。 芯のある音なのだがぶっきらぼうというか華飾を排した音だ。 がしかし、テンポの緩やかな曲や静かな曲を弾いた時の呟く様な美しさは他の追随を許さないものがある。 ことに音質に関しては盤ごとに若干の差異があるようだ。 CD1~2は古色蒼然とした音質でぼやけた印象。 CD3~4は音場の拡がり、定位とも優れており現代的な音質。 CD1の「忘れられた映像」「スケッチ帳より」などはしっとりと聴かせて、心に染み入ってくるようだ。 CD2「映像 第1集、第2集」「喜びの島」は特に素晴らしい。 CD3 「夢」は左右にワイドに音場が広がり、とても独奏とを思えないほど音が豊かである。 「バラード」「夜想曲」「練習曲集第2巻」なども素晴らしい。 CD4 「ロマンティックなワルツ」「ベルガマスク組曲」「子供の領分」は特に良い。 M20,M21のSteinwayは言われないと分らないくらいだ。 しかしながら、何故か「前奏曲集」(特に第1巻)はしっくり来なかった。 これには理由があって、ライナーに「注意」として明記してある。 (以下ライナーより) 『注意:ドビュッシーの24の前奏曲のこのレコーディングは、フランス国立図書館の後援で Roy Howatt によって監修されたDurand Costallat社(1985年刊)の版に基づいています。 序文で編集者は、「その起源を遡って調べ、続いて全ての既知のソースと既存のバージョンを聴いて、重要な音を楽譜に採用します。」と指摘している。 スコアは、証明され得うる限りにおいて最終バージョンにするための作曲家の意図したものを示唆しています。 使用可能な単一の初期のフランスの版と比較して、今日に使用する和声、アクセント、テンポ、およびダイナミクスに、いくつかの注目すべき興味ある変更を含んでいます。』

独居人 さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
★
楽器の特性なのだと思うが、響きが拡がりす...

投稿日:2012/10/13 (土)

楽器の特性なのだと思うが、響きが拡がりすぎず、つつましやかなたたずまいで和声が非常にきれいに聴き取れる。ツィンマーマンとは対蹠的な位置にあるが、繰り返し聴いて疲れないという点では座右に置きたくなる演奏。すてきです。

Stuemper さん | 愛知県 | 不明

2
★
★
★
★
★
地味で渋く特徴がなさそうでいて、聴くうち...

投稿日:2012/04/10 (火)

地味で渋く特徴がなさそうでいて、聴くうちに、柔らかく、少しくすんだ響きが私たちを知らない世界に誘います。音色の表面の変化でなく、響きによって聴くものの内部を照らすような演奏です。ギーゼキングにはじまり、フランソワ、ベロフ新・旧、アース、ハース、ミケランジェリなどいろいろな演奏を楽しんできましたが、やっと安心して音の流れに身をまかせらる演奏に出会いました。まだまだ世の中には知らないものがあるのだなと再認識しました。一見は平凡でも、中身は創意とひらめきにみちています。

harekazuya さん | 東京都 | 不明

8

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ドビュッシー(1862-1918)

The principal figurehead of French Impressionism -- a term he disliked -- Claude Debussy (1862-1918) changed the language of European music through works such as his symphonic poems Prelude a l'apres-midi d'un faune (1894), La mer (1905), the opera Pelleas et Melisande (1903) and piano sets such as Images (1907). Clair de lune from Suite bergamasque (1890) remains his most famous work, yet his sen

プロフィール詳細へ

ドビュッシー(1862-1918)に関連する商品情報

  • 【LP】ドビュッシーの印象主義音楽名作品をアナログで ジャポニスムを採り入れた最初の西洋音楽家、ドビュッシーの作品集。ドビュッシー自身によるピアノ・ロールによる演奏も収録。ジャケは交響詩『海』の表紙にも使われた葛飾北斎の神奈川沖波裏。 ローチケHMV|2017年12月8日(金)
  • ファーガス=トンプソンのドビュッシー:ピアノ独奏曲全集(4CD) ASVで制作した有名な録音。同レーベルの音源は、現在ユニバーサルの保有となっているため今回デッカからのリリースとなりましたが、以前はBrilliant Classicsからライセンス発売されており、人気商品ともなっていました。 ローチケHMV|2016年3月16日(水)
  • ミシェル・ベロフのドビュッシーとリスト ドビュッシーの前奏曲集はベロフ3度目の録音。今回の録音は陰影と奥行きが一気に深まり、さらには沈黙、間の感覚に豊かなニュアンスが含まれています。同時発売のリストは、有名曲を2台ピアノで演奏した注目盤。 ローチケHMV|2016年1月5日(火)
  • ピエモンテージのドビュッシー前奏曲集 スイス出身のフランチェスコ・ピエモンテージは1983年生まれ。大きな影響を受けた師の一人がブレンデル。ピエモンテージはブレンデルから「物事の細部に至るまでを愛すること」の大切さを学んだと言います。 ローチケHMV|2015年11月8日(日)
  • バレンボイムのドビュッシー前奏曲集(映像) 作曲者本人や友人らが残した言葉をもとにドビュッシーが表そうとした自然と静寂と孤独を解き明かしています。ボーナス映像は記念コンサート抜粋収録。 ローチケHMV|2015年5月22日(金)
  • ミキエロンのドビュッシー&ラヴェル、映像付き イタリアのレティツィア・ミキエロンによるドビュッシー。「影の神秘」というアルバム・タイトルが付けられています。 ローチケHMV|2015年2月8日(日)

器楽曲 に関連する商品情報

  • マルク・ハンブルク/アンコール&レアリティーズ 1910-1935 名教師レシェティツキからピアノを学び、祖国ロシアからの移住先であるロンドンを拠点に活躍したピアニスト、マルク・ハンブルク[1879-1960]。1910年から35年にかけて収録された珍しいアンコールピースと小品の数々を収録。 ローチケHMV|5時間前
  • Piano Classics新譜 チェロ奏者、そしてオルガン奏者としても活躍しているクニャーゼフのバッハ:オルガン作品集などがリリース。 ローチケHMV|3時間前
  • 大木麻理/Erinnerung〜オルガン音楽300年の伝統 ブクステフーデ国際コンクール優勝者で、2018年度からミューザ川崎シンフォニーホールのホールオルガニストに就任する大木麻理。リューベック、聖ヤコビ教会の初期バロックの3段鍵盤のオルガンと、4段鍵盤のオルガンの2台を奏で、バロックから20世紀の名作まで華のあるサウンドを聴かせてくれます。 ローチケHMV|6時間前
  • 【在庫特価】ユーリー・エゴロフ/放送録音集(10CD) ブラームス、ショパン、ベートーヴェン、チャイコフスキーなどのコンチェルトの数々に、ショパンのエチュード、リストのラ・カンパネラ、シューベルトのソナタと楽興の時にプロコフィエフのソナタ、ブラームスとシューベルトの室内楽などを収めた非常に充実した内容になっています。 ローチケHMV|2日前
  • 朴 葵姫/『Harmonia - ハルモニア -』 クラシック・ギター界で群を抜く朴 葵姫(パク・キュヒ)による2年ぶりとなる5thアルバムは、ギタリストがギタリストのために書いた作品の小品を取り上げます。 ローチケHMV|3日前
  • 【入荷】アイリーン・ジョイス スタジオ録音全集(10CD) 1933年から1959年のアイリーン・ジョイスのスタジオ録音全集(ピアニスト、チェンバロ奏者両方としての)が10枚組CDの限定盤BOXで発売されます。豪華な写真、解説(欧文)が入ったブックレット付きです。 ローチケHMV|3日前

おすすめの商品