ドアティ、マイケル(1954-)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

CD 輸入盤

ヘミングウェイの物語、アメリカン・ゴシック、いつか城で ジャンカルロ・ゲレーロ&ナッシュヴィル交響楽団、ズイル・ベイリー、他

ドアティ、マイケル(1954-)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8559798
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ドアティ:ヘミングウェイの物語、アメリカン・ゴシック

グラミー賞を受賞した現代アメリカの作曲家マイケル・ドアティの最新作は、どれも20世紀を象徴するアメリカ文化からインスパイアされたもの。文豪ヘミングウェイの名前をタイトルに掲げた4部作は「チェロ協奏曲」の形式を持ち、チェロと管弦楽との対話によって、そのストーリーを象徴的に描いています。いずれも原作は1950年周辺に書かれたおなじみの作品ですが、不屈の精神と不変の愛は、永遠に語り継がれるべき内容であり、ドアティもこれを音楽で巧みに表現しています。
 アイオワ管弦楽団から委嘱された『アメリカン・ゴシック』は、ドアティの父ウィリス[1929-2011]と、彼自身の子供時代の思い出が反映された作品で、故郷であるシーダー・ラピッズの風景が目に浮かぶような鮮やかな音楽です。『いつか城で』はドアティが愛するカリフォルニアのハースト・キャッスルと、そこに続く太平洋沿岸のハイウェイの風景などが描かれた、まるで映画音楽のような壮大な響きを持つ作品。初演は2003年ですが、ここで録音された改訂版は世界初録音となります。(輸入元情報)

【収録情報】
ドアティ:
1. チェロとオーケストラのための『ヘミングウェイの物語』 (2015)

 二つの心臓の大きな川
 誰がために鐘は鳴る
 老人と海
 日はまた昇る
2. オーケストラのための『アメリカン・ゴシック』 (2013)
 好調に
 冬の夢
 くまで
3. オルガンとオーケストラのための『いつか城で』 (2015)
 サン・シメオンの曲がりくねった道
 ネプチューン・プール
 ばらのつぼみ
 ザナドゥ

 ズイル・ベイリー(チェロ:1)
 ポール・ジェイコブス(オルガン:3)
 ナッシュヴィル交響楽団
 ジャンカルロ・ゲレーロ(指揮)

 録音時期:2015年4月17,18日(1,2) 11月4-7日(3)
 録音場所:テネシー州ナッシュヴィル、シャーマーホーン・シンフォニー・センター
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ドアティ、マイケル(1954-)

Michael Daugherty was born in 1954 in Cedar Rapids, IA. Raised in a family of musicians (his father was a dance band drummer), Daugherty was subject to many different influences, and began playing keyboards in jazz, rock, and funk bands. It was these early influences and loves that later informed his formal music writing; his chamber music and symphonic works alike are based on references to Ameri

プロフィール詳細へ

おすすめの商品