デュポール、ジャン=ピエール(1741-1818)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

CD 輸入盤

通奏低音付きチェロ・ソナタ集 R.ピドゥー、ジョパール、植山けい

デュポール、ジャン=ピエール(1741-1818)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
INTEG221189
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

古楽ファン必聴!
知る人ぞ知る名曲、デュポールのチェロ・ソナタ集


フランスを中心に活躍するピドゥー、ジョパール、植山けいのトリオによるジャン=ピエール・デュポールのチェロ・ソナタ集。現在では殆ど演奏・録音されることのない埋もれた名曲を収録した注目の新譜です。
 J.P.デュポールは1741年にパリに生まれ、ヨーロッパ各地で幅広く活躍したチェロの名手。かのロストロポーヴィチが用いたストラディヴァリ「デュポール」に名を残す、ジャン=ルイ・デュポールの兄にあたります。弟と同じくヴィルトゥオーゾであったデュポールはヨーロッパ各地で公開演奏会を行い、1786年からはフリードリヒ大王が治める宮廷楽団の首席チェリスト及び王のチェロ教師も務めました。彼の作品は、技巧的かつ上品な装飾に富んだ優雅な旋律が魅力的。本CDでは全6曲からなるチェロ・ソナタが収録されており、歴史と共に埋もれてしまった珠玉の作品に触れる希少なアルバムといえましょう。
 ラファエル・ピドゥーはトリオ・ワンダラーのメンバーとしても活躍する世界的チェリスト。今回の収録には、ゴフレット・カッパ製作の1680年製チェロを使用しています。共にチェロを務めるパスカル・ジョパールはパリを中心に活動するチェロ奏者兼ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者。レ・シエクルやパリ管弦楽団など著名なオーケストラで活躍しています。今回の収録でジョパールは18世紀に製作されたローマ派のチェロを使用。ピドゥーと共に、優しくも洗練されたハーモニーを作り上げています。ゴルトベルク変奏曲(INTEG221188)でも注目される植山けいは日本人注目のチェンバリスト。名手トリオの演奏はもちろんのこと、その内容にも注目されるおすすめ盤です。(キングインターナショナル)

【収録情報】
J-P.デュポール:通奏低音付きチェロ・ソナタ op.4(全6曲)
・第4番ヘ長調
・第6番ニ長調
・第5番イ長調
・第3番ハ長調
・第2番ホ短調
・第1番ニ長調

 ラファエル・ピドゥー(チェロ)
 パスカル・ジョパール(チェロ:通奏低音)
 植山けい(チェンバロ)

 録音時期:2010年9月
 録音場所:フランス、ポール・ロワイヤル・デ・シャン大修道院
 録音方式:デジタル(セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

室内楽曲 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品