CD 輸入盤

Tafelmusik: Bruggen / Concerto Amsterdam

テレマン(1681-1767)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4509.95519
組み枚数
:
4
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Georg Philipp Telemann (1681 - 1767)
    Tafelmusik, Part 1
    演奏者 :

    指揮者 :
    Bruggen, Frans
    楽団  :
    Concerto Amsterdam
    • 時代 : Baroque
    • 形式 :
    • 作曲/編集場所 : 18th Century, Germany
    • 言語 :
    • 時間 : :
    • 録音場所 : , [Studio]
  • Georg Philipp Telemann (1681 - 1767)
    Tafelmusik, Part 2
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : Baroque
    • 形式 :
    • 作曲/編集場所 : 18th Century, Germany
    • 言語 :
    • 時間 : :
    • 録音場所 : , [Studio]

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
BGMでもじっくり聴き込んでもOK。親しみや...

投稿日:2017/12/02 (土)

BGMでもじっくり聴き込んでもOK。親しみやすいメロディ、フレーズの連続で、リラックス・癒しの効果は抜群です。若干のヒスノイズに時代を感じますが、各パートがクリアに響きますので鑑賞には問題ありません。

活到老學到老 さん | 不明 | 不明

0
★
★
★
★
★
何と言っても「食卓の音楽」ですから、なが...

投稿日:2016/04/17 (日)

何と言っても「食卓の音楽」ですから、ながら聴きによいかと思っていたのですが、名人たちの演奏が凄すぎてながら聴きは難しい…集中して音楽を楽しむはめに陥ります。こういう自由闊達なバロック演奏はなかなか聴けるものではありませんが、それを可能にするテレマンの音楽も素晴らしい。コンサート会場で堅苦しく演奏されるのはちょっと…ですが、こういうレコードで部屋を音楽で満たせば幸せな気分になれます。 ブランデンブルグ協奏曲のセオン盤とともに大切にしたいレコードです。

楽山子 さん | 北海道 | 不明

1
★
★
★
☆
☆
音が素晴らしい。第2集序曲のTrpなど胸が...

投稿日:2013/02/03 (日)

音が素晴らしい。第2集序曲のTrpなど胸がすく思いがします。リコーダーが空気が漏れるみたいで即切りたくなることもありません。本曲集を知りたい方には迷わずお薦めできます。だったら星5つだろうになぜ。演奏に問題は全くありません。才能の濫費という句が頭に浮かびます。こんなに名人ばかり揃えることができるのならせめてヘンデルで聴きたかったということです。この作品集対位法に凝ったりしないから耳に優しい、どこをとっても活気があり素晴らしい響きです。入れ代わり立ち代わり楽器がかわるので目先も変わる、でもそれだけ。長々と4CD聴いても今何番目のトラックだったっけ控えておこうということはついぞありませんでした。どんな音楽だって音は出した瞬間消えていきます。だけど1楽章すんだあとに感興が残るか残らないかが名品か否かの分かれ目でしょう。バッハならクラシックファンでなくたって(バッハ作曲とは知らなくても)知っているメロディーがあります。テレマンにそんな節があるのでしょうか。(といっても上等といわれているクープランやラモーをきいても感興を覚えたことがない聴き手の論なわけですが)。常套句という語が頭をよぎります。聴きほれて会食者との会話が中断して困るということはありませんから作曲家は大した手腕だといえなくもありません。LP時代にもこんな際立った演奏ではないが盤はありました。バッハ、ヘンデルに次ぐドイツ人バロックの大家の代表作という話で、たぶん楽器編成により第3集を購入したものの、1回針を通したきりで3つ揃えることはありませんでした(本セットは全曲ですから当然第3集は含まれていますが、聴き覚えのある楽曲はありませんでした)。バッハは足元にも及ばない人気を生前は誇ったのに、死後急速に忘れ去られたというのももっともだと感じたのでしょう。おまいの耳がおかしいという方がいたらおめでとうといいます。3000曲を軽く越える作品があるといいますからとてつもない宝庫にぶちあたったことになるからです。ただ個人的にはやっぱりゴミ屋敷にしか見えなかったということです。宝庫かゴミ屋敷かですが、三度目に頭に浮かぶのは時間の浪費という言葉です。結果浪費になってもかまわないのはそれをたっぷり持っている人です。持ち時間がいくら残っているか定かでない年令にいたっては、膨大な作品群を一括無視してきたがこのまま死んでもたぶん人生の損失にはならないだろうと思わせてくれた本盤に感謝すべきでしょう。とにかく素晴らしい音でバロック音楽が流れていれば幸せという方むきと思います。

西荻椿山 さん | 東京都 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

テレマン(1681-1767)

Georg Philipp Telemann (1683-1767) was the most celebrated composer of his era, which included Handel and Johann Sebastian Bach; he outlived them both. Telemann's output of more than 3000 extant works is the largest of any major composer in Western music, including 31 cantata cycles for the Lutheran church calendar. He was one of the first publishers of his own music, and his collections Der Getre

プロフィール詳細へ

テレマン(1681-1767)に関連する商品情報

  • コレッリの弟子たちのヴァイオリン協奏曲集 イギリスのバロック・ヴァイオリンの巨匠サイモン・スタンデイジの新作は、偉大なコレッリの影に隠れて不当に無視されてきた3人の弟子たちのヴァイオリン協奏曲集。 HMV&BOOKS online|2017年3月30日(木)
  • ヘルマン・マックスのテレマン『マタイ受難曲』プライスダウン テレマンのスペシャリストとして知られるヘルマン・マックスは、1998年には「ゲオルク・フィリップ・テレマン賞」を授与されており、同じ年にレコーディングされたのがこの『マタイ受難曲』です。 HMV&BOOKS online|2017年3月20日(月)
  • テレマン・ザ・コレクション(13CD) オリジナル楽器の名手の演奏だけでなく、エマニュエル・パユ、シュテファン・ドール、ベルリン・バロック・ゾリステンの演奏なども収録されており、膨大なテレマン作品のダイジェストといった内容となっております。 HMV&BOOKS online|2017年1月15日(日)
  • 在庫超特価 ブリュッヘンの『ターフェルムジーク』 ゆったりとしたテンポで、旋律に心をこめて歌わせたユニークな『ターフェルムジーク』。テレマンの旋律創作の才能に改めて感じ入る素晴らしい場面が多く、特に有名な四重奏曲ニ短調(第2集)での美しさには忘れがたいものがあります。 HMV&BOOKS online|2016年8月29日(月)
  • ビオンディがテレマン無伴奏ヴァイオリン・ファンタジアを録音 重音はじめヴァイオリンの様々な技法を徹底的に駆使し、4章構成で緩急取り混ぜたファンタジアが12曲収められているというそのスタイルは、創意工夫と変化に富んでいて、アグレッシヴ系ヴァイオリニストのビオンディにぴったり。 HMV&BOOKS online|2016年7月29日(金)
  • バロック・フルートの前田りり子がテレマンのパリ四重奏曲を録音 テレマンがパリを訪れた際に書いたフランスの芳醇な香りが漂う室内楽の最高傑作、通称「パリ四重奏曲」に実力派前田りり子が挑みました。寺神戸亮など豪華メンバーにも注目。 HMV&BOOKS online|2016年6月22日(水)

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品