チャイコフスキー(1840-1893)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

もっと見る +

CD

Sym.4: Svetlanov / Russian State.so('90 Tokyo Live)

チャイコフスキー(1840-1893)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PCCL00554
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

チャイコフスキー:交響曲第4番
エフゲニ・スヴェトラーノフ指揮ソ連国立交響楽団
1990年5月、東京におけるデジタル録音

内容詳細

伝説的なライヴ録音は、第1楽章冒頭からパワー全開。飛び散るパッションと渦巻く熱気が怒濤のように押し寄せてくる。第2楽章の歌い口は、ややドライだ。ハイ・スピードで驀進する終楽章の豪快な味わいも素晴らしい! 終演後の聴衆の熱狂も収録されている。(M)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
14
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
この演奏を聴くと「鉄壁のアンサンブル」と...

投稿日:2007/07/23 (月)

この演奏を聴くと「鉄壁のアンサンブル」という形容詞はムラヴィンスキー/レニングラードではなく、スヴェトラーノフ/ソビエト国立にこそ相応しいものであるとわかる。勿論、アンサンブルだけでなく音楽も桁違いに素晴らしい。間違いなく同曲のベスト盤だと思う。

ハムカツ さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
☆
当日生で聞いていた人は大興奮されたんでし...

投稿日:2006/10/15 (日)

当日生で聞いていた人は大興奮されたんでしょうが、冷静に聞いた私には、豪演・力演ということはわかりますが、アンサンブルが生演奏っぽくそれほど良くないし、多くの良い演奏の一つという感じです。

フランツ さん | 宮崎県 | 不明

0
★
★
★
★
★
スヴェトラ90年LIVEの中でも一際高くそ...

投稿日:2005/12/02 (金)

スヴェトラ90年LIVEの中でも一際高くそびえ立つ。もしこの演奏に立ち会っていたら私はどうなっていたろうか。泡ぁ吹いてぶっ倒れてたか、随喜の涙を流していたか、あるいは心臓麻痺で天国か・・。チャイコフスキーが、あるいはロシアのオケが好きか否かを問わず、オーケストラ好きなら一度は聴いておかなくてはならない、記念碑的な録音だろう。

花岡ジッタ さん | 東京 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

チャイコフスキー(1840-1893)

1840年:ロシアのウラル地方ヴォトキンスクで鉱山技師の次男として誕生。 1859年:法務省に勤務。 1861年:アントン・ルービンシュタインが設立した音楽教室(1962年にペテルブルク音楽院となる)に入学。 1863年:法務省を退職。 1866年:交響曲第1番『冬の日の幻想』初演。初のオペラ「地方長官」を完成。 1875年:ピア

プロフィール詳細へ

チャイコフスキー(1840-1893)に関連する商品・チケット情報

交響曲 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品