チャイコフスキー(1840-1893)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

CD 輸入盤

弦楽四重奏曲第1番、弦楽六重奏曲『フィレンツェの想い出』 ノブース・クァルテット、オフェリー・ガイヤール、リズ・ベルトー

チャイコフスキー(1840-1893)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
AP154
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

俊英ノブース・クァルテットによる
濃密なチャイコフスキー、ガイヤールも参加!


2016年に来日した俊英ノブース・クァルテット、第2弾の登場。今回とりあげたのはチャイコフスキー。第2楽章の『アンダンテ・カンタービレ』でも広く愛される弦楽四重奏曲第1番では、四人の間に漂う濃密な空気感がたまりません。弦楽六重奏曲『フィレンツェの想い出』ではリズ・ベルトーとオフェリー・ガイヤールの女性2名が参加、高貴さが増したアンサンブルで、無限に広がる音の世界をお楽しみいただけます。
 ノブース・クァルテットは、2007年に韓国芸術総合学校の学生たちで創設されました。クリストフ・ポッペン(イザベル・ファウストの師)に師事し、2012年にミュンヘン国際室内楽コンクール、2014年国際モーツァルト・コンクールで優勝し、現在ヨーロッパを中心に活躍しています。日本にも「サントリーホール チェンバーミュージックガーデン2016 響感のアジア」シリーズでユン・イサンの弦楽四重奏曲を披露して話題となりました。K-popのグループを思わせるイケメン揃いの注目クァルテットです。(輸入元情報)

【収録情報】
チャイコフスキー:
1. 弦楽四重奏曲第1番ニ長調 op.11
2. 弦楽六重奏曲ニ短調 op.70『フィレンツェの想い出』


 ノブース・クァルテット
  キム・ジェヨン、キム・ヨンウク(ヴァイオリン)
  イ・スンウォン(ヴィオラ)
  ムン・ウンフィ(チェロ
 オフェリー・ガイヤール(チェロ:2)
 リズ・ベルトー(ヴィオラ:2)

 録音時期:2015年6月
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

チャイコフスキー(1840-1893)

1840年:ロシアのウラル地方ヴォトキンスクで鉱山技師の次男として誕生。 1859年:法務省に勤務。 1861年:アントン・ルービンシュタインが設立した音楽教室(1962年にペテルブルク音楽院となる)に入学。 1863年:法務省を退職。 1866年:交響曲第1番『冬の日の幻想』初演。初のオペラ「地方長官」を完成。 1875年:ピア

プロフィール詳細へ

チャイコフスキー(1840-1893)に関連する商品・チケット情報

室内楽曲 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品