LPレコード 輸入盤

交響曲第6番「悲愴」:テオドール・クルレンツィス指揮&ムジカエテルナ (180グラム重量盤レコード)

チャイコフスキー(1840-1893)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
88985404351
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明

テオドール・クルレンツィス/チャイコフスキー:交響曲第6番ロ短調作品74「悲愴」 (アナログ盤)

天才か、悪魔か…ギリシャの鬼才が放つロマン派の交響曲!

モーツァルトのオペラ三部作『フィガロ』『コジ』『ドン・ジョヴァンニ』で話題をさらったギリシャの鬼才指揮者クルレンツィスの新作はなんとチャイコフスキーの『悲愴』交響曲! これまでにもショスタコーヴィチの交響曲をはじめ、ソニー・クラシカルに移籍してからもストラヴィンスキーの『春の祭典』や『結婚』、またチャイコフスキーではコパチンスカヤをソリストに迎えた『ヴァイオリン協奏曲』はあったが、交響曲レパートリーとしては移籍後初のものとなるという点でも大きな話題をさらうことは間違いないだろう。今後はマーラーの交響曲やベートーヴェンの交響曲チクルスにも取り組むとアナウンスされているが、この『悲愴』は、オーケストラ指揮者としてのクルレンツィスにさらなる注目を集める1枚になるはずだ。
チャイコフスキーはクルレンツィスにとって、モーツァルト、マーラーと並ぶ「3つの神」の一人。これまでの全ての録音で、既成概念をぶち破る、全く新しいコンセプトで構想された演奏を発表してきたクルレンツィスが、この聴きなれた交響曲からどのようなドラマや美を引き出すか、全く予断を許さない。2017年の日本クラシック界最大の話題盤となること間違いなし。

【収録予定曲】
ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー交響曲第6番ロ短調 作品74「悲愴」
テオドール・クルレンツィス指揮ムジカエテルナ

録音時期:2015年2月9-15日
録音場所:ベルリン、フンクハウス・ベルリン・ナレーパシュトラッセ
録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

(メーカー・インフォメーションより)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
9
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
2
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
みなさん絶賛されてるが一度冷静になってこ...

投稿日:2018/01/23 (火)

みなさん絶賛されてるが一度冷静になってこれまでの愛聴盤を聴き込んで比べて見る事をお奨めする。 私も一聴して揺さぶられた口だが、愛聴してきたマゼール クリーブランドに戻ったら、マゼールとオケに心底圧倒された。 音楽の全てで次元が違うのである。 プロとアマチュアの差とも言うべきか? 確かに何かが生まれたような熱さは感じる。 しかし、私がこの悲愴に戻ることは無い。

すーさん さん | 新潟県 | 不明

5
★
★
★
★
★
修正版CDが届きました。なるほどコントラバ...

投稿日:2017/12/26 (火)

修正版CDが届きました。なるほどコントラバス伴奏の入りが0.5秒ほど欠けていましたね。しかし、ファゴットの主旋律が欠けているわけではないので、このミスに気づくのはなかなか至難かと。さて、肝心の演奏だが、やはり大した業師との印象を再確認した。HIP(ピリオド)様式による『悲愴』の録音は既にあったが、これはもはやHIPでは全くないでしょう。弦はノン・ヴィブラートからヴィブラートたっぷりまで自由自在、編成も16/14/12/14/9と非常に大きい(低弦が厚いのはロシアの伝統でもあるようだ)。対向配置も、終楽章第1楽章など両ヴァイオリンが合わさって一つの旋律を作るという作曲者の凝った書法を生かすために(常にではないが)既に行われてきている。管楽器も「増管」して3管編成。第1楽章展開部直前のppppppもバス・クラリネットだし、モーツァルトでも必要とあらば譜面に手を入れていたクルレンツィス、オーセンティックでなければならぬというこだわりは皆無だ。 しかし極端な強弱の対比を軸にした細部への徹底的なこだわり、第1楽章展開部などでのめざましい弦楽器群の表出力は、いつもながらお見事。オケをベルリンまで連れてきて、この一曲のために一週間、スタジオに缶詰めにするなんて、毎週の定期演奏会演目を2〜3日のリハーサルで仕上げねばならぬメジャー・オーケストラには出来るはずもない芸当だ。第3楽章では金管を抑え、すなわち華やかさを抑えて(録音の方でもそのようにバランス調整しているようだが)、終楽章とのコントラストよりは同質性を狙うなど、方法論が徹底している。終楽章最後の第2主題再現、普通は「鎮静・浄化」を感じさせるところで、こんなに痛烈な表現を持ち込むなんて、やはり聴かせどころを外さないな。

村井 翔 さん | 愛知県 | 不明

5
★
★
☆
☆
☆
以下、クルレンツィス&ムジカ・エテルナの...

投稿日:2017/12/17 (日)

以下、クルレンツィス&ムジカ・エテルナのほかの盤については未聴なので、このコンビの録音すべてに言えることなのかはわからない。本盤については、様々な発見がありハッとさせられる箇所があるのは確かなのだが、ダイナミクスの調整、多くの切り貼りなどかなりの編集が施されているように思う。もちろん、CDは録音芸術であり、それで何が悪いという向きもある。ただ、理想の「演奏」というよりは「音響」を目指したように聴こえ、自然な流れが感じられないところがあるのは気になる。練度の高い弦の音色も編集で作られているのでは、と邪推してしまう。興味本位で1度手に取ってみたが、再聴はしないと思う。ライヴ録音のようなドライブ感や興奮を求める方には向かないかもしれない。2018年の来日に足を運び、実演で真価を確かめてみるのは面白そうだ。

missy さん | 千葉県 | 不明

8

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

チャイコフスキー(1840-1893)

1840年:ロシアのウラル地方ヴォトキンスクで鉱山技師の次男として誕生。 1859年:法務省に勤務。 1861年:アントン・ルービンシュタインが設立した音楽教室(1962年にペテルブルク音楽院となる)に入学。 1863年:法務省を退職。 1866年:交響曲第1番『冬の日の幻想』初演。初のオペラ「地方長官」を完成。 1875年:ピア

プロフィール詳細へ

チャイコフスキー(1840-1893)に関連する商品情報

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品