CD 輸入盤

交響曲第2番、第4番 リーパー/ポーランドNRSO

チャイコフスキー(1840-1893)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8550488
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Peter Ilyich Tchaikovsky (1840 - 1893)
    Symphony no 2 in C minor, Op. 17 "Little Russian"
    演奏者 :

    指揮者 :
    Leaper, Adrian
    楽団  :
    Polish Radio/TV Symphony Orchestra, Katowice
    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Symphony
    • 作曲/編集場所 : , Russia
    • 言語 :
    • 時間 : 34:34
    • 録音場所 : 03/1991, Concert Hall, Polish Radio, Katowice [Studio]
  • Peter Ilyich Tchaikovsky (1840 - 1893)
    Symphony no 4 in F minor, Op. 36
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Symphony
    • 作曲/編集場所 : 1877-1878, Russia
    • 言語 :
    • 時間 : 45:41
    • 録音場所 : 03/1991, Concert Hall, Polish Radio, Katowice [Studio]

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
リーパーさん、かつて廉価盤のマーラーをい...

投稿日:2013/07/23 (火)

リーパーさん、かつて廉価盤のマーラーをいくつも聴いたな。それらがからきしダメで(まるで締まりのない演奏でした)、今度も期待せずにとりあえず聴いてみました。まずは交響曲第2番。個人的にはチャイコフスキーの交響曲で最も魅力のないナンバー。リーパーさん、意欲的で力強い指揮ぶりです。全般にダイナミックで、活気あるいい出来栄えです。これは大変結構。で、期待して第4番。さすがにこちらはそうそううまくはいかない。踏み込みが不足して表情付けが甘い。交響曲第4番という作品、案外難しいんですかねぇ。後期三大交響曲をまとめて録音する指揮者は多いですが、この第4番が不出来な人が結構います。ゲルギエフが典型だし、バーンスタインやマゼールもいま一つで、さらにはムラヴィンスキーですら5番や6番ほどの高みには達していませんでした(あくまで私見)。リーパーさんもその例にもれず、迫ってくるものが足りません。それに何だか録音もおかしくて、音楽が高揚しても音量が大きくならない。フルオーケストラで多くの楽器が鳴っているのはわかるけど、音量はそんなに大きくならない(ヴォリュームを絞っているような感じ)。といふことで、第4番はがっかり。前の通りのリーパーさん。以上、第2番は大いによし、第4番はあまりよくない。合計で星三つ。

ほんず内閣総理大臣 さん | 北海道 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

チャイコフスキー(1840-1893)

1840年:ロシアのウラル地方ヴォトキンスクで鉱山技師の次男として誕生。 1859年:法務省に勤務。 1861年:アントン・ルービンシュタインが設立した音楽教室(1962年にペテルブルク音楽院となる)に入学。 1863年:法務省を退職。 1866年:交響曲第1番『冬の日の幻想』初演。初のオペラ「地方長官」を完成。 1875年:ピア

プロフィール詳細へ

チャイコフスキー(1840-1893)に関連する商品情報

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品