1984年の歌謡曲 イースト新書

スージー鈴木

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784781650807
ISBN 10 : 4781650805
フォーマット
発行年月
2017年02月
日本
追加情報
:
279p;18

内容詳細

「田舎」と「ヤンキー」を仮想敵にした“シティ・ポップ”―バブル経済前夜、1984年は日本の歌謡曲においても大きな転回点だった。70年代から始まった「歌謡曲とニューミュージックの対立」は、「歌謡曲とニューミュージックの融合」に置き換えられた。同時に、「シティ・ポップ」=「東京人による、東京を舞台とした、東京人のための音楽」が誕生。それは都会的で、大人っぽく、カラカラに乾いたキャッチコピー的歌詞と、複雑なアレンジとコードを駆使した音楽であり、逆に言えば、「田舎」と「ヤンキー」を仮想敵とした音楽でもあった。1984年、それは日本の大衆音楽が最も洗練されていた時代―。

目次 : 第1章 1984年の歌謡「曲」(安全地帯『ワインレッドの心』/ わらべ『もしも明日が…。』/ 中森明菜『北ウイング』 ほか)/ 第2章 1984年の歌謡「人」(作曲家オブ・ザ・イヤー/ 作詞家オブ・ザ・イヤー/ 編曲家オブ・ザ・イヤー ほか)/ 第3章 1984年の歌謡「界」(歌謡曲とニューミュージックの融合/ 「シティ・ポップ」の誕生/ チェッカーズという「違和」 ほか)

【著者紹介】
スージー鈴木 : 1966年大阪府東大阪市生まれ。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。音楽評論家、野球文化評論家、早稲田大学スポーツ科学部講師として活動。音楽評論の領域としては、昭和歌謡から最新ヒット曲まで、邦楽を中心に幅広い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

スージー鈴木に関連する商品情報

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品