CD

アスラエル交響曲 フルシャ&東京都交響楽団

スーク(1874-1935)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
OVCL00564
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

スークの魂の叫びが音となり響き渡る。
アスラエル交響曲の真価を発揮させた、渾身の熱演。


スークの代表的作品の一つである『アスラエル交響曲』に新たな名演が生まれました。チェコ出身の若きマエストロ、フルシャはこの交響曲へ込める熱い想いを全身で音楽に傾け、魂をこめ表現してゆきます。優れたヴァイオリニストであったスークはこの曲でも、特に弦楽器奏者にとって高い技術を要求していますが、都響の圧倒的な技術力はそれらの技術的な困難を容易に克服し、スークがこの交響曲に込めた深い慟哭を醸し出し、聴く者の心へと迫ってゆきます。
 フルシャがこの交響曲に込めた愛と、その想いに全力で応える都響が『アスラエル交響曲』の真価を発揮させた、渾身の熱演となりました。(EXTON)

【収録情報】
● スーク:交響曲第2番ハ短調 op.27『アスラエル』

 東京都交響楽団
 ヤクブ・フルシャ(指揮)

 録音時期:2013年11月19日
 録音場所:東京文化会館
 録音方式:ステレオ(DSD/ライヴ)

内容詳細

アスラエル=死の天使。師ドヴォルザーク追悼曲が妻(ドヴォルザークの娘)へのレクイエムともなった悲痛な内容。涙に濡れた抒情が切々と歌われる内容を、フルシャは万感の思いを込めて歌いあげる。オケも大健闘。もっと聴かれてよい作品、演奏であろう。(白)(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

スーク(1874-1935)

Czech composer Josef Suk was born on January 4, 1874, in Krecovice, Bohemia, where his father was a choral director. The elder Josef Suk taught his son to play the piano, violin, and organ. In 1885, at the age of 11, Suk entered the Prague Conservatory. By 1888, he had composed a mass, the Krecovicka mase; he received his degree in 1891, with what became the Op. 1 piano quartet as his thesis. When

プロフィール詳細へ

スーク(1874-1935)に関連する商品情報

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品