ストラヴィンスキー(1882-1971)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

SACD

春の祭典(2種)、バーゼル協奏曲、サーカス・ポルカ ヘルベルト・フォン・カラヤン&ベルリン・フィル(シングルレイヤー)

ストラヴィンスキー(1882-1971)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCGG9124
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SACD
その他
:
限定盤

商品説明

ストラヴィンスキー:春の祭典(1975-77年録音&1963年録音)
ヘルベルト・フォン・カラヤン&ベルリン・フィル


近代音楽を積極的にレコーディングしていたカラヤン。このディスクはストラヴィンスキーの代表作である『春の祭典』に加え、久々復刻の小品を加えたストラヴィンスキー作品集です。
 なお『春の祭典』はベルリン・フィルとの1960年代と1970年代の2種類の録音をカップリング。それぞれの時代によるベルリン・フィルのサウンドの特徴を同一作品で堪能できます。
 ドイツ・グラモフォンのオリジナル・アナログマスターから独Emil Berliner Studiosにて2018年制作、最新DSDマスターを使用。(メーカー資料より)

【収録情報】
ストラヴィンスキー:
1.バレエ音楽『春の祭典』(1975,77年録音)
2.バレエ音楽『春の祭典』(1963年録音)
3.協奏曲ニ調〜弦楽合奏のための(バーゼル協奏曲)
4.サーカス・ポルカ


 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)

 録音時期:1975年12月3日、1977年1月31日(1)、1963年10月17-19日(2)、1969年8月21-23日(3)、1970年4月14日(4)
 録音場所:ベルリン、フィルハーモニー(1) イエス・キリスト教会(2-4)
 SACD Single Layer

 SACD対応プレイヤーで再生できます。

【初回生産限定/SA-CD〜SHM仕様/紙ジャケット仕様】
音が見える!躍動する!世界が初めて耳にした別次元のクオリティ、SA-CD〜SHM仕様。透明性/流動性に優れるSHM素材をボディに使用。更にDSD本来の特性が生きるシングルレイヤー(2ch)方式を採り入れた究極のSuper Audio CDシリーズです。

※SA-CD対応プレーヤー専用ディスクです。通常のCDプレーヤーで再生することはできません。2ch音源のみのディスクです。Multi-ch(サラウンド)は収録しておりません。(メーカー資料より)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ストラヴィンスキー(1882-1971)

Igor Stravinsky was one of music's truly epochal innovators; no other composer of the twentieth century exerted such a pervasive influence or dominated his art in the way that Stravinsky did during his seven-decade musical career. Aside from purely technical considerations such as rhythm and harmony, the most important hallmark of Stravinsky's style is, indeed, its changing face. Emerging from the

プロフィール詳細へ

ストラヴィンスキー(1882-1971)に関連する商品情報

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品