ストラヴィンスキー(1882-1971)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

SACD

春の祭典、ミューズを司るアポロ ズヴェーデン&オランダ放送フィル(マルチチャンネルSACD)

ストラヴィンスキー(1882-1971)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
OVCL00330
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド

商品説明

レコード・アカデミー受賞音源、マルチch SACDハイブリッド盤登場!
ストラヴィンスキー:春の祭典、ミューズを司るアポロ
ズヴェーデン&オランダ放送フィル


レコード・アカデミー賞管弦楽曲部門賞受賞!
完全無欠の狂気の世界-超高精細な音が衝撃の演奏を引き起こす!
 演奏を生み出すことにあくなき情熱と、徹底的な厳格性を持つズヴェーデン。極限まで一貫した厳しさでオーケストラを統率して奏でた「春の祭典」&「ミューズを司るアポロ」が2008年度レコード・アカデミー賞管弦楽曲部門賞に輝きました。
 極彩色に満ちた音と音、鋭く切り込んでくる変拍子のリズムが、ズヴェーデンの設計図のもとに恐るべき完璧なバランスで織り成し、圧倒的な迫力で迫りくるその演奏は、まさに「完全無欠な狂気の世界」。その演奏を、高品位録音で定評のあるエクストンの、今現在で最もハイレベルな技術を駆使して作り込みました。超高精細に富んだ音を引き出した録音芸術。聴けば、鳥肌の立つような劇的な臨場感を伴ったストラヴィンスキーを体感できます。
 今回は多くのリクエストの声にお応えして、マルチch入りのSACDハイブリッド盤での登場です!(エクストン)

【収録情報】
ストラヴィンスキー:
・バレエ音楽『春の祭典』
・バレエ音楽『ミューズを司るアポロ』
 オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団
 ヤープ・ヴァン・ズヴェーデン(指揮)

 録音:2006年8月21-25日、ヒルヴェルサム、MCOスタジオ(DSDレコーディング)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND (5.0ch.)

内容詳細

レコード・アカデミー賞管弦楽部門賞を受賞したアルバムの5chのSACDハイブリッド盤。これで、通常のCD、SHM-CD、ダイレクト・カットSACD盤と4種類が揃った。すこぶる優秀な音源を心ゆくまで堪能できる。(CDジャーナル データベースより)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
今日、ニューヨークフィルの次期音楽監督が...

投稿日:2016/01/28 (木)

今日、ニューヨークフィルの次期音楽監督がヴァン・ズヴェーデンに決まったと聞き、真っ先に思い出したのが10年前にこのストラヴィンスキーを聞いた時の興奮だ。マルチチャンネルで聞く春の祭典は、全身の血が逆流するような体験だった。今聴き直してもその印象は変わらない。これからニューヨークでどんな尖った音楽が生まれるのか、それを期待させるアルバムである。

kuzu2001 さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
☆
普通のCDで聴いている、と書くと肩身が狭...

投稿日:2013/05/20 (月)

普通のCDで聴いている、と書くと肩身が狭い感じだが、CDで聴いても十分に優秀録音であるし、演奏の緻密さ、迫力は伝わってくる。ブーレーズ、サロネンといった分析系の演奏の流れに属し、とりわけて新しい何かを達成している演奏とも思われない。しかし、ブーレーズのDGへの新録音同様、とても聴きやすい自然な響きと同時に管弦楽の底鳴りするパワーも楽しめる。カップリングの「ミューズの神を率いるアポロ」の弦楽合奏の響きも然りである。

ニャンコ先生 さん | Tochigi | 不明

0
★
★
★
★
★
GOLD LINEは、マスタリング・スタジオの「...

投稿日:2012/08/15 (水)

GOLD LINEは、マスタリング・スタジオの「電柱」まで新設したという触れ込みに物見遊山で購入。 ケーブル1本1本まで厳選し、妥協を一切排してマスタリングを一から全てやり直したと豪語するだけあって、「こ。。。これはスゴイ!!」と、思わず絶句した。本盤はCD層付きだが、シングルレイヤーのSACD-SHMを初めて聴いた時以上の驚きがあった。 少し奮発したSACDプレーヤーで演奏したGOLD LINE SACDを、ハイレゾPCで打ち負かすのは至難の業・・・いや、、おそらく無理だろう。少なくとも私は白旗を上げた。例え、非合法にGOLD LINE SACDをゲーム機ごときでDSDリッピングしても無駄だ。これだけハイレベルな水準になると、クオリティが劇的に劣化してしまうのは目に見えている。いわんや、ネットなどを通過させてしまったら完全に別モノだ。 衰退著しいと言われるCDメディアだが、皮肉にも、すぐに消滅すると揶揄されたSACDだけは残ると今回確信した。 先般、EMIもSACDを大量に追加リリースしたが、是非とも頑張って欲しいと大いにエールを送りたい! さて、肝心の演奏の方だが、音が凄まじく高音質なせいか演奏も感動的な素晴らしさだ! オクタビア殿は、今後どんどんGOLD LINE SACDをリリースして欲しいと熱望する。勿論既売分の追加購入も決めた。

クレル さん | 東京都 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ストラヴィンスキー(1882-1971)

Igor Stravinsky was one of music's truly epochal innovators; no other composer of the twentieth century exerted such a pervasive influence or dominated his art in the way that Stravinsky did during his seven-decade musical career. Aside from purely technical considerations such as rhythm and harmony, the most important hallmark of Stravinsky's style is, indeed, its changing face. Emerging from the

プロフィール詳細へ

ストラヴィンスキー(1882-1971)に関連する商品・チケット情報

管弦楽曲 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品

ローチケHMVレコメンド

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト