ストラヴィンスキー(1882-1971)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

SACD 輸入盤

ヴァイオリン作品集 第1集〜プルチネッラ組曲、『火の鳥』より、他 イリヤ・グリンゴルツ、ペーター・ラウル

ストラヴィンスキー(1882-1971)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BISSA2245
組み枚数
:
1
レーベル
:
Bis
:
Sweden
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明

ありそうで意外にない
ストラヴィンスキー:ヴァイオリン曲集にグリンゴルツが挑戦!


SACDハイブリッド盤。グリンゴルツによるストラヴィンスキーのヴァイオリン・アルバム。名ヴァイオリニストによる編曲ではなく、ストラヴィンスキーのオリジナルおよび彼自身の編曲を集めています。ストラヴィンスキーは弦楽器を「あまりに人声を連想させる」として好んでいませんでしたが、ヴァイオリニストのコハンスキとドゥシュキンとの出会いで彼らのためにヴァイオリン曲が産みだされました。『火の鳥』では『王女たちのロンド』と『子守歌』をコハンスキのために、『スケルツォ』をドゥシュキンのためにそれぞれ編曲しています。
 興味深いのが『プルチネッラ組曲』。1933年にストラヴィンスキーがドゥシュキンと共作した『イタリア組曲』はしばしば演奏されますが、それではなく1925年にコハンスキのために編曲したいわば初版。全5曲から成り、『イタリア組曲』より技巧的でまばゆい効果を発揮します。グリンゴルツの技巧とつややかな音色で、ストラヴィンスキーが最初に構想していた音世界を再現してくれます。(輸入元情報)

【収録情報】
ストラヴィンスキー:
● パストラール
● 『火の鳥』〜王女たちのロンド/子守歌/スケルツォ
● 歌劇『マヴラ』〜ロシアの歌
● 『ペトルーシュカ』〜ロシア舞曲
● プルチネッラ組曲(全5曲)
● 協奏的二重奏曲
● 『ナイチンゲール』〜ナイチンゲールの歌/中国行進曲
● ルジェ・ド・リル/ストラヴィンスキー編:ラ・マルセイエーズ


 イリヤ・グリンゴルツ(ヴァイオリン)
 ペーター・ラウル(ピアノ)

 録音時期:2016年2月
 録音場所:イギリス、サフォーク、ポットン・ホール
 録音方式:ステレオ(DSD/セッション)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD 5.0 SURROUND

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ストラヴィンスキー(1882-1971)

Igor Stravinsky was one of music's truly epochal innovators; no other composer of the twentieth century exerted such a pervasive influence or dominated his art in the way that Stravinsky did during his seven-decade musical career. Aside from purely technical considerations such as rhythm and harmony, the most important hallmark of Stravinsky's style is, indeed, its changing face. Emerging from the

プロフィール詳細へ

ストラヴィンスキー(1882-1971)に関連する商品・チケット情報

室内楽曲 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品