ストラヴィンスキー(1882-1971)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

CD 輸入盤

ストラヴィンスキー:組曲『火の鳥』、ムソルグスキー:『展覧会の絵』、他 クリュイタンス&RAIトリノ響、RAIミラノ響

ストラヴィンスキー(1882-1971)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
430552
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
ライブ盤,輸入盤

商品説明

ステレオ・ライヴ録音!
クリュイタンスの『展覧会の絵』『ラ・ヴァルス』『火の鳥』

2007年が没後40年にあたるベルギーの名指揮者、アンドレ・クリュイタンス(1905-1967)が、イタリアに客演した際の貴重な録音。しかも曲目が良好。
 『ラ・ヴァルス』は、クリュイタンスが最も得意とした曲の一つで、スタジオ録音だけでも3種あります(1952年、1958年、1962年。他に東京公演のライヴ)。『展覧会の絵』には1958年の録音と1960年代の映像があります。『火の鳥』には正規録音はなく、1953年のケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団とのライヴと、モスクワでのライヴがあるのみ。いずれも、クリュイタンスらしい優美さと熱気とが共存した充実した演奏です。(東武トレーディング)

・ムソルグスキー / ラヴェル編:組曲『展覧会の絵』
・ラヴェル:ラ・ヴァルス
 RAIミラノ交響楽団
 アンドレ・クリュイタンス(指揮)
 録音:1962年2月3日(ライヴ、ステレオ)

・ストラヴィンスキー:組曲『火の鳥』
 RAIトリノ交響楽団
 アンドレ・クリュイタンス(指揮)
 録音:1962年4月30日(ライヴ、ステレオ)

 24bit/96kHzリマスター

収録曲   

  • 01. M.mussorgsky - Pictures At An Exhibition
  • 02. M.ravel - La Valse
  • 03. I.strawinsky - L'oiseau De Feu /suite

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ストラヴィンスキー(1882-1971)

Igor Stravinsky was one of music's truly epochal innovators; no other composer of the twentieth century exerted such a pervasive influence or dominated his art in the way that Stravinsky did during his seven-decade musical career. Aside from purely technical considerations such as rhythm and harmony, the most important hallmark of Stravinsky's style is, indeed, its changing face. Emerging from the

プロフィール詳細へ

ストラヴィンスキー(1882-1971)に関連する商品・チケット情報

管弦楽曲 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品