SACD 輸入盤

『ペトルーシュカ』『かるた遊び』 ワレリー・ゲルギエフ&マリインスキー歌劇場管弦楽団

ストラヴィンスキー(1882-1971)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
MAR0594
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Russia
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明


ストラヴィンスキー:『ペトルーシュカ』『かるた遊び』
ワレリー・ゲルギエフ&マリインスキー歌劇場管弦楽団


ゲルギエフ&マリインスキー歌劇場管弦楽団によるストラヴィンスキーの『ペトルーシュカ』。SACDハイブリッド盤がついに登場となります。ゲルギエフとマリインスキー歌劇場管はストラヴィンスキーの三大バレエを来日公演でも披露しているため、いかにもディスクが存在していそうですが、『春の祭典』と『火の鳥』は前世紀の録音、『ペトルーシュカ』はワールド・オーケストラ・フォー・ピースとのものしかありません。
 手兵マリインスキー歌劇場管との演奏がようやくカタログに載ることとなりました。『ペトルーシュカ』はパリで初演されたこともあり、ロトをはじめとする純フランス風な演奏も魅力的ですが、ゲルギエフはあくまでロシア音楽として、しかもオリジナル1911年版にこだわりを示しています。その成果は十二分に発揮されていて、若きストラヴィンスキーのエネルギーに満ちた煌めく音響と骨太な音楽世界が広がります。4管編成の大オーケストラも素晴らしい統率力で突進させます。ひさびさの豪快な『ペトルーシュカ』と申せましょう。また、後半のおどろおどろしい表現も神業です。
 カップリングは『かるた遊び』。1937年、ストラヴィンスキー新古典派時代の作ですが、ゲルギエフの聴かせ所のツボを押えた解釈で楽しさ満点。乾いた新古典主義という先入観とは大違いの、『ペトルーシュカ』などと遠くない味わいを感じることができます。(輸入元情報)

【収録情報】
ストラヴィンスキー:
1. バレエ音楽『ペトルーシュカ』(オリジナル1911年版)
2. バレエ音楽『かるた遊び』


 マリインスキー歌劇場管弦楽団
 ワレリー・ゲルギエフ(指揮)

 録音時期:2014年1月14日(1)、12月26,29,31日(2)
 録音場所:サンクト・ペテルブルク、マリインスキー・コンサート・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD 5.0 SURROUND

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ストラヴィンスキー(1882-1971)に関連する商品情報

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品