CD 輸入盤

《春の祭典》《ペトルーシュカ》 アンチェル / チェコ・フィル

ストラヴィンスキー(1882-1971)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SU3665
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

商品説明

ストラヴィンスキー:《春の祭典》《ペトルーシュカ》
カレル・アンチェル指揮チェコ・フィルハーモニー

収録曲   

  • 01. Scene 1. Fete Populaire de la Semaine Grasse (The Shrove-Tide Fair)
  • 02. Scene 1. Le Tour de Passe-Passe - Danse Russe (Legerdemain Scene - Russian Dance)
  • 03. Scene 2. Chez Petrouchka (Petrushka's Room)
  • 04. Scene 3. Chez le Maure - Danse de la Ballerine (The Moor's Room - Dance of the Ballerina)
  • 05. Scene 3. Valse: La Ballerine et le Maure (Waltz: The Ballerina and the Moor)
  • 06. Scene 4. Fete Populaire de la Semaine Grasse-Vers le Soir (The Shrove-Tide Fair - Towards Evening)
  • 07. Scene 4. Danse Des Nounous (Dance of the Nursemaids)
  • 08. Scene 4. L'Ours et un Paysan (The Bear and the Peasant)
  • 09. Scene 4. Un Marchand Fetard Avec Deux Tziganes (The Jovial Merchant with Two Gipsy Girls)
  • 10. Scene 4. Danse Des Cochers et Des Palefreniers (Dance of the Coachmen and Grooms)
  • 11. Scene 4. Les Deguises (The Masqueraders)
  • 12. Scene 4. La Rixe: Le Maure et Petrouchka (The Fight: The Moor and Petrushka)
  • 13. Scene 4. Mort de Petrouchka (Death of Petrushka)
  • 14. Scene 4. La Police et le Charlatan (The Police and the Showman)
  • 15. Scene 4. Apparition du Double de Petrouchka (Apparition of Petrushka)
  • 16. Part 1. L'Adoration de la Terre (The Adoration of the Earth). Introduction (Lento)
  • 17. Part 1. L'Adoration de la Terre (The Adoration of the Earth). Les Augures Printaniers. Danses Des A
  • 18. Part 1. L'Adoration de la Terre (The Adoration of the Earth). Jeu du Rapt (Mock Abduction)
  • 19. Part 1. L'Adoration de la Terre (The Adoration of the Earth). Rondes Printanieres (Spring Round Dan
  • 20. Part 1. L'Adoration de la Terre (The Adoration of the Earth). Jeux Des Cites Rivales (Games of The
  • 21. Part 1. L'Adoration de la Terre (The Adoration of the Earth). Cortege du Sage (Procession of the Wi
  • 22. Part 1. L'Adoration de la Terre (The Adoration of the Earth). Adoration de la Terre - Le Sage (Ador
  • 23. Part 1. L'Adoration de la Terre (The Adoration of the Earth). Danse de la Terre (Dance of the Earth
  • 24. Part 2. Le Sacrifice (The Sacrifice). Introduction (Largo)
  • 25. Part 2. Le Sacrifice (The Sacrifice). Cercles Mysterieux Des Adolescentes (Mystical Circles of The
  • 26. Part 2. Le Sacrifice (The Sacrifice). Glorification de l'Elue (Glorification of the Chosen Victim)
  • 27. Part 2. Le Sacrifice (The Sacrifice). Evocation Des Ancetres (Ritual of the Ancestors)
  • 28. Part 2. Le Sacrifice (The Sacrifice). Action Rituelle Des Ancetres (Ritual of the Ancestors)
  • 29. Part 2. Le Sacrifice (The Sacrifice). Danse Sacrale. L'Elue (Sacrificial Dance. The Chosen Victim)

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
☆
アンチェルの独特な分析が反映された「春の...

投稿日:2013/09/11 (水)

アンチェルの独特な分析が反映された「春の祭典」。楽譜の情報を正確に受け取り、忠実に再現、展開していきます。アンチェルは、ロマン的表現に情熱を注いだカラヤンとは対極をなす存在といえます。しかし、アンチェルが近・現代音楽を得意としていた指揮者であることを考慮すれば、一見、冷徹かと思えるその解釈も十分にうなずけます。近・現代音楽は、論理的な解釈が重要とされやすいからです。アンチェルの「春の祭典」は、そういう点で非常に説得力のある演奏だと思います。管弦楽を巧みに操り、音の偏りがなく、どの音もバランスよく鳴っています。長文となってしまいましたが、結論としては、初めて「春の祭典」を聴く人にはあまりお勧めできないというのが正直なところです。他の録音をいくつか聴いたあとの方が、このアンチェル盤の素晴らしさを理解できると思います。

ブルノのおっさん さん | 北海道 | 不明

1
★
★
★
★
☆
ハルサイよりペトルーシュカの方がオケの特...

投稿日:2009/04/05 (日)

ハルサイよりペトルーシュカの方がオケの特徴に合っている。アンチェルのモダンな造形はさすがだが、ハルサイでは管の独特の古雅な音がミスマッチの感もある。そこが魅力ともいえ、個人的にはすきなのだが、万人受けするとは思えまい。やや高域が刺激的な録音が気になるが、忘れてはいけない個性的な1枚。

eroicca さん |   | 不明

0
★
★
★
★
☆
ペトルーシュカが、LPで60年代発売され...

投稿日:2006/08/18 (金)

ペトルーシュカが、LPで60年代発売されたときも、宇野先生が、音のキンキンがなければ、準推薦だとレコ芸で批評していました。私もその盤を買いました。その通りでした。原盤に欠陥がありそうです。でも、最後のトランペットの不協和音は、キンキンと相まって、凄まじく、迷惑の電話がかかってきそうです。演奏はアンチェル面目躍如であり、春祭とともに永遠と聴かれるべき名演であり、残念。

アルベリヒ・アンナモッフォ さん | 相模原 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ストラヴィンスキー(1882-1971)

Igor Stravinsky was one of music's truly epochal innovators; no other composer of the twentieth century exerted such a pervasive influence or dominated his art in the way that Stravinsky did during his seven-decade musical career. Aside from purely technical considerations such as rhythm and harmony, the most important hallmark of Stravinsky's style is, indeed, its changing face. Emerging from the

プロフィール詳細へ

ストラヴィンスキー(1882-1971)に関連する商品情報

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品