スカルラッティ、ドメニコ(1685-1757)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

Keyboard Sonatas: Ruzickova(Cemb)

スカルラッティ、ドメニコ(1685-1757)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ORFEO144851
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD

収録曲   

  • 01. KK8
  • 02. G Minor, KK12 (L489)
  • 03. D, KK29 (L461)
  • 04. C Minor (L10)
  • 05. A (L345)
  • 06. C (L104)
  • 07. F Minor (L475)
  • 08. C (LS2)
  • 09. C (L5)
  • 10. C (L2)
  • 11. D (L414)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ルージイチコヴァにしかできない思いっきり...

投稿日:2007/08/30 (木)

ルージイチコヴァにしかできない思いっきり歯切れのよい演奏。相変わらず剛健で、装飾を早目に入れる奏法。当然今日の演奏とは異なる。使用楽器はツァール。モダンの音色、オリジナルの構造を折衷した妙な楽器(ERATOのバッハ全集以降、90年代まで彼女が好んで使用)。16フィートも積極的に使う。以前にスプラフォンに入れた録音と重複はしているが、以前よりもやや挑発的な活気ある演奏になっている。万人向けではないが、かなり特徴的な演奏を求める方は勿論、彼女のファンは必携のアルバム。

グラシル・たけちゃん さん | 埼玉県上尾市 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

スカルラッティ、ドメニコ(1685-1757)

Domenico Scarlatti began his compositional career following in the footsteps of his father Alessandro Scarlatti by writing operas, chamber cantatas, and other vocal music, but he is most remembered for his 555 keyboard sonatas, written between approximately 1719 and 1757. It is believed that Domenico received most of his musical training from family members, but his father was the dominant figure

プロフィール詳細へ

スカルラッティ、ドメニコ(1685-1757)に関連する商品情報

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品