ジュリアン コープ / 奥田祐士

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

ジャップロックサンプラー 戦後、日本人がどのようにして独自の音楽を模索してきたか

ジュリアン コープ / 奥田祐士

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784861914331
ISBN 10 : 4861914337
フォーマット
出版社
発行年月
2008年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,375p
21cm,375p

商品説明

日本以外の英語圏のロック・ミュージシャン、ジュリアン・コープによる、全世界初の「日本ロック研究序説」ともいえる「JAPROCKSAMPLER」。
 2007年秋にイギリスで刊行された、その待望の邦訳版が、白夜書房より、2008年7月23日に発売される。
 この本における、ジュリアン・コープの長年の研究による研究の記述の数々は、当の日本において、どのように受け入れられるのだろうか。日本人でも初めて聞くような不可思議なエピソードの数々は、今まで、日本ロック史といった本ではお目にかかれないものばかりで、その虚実もしくは、その真贋は、日本のロックを聴いてきた我々でしか理解できないものなのだろうか。
 1945年から始まる戦後ポピュラー史と共に語られる、GS時代を経て(ナント、本文中で、今まで40年以上、日本で判らなかった<グループ・サウンズ>の言葉の起源まで明らかにされている)、日本ロック黎明期に至る道のりは、今までの日本ロック史の空白期を埋める貴重なものである。さらに、著者選の「日本ロック・アルバム50選」は今までにない独断と偏見に満ちてはいるものの、全く新しい角度から、日本のロックを解析している。サブタイトルが、原書に日本語で「戦後、日本人がどのようにして独自の音楽を模索してきたか」とあることからもわかるように、著者は明らかに、最初から、この本が日本で読まれることを前提に書いているようにも思える。ただし、その独断と偏見、また事実誤認も含めて、この本の真の意味での内容と価値が分かるのも、また日本人だけなのかもしれない。

 ジュリアン・コープ──時代の先をゆくロック・ミュージシャンにして音楽学者、ヒップな考古学者にしてかつてはティアドロップ・イクスプローズのフロン トマンだった男がお届けする「JAPROCKSAMPLER」。これまでは言語の障壁によって、戦後日本の音楽が、西洋ではひとつの謎となっていた。こ の不当に閉じられたドアを開ける鍵は、ぜひとも自分が提供したいとジュリアンは考えたのだ。
 これは第2次世界大戦後、西洋の音楽が日本に上陸する過程と、そこから生じたなんとも美味しい騒乱状態をつづった1冊である。シャドウズ・ナンバーをポップにカヴァーした半音階のインストゥルメンタルから、ディランの影響を受けた浪曲の復活まで、ロックンロールの変容が、日本ほど独創的かつ魅惑的な かたちでなされつづけた国はほかにない。
 「JAPROCKSAMPLER」は、伝統的、保守的な日本の価値観と、1960年代、70年代のワイルドなロックンロール背教徒たちとの衝突を探究する。放浪のアートシアター系詩人から、ハイジャックも辞さない暴力的な反体制ロック・グループまで、戦後日本文化の鍵を握るアーティストたちの物語を伝 え、重要なジャップロック・アルバムを総括する。
 ジュリアンは約束する。この本を読めば、音楽、アート、時間に対する考え方が、がらりと一変するだろう──場合によっては、人生観そのものまで。


【目次】
はじめに
第1部
1 マッカーサーの子どもたち
2 日本の実験音楽(1961-69)
3 エレキ物語
4 グループ・サウンズ・ストーリー

第2部
5 カム・トゥゲザー1969 日本のアンダーグラウンドの誕生
6 フラワー・トラヴェリン・バンド
7 裸のラリーズ
8 スピード・グルー&シンキ
9 タージ・マハル旅行団と小杉武久
10 J・A・シーザーと日本の前衛劇団
11 佐藤允彦と限りない可能性を模索した時代
12  ファー・イースト・ファミリー・バンド

日本版特別解説対談
近田春夫 VS マーティ・フリードマン
特別インタビュー
折田育造(レコード プロデューサー)

著者の選ぶ 日本ロックアルバム50選


※出版社都合により、発売日・価格・仕様等に関しましては、予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

内容詳細

伝説のミュージシャン=ジュリアン・コープによる「日本ロック研究序説」。日本ロック創成期の空白を埋める奇書、遂に邦訳。

目次 : マッカーサーの子供たち/ 日本のエクスペリメンタリズムの音楽(1961‐69)/ エレキブーム/ グループサウンズの時代/ カムトゥギャザー’69/ フラワートラベリンバンド/ 裸のラリーズ/ スピード、グルー&シンキ/ タージマハール旅行団/ J・A・シーザー/ 佐藤允彦と限りない可能性を模索した時代/ ファーイーストファミリーバンド/ 著者のトップ50/ クズと厄介者と他の男の玉袋―手出し無用のアルバム/ インタビュー:折田育造/ 対談:近田春夫×マーティ・フリードマン

【著者紹介】
ジュリアン・コープ : サウスグラモーガン州のデリで生まれ、タムワースで育った。いくつかのグループを結成後、イアン・マッカロク(のちにエコー&ザ・バニーメン)と曲を共作したのちに、1978年、ゲイリー・ドワイヤーとティアドロップ・エクスプローズを結成(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
これは凄い。マジで日本のロックに関する認...

投稿日:2008/07/27 (日)

これは凄い。マジで日本のロックに関する認識が変わる。内田裕也という人が今でも日本で威張っていられる理由もよく判る。あと、日本に4回ツアーしたと書いてあるので、以前「You’ve Gotta〜」の書き込みで前回の来日が20年前としたのは間違いのようです。すみません。

某 さん | さいたま市 | 不明

0

アート・エンタメ に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト