CD 輸入盤

ノクターン全集 シャプラン(2CD)

ショパン (1810-1849)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ZZT100203
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

フランソワ・シャプランの美音で聴かせる全魂込めたノクターン集

フランスのピアニスト、フランソワ・シャプラン。以前リリースしたドビュッシー(PIERRE VERANY)やショパンの4つのバラード(Arion)で聴かせた抒情的で色彩豊かな演奏は本国フランスで注目を集めています。
 ショパン・イヤーを迎えた2010年に発売するのはノクターン全集。ショパンの柔らかく繊細な表現を最大限引き出すためにシャプランはヤマハ・コンサート・グランド・ピアノを選び、彼自身の理想の音楽を作り上げています。シャプランの自由な発想をノクターンに対する新しい試みとして表現。ショパンの少し気まぐれで親密な告白を、シャプランの抒情的でドラマティックな音楽、全魂を込めた演奏で感動的に聴かせてくれます。

【収録情報】
ショパン:ノクターン全集
CD1:
・2つのノクターンOp.48(第13,14番) L.デュペレ嬢に献呈
 1.ハ短調、2.嬰ヘ短調
・3つのノクターンOp.15(第4,5,6番) F.ヒラーに献呈
 1.ヘ長調、2.嬰ヘ長調、3.ト短調
・2つのノクターンOp.27(第7,8番) アッポニー伯爵夫人に献呈
 1.嬰ハ短調、2.変ニ長調
・ノクターン第20番嬰ハ短調『レント・コン・グラン・エスプレッシオーネ』
・2つのノクターンOp.32(第9,10番) ビリング男爵夫人に献呈
 1.ロ長調、2.変イ長調
CD2:
・2つのノクターンOp.55(第15,16番) J.スターリング嬢に献呈
 1.ヘ短調、2.変ホ長調
・2つのノクターンOp.37(第11,12番)
 1.ト短調、2.ト長調
・3つのノクターンOp.9(第1,2,3番) M.プレイエル夫人に献呈
 1.変ロ短調、2.変ホ長調、3.ロ長調
・ノクターン第19番ホ短調Op.72-1
・ノクターン ハ短調(遺作)
・2つのノクターン(第17,18番) R.deケンネリッツ嬢に献呈
 フランソワ・シャプラン(ピアノ)

 録音時期:2009年9月21日、10月2日
 録音方式:デジタル(セッション)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
普段スタインウェイを聞きなれているためな...

投稿日:2012/12/18 (火)

普段スタインウェイを聞きなれているためなのか、最初とても違和感が強かったが、2,3回と聞き重ねていくと、このヤマハのピアノはとても良く鳴っているんだということがわかってきました。むしろちょっと響きすぎるのでしょうか。ただベーゼンドルファーを聞いた時にはそれほど違和感は感じないので、このヤマハのピアノがとても個性的なのだろうと思いました。さて肝心のシャプランの演奏ですが、比較的ゆっくりとしたテンポで、じっくりと聞かせてくれます。曲の並べ方が作品番号順ではなく、演奏者の考えがあってのことらしいのですが、聴いた印象ではあまり意図は判然としませんでした。つい私の大好きなフランソワと比べてしまうのですが(フランソワ盤は残念ながら録音が古く、シャプランは同じフランス人ということで期待したのですが)、もっと一つ一つの曲に個性があってもよかったのではと思います。ちょっと退屈しました。今のところ、私にとってのベストはアラウ盤ということになりそうです。

lovely heart さん | 北海道 | 不明

0
★
★
★
★
★
最初に聴いたときは、違和感がすごかった。...

投稿日:2011/02/07 (月)

最初に聴いたときは、違和感がすごかった。エンゲラーとか、ヒューイットの演奏からは聴けないものがある。正しいかどうかは別の話だけど、聴きこむ価値のあるCDだと思う。

まるか さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
ショパンの死の直後、彼の作品は「不道徳で...

投稿日:2010/05/08 (土)

ショパンの死の直後、彼の作品は「不道徳で不謹慎で猥雑なもの」として、演奏の世界から締め出しを食らった。当時音楽は調和と均衡が尊ばれる傾向が強かった。協和音程は神の秩序であり、不協和音程は魔のささやきであった。ショパンはその創作において、例えば長3度→短3度→2度のような、調和された音世界に影を落す音進行や、響きの上に響きを重ねるペダル指定など、世界が不安定に揺らぐかのような音の領域を使用したが、これは当時の人々には違和感として響いたはずだ(これがドビュッシーのように協和音と不協和音を別々の領域に配置したら、また違ったと思う)。協和(神の秩序)が不協和(魔の存在)に侵食されるかのような音世界は、神学の思想がベースになる文化域では敬遠されて当然だ。しかし排除するにはショパンの和声の世界は魅力的すぎた。そこで演奏家はショパンの表層の和声と雰囲気を抽出し、短3度の効果を最大限に引き出すかのようなフレーズ構造を、運指のレベルから曖昧にしてしまい「魔」を抜いてしまった。結果キリスト教的文化圏で喜ばれ、ショパンは受容されていく。こうして近代ショパン演奏は広がっていく。だがそれは音楽としては決して最上級とは言えない。大衆消費社会と近代の演奏家が作り上げた「現代ピアノによる記憶装置としてのショパン解釈」とはそうゆうことだ(ちなみにこの説明は、多少の付け加えはあるが、お年寄り用の通信販売を扱う本の「ショパン特集」にも出てる程度の知識なので、一応お断りを付け加えておく)。さて、シャプランは響きの領域の曖昧な部分に、高い感覚を持つ奏者だ。前回の彼のノクターン録音ではスタインウェイが使われた。音域によって音を使い分けたい場合は最高の楽器だが(彼のドビュッシーはスタインウェイの能力をフルに引き出して初めて可能になる物凄いものだった)、ショパンの開拓した音の領域は、音域の違いを意識したものとは方向が違う。響きの均質さに重点を置いた場合、今回彼がヤマハを選択したのは方向として正しいと思う。曲に元々備わっているはずの、響きの本来の領域を試行錯誤する傾向がある人にとってシャプランは最高のピアニストだろうし、事実響きが好きな人々から支持を集めている。ちなみにそのような多少特化した録音は「採算が取れれば良い」でしか基本作っていない。だからすぐに入手困難になるのかも(笑)。

ひのき饅頭 さん | 愛媛県 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ショパン (1810-1849)

。39年の短い生涯を、作曲とピアノ演奏で駆け抜けた「ピアノの詩人」の素晴らしい音楽が世界中で鳴り響きます。世界各国でさまざまなコンサートやイベントがおこなわれ、CDやDVDなど、数多くの音楽ソフトもリリースされ、ショパンの音楽が過去最高の注目を集めるにぎやかな年になりそうです。

プロフィール詳細へ

関連するチケット

ショパン (1810-1849)に関連する商品・チケット情報

  • メジューエワ/ショパン・ポロネーズ集 ソフロニツキーやネイガウスなど偉大なショパン演奏の伝統を感じさせる、充実の一枚です。 ローチケHMV|2017年2月24日(金)
  • リシエツキのショパン:ピアノと管弦楽のための作品集 1995年ポーランド人の両親の元、カナダに生まれた天才ピアニスト、リシエツキは5歳でマウント・ロイヤル大学の音楽院でピアノを学び始め、2004年、9歳の時にカルガリー・シヴィック・シンフォニー共演しデビュー。 ローチケHMV|2017年2月11日(土)
  • 入荷 ポリーニ/ショパン後期作品集 幻想ポロネーズ、舟歌、小犬のワルツ、ほか超メジャー傑作が満載。現代最高のピアニスト、円熟を極める楽壇の至宝による再録音を含めたショパン録音。最高の熟成を醸すショパン。 ローチケHMV|2017年1月29日(日)
  • 入荷! メジューエワ/ショパン・リサイタル  恒例の京都リサイタル・シリーズ、2016年は得意とするオール・ショパン・プログラム。確信に満ちた解釈を名器ヴィンテージ・スタインウェイによる輝かしいサウンドでお楽しみください。 ローチケHMV|2017年1月26日(木)
  • 若き日のヒューイットのショパン 1980年、22歳のヒューイットがポーランドのワルシャワ、第10回ショパン国際ピアノ・コンクールで奏でたショパンの秘蔵音源が、ショパン・インスティテュート(NIFC)が登場。 ローチケHMV|2017年1月19日(木)
  • 横山幸雄/雨だれのプレリュード〜ショパン名曲集 SACDハイブリッド。横山幸雄デビュー25周年記念アルバムは、ショパンの名曲中の名曲を横山自らが厳選、新たにDSDフォーマットでレコーディングしたもの。 ローチケHMV|2017年1月13日(金)

器楽曲 に関連する商品・チケット情報

  • ブラウンリッジ/ドビュッシー:前奏曲集第1巻、第2巻、喜びの島 SACDハイブリッド盤。12歳でウィグモア・ホール・デビューを飾って以来、イギリス国内外で活躍するアンジェラ・ブラウンリッジ。ニューヨーク・タイムズ紙上で「世界最高のピアニストのひとり」と絶賛されるなど国際的評価も非常に高いピアニストです。 ローチケHMV|7時間前
  • 小笠原智子/ハイドン:アンダンテと変奏曲、他 ドイツ在住のピアニスト小笠原智子によるハイドンとモーツァルトのピアノ曲集。ウィーン古典派の象徴ともいえる作品を、非常に洞察に満ちた解釈で我々に提示してくれています。 ローチケHMV|9時間前
  • ウラディーミル・ストウペル/グリンカ:ピアノ変奏曲集、他 グリンカは主題を多種多様に変化させながら発展させる方法で、バラキレフ、リャードフの2つの変奏曲も収録し、グリンカの変奏曲が後の作曲家に与えた影響を順に追って行けるプログラム構成です。 ローチケHMV|8時間前
  • キャシー・クリエ/ドビュッシー:映像 第1集、第2集、仮面、他 ヨーロッパ・コンサート・ホール協会2015/2016シーズンのライジング・スターに選出されヨーロッパ各地の主要ホールで公演を行うキャシー・クリエ。今回のアルバムは、ドビュッシーとシマノフスキというほぼ同時代の作曲家でまとめています。 ローチケHMV|6時間前
  • 鈴木隆太郎/モーツァルト:ピアノ・ソナタ第8番、他 Clavesレーベルでもおなじみの録音技師、ジャン=クロード・ガブレルが立ち上げたレーベル“Label G” が始動します。期待のレーベル第1弾は新進気鋭のピアニスト鈴木隆太郎のデビュー盤の録音です。 ローチケHMV|8時間前
  • 【在庫特価】デニス・ブレイン20枚組ボックス ホルンの名手、デニス・ブレイン[1921-1957]の主要音源を網羅した便利なボックス。ブレインはホルンのほかにオルガンも学んでいましたが、このセットの中でもオルガンを聴くことができます。 ローチケHMV|5日前

おすすめの商品